転職に成功する人の特徴10選

転職に成功するには共通点があると言われています。

その部分を理解しているか、理解してないかであなたの転職成功率が大きく変わります。

では、転職成功者はどのような特徴を持っているのでしょうか。

そこで今回は転職成功者の特徴についてご紹介していきますので、ぜひあなたや周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


転職に成功するには

 

転職成功者1 転職の目的がしっかりしている人

 
転職活動において一番重要なことは、なぜ転職をするのか、という理由をはっきりとさせることです。

転職する時に自分が挑戦したい仕事の目標がしっかり決まっていることは、とても強みになります。

これは、採用面接でも必ず聞かれる質問であり、面接官が最も重要視するものでもあります。

ですので、前職が気に入らなかった、などというマイナスな理由でなく、キャリアアップをしたい、新たにこういう経験をしたい、などのプラスの目的を持つことが重要です。

強い目標を持っている人は、企業や会社でもその目標を達成できるだろうと人材を買ってくれる所も多いです。

なぜ転職しようと思ったのか、しっかりと説明することで会社や企業はあなたの転職への思いがどれくらい強いのか知ることができるでしょう。

それらを面接でうまく伝えることで、面接官への積極性をアピールしましょう。

そして、転職する際には、自分はこの会社や企業のために必要な人間なんだという強い気持ちを持って面接に挑みましょう。
 

転職成功者2 問題解決をするために転職活動をしている

 
転職をしようという場合には、皆それぞれの理由があります。

その理由は、前職の人間関係がきついから、また仕事がきつい、そしてきつい割に、給料として繁栄されていないことに不満がありなどがあげられるでしょう。

現職に不満があるので、退職をして新しい職場を見つけたいというだけでは、なかなか転職活動はうまく行きません。

不満があるからこそ、これを問題解決しよう、転職を成功させたいと考える人が多いのです。

その人たちに見られる特徴、共通点として、その転職をしたいという理由や問題が明確であり、それの問題を解決できるように条件を決めて転職先の候補を絞っていくことが多いということです。

スポンサーリンク


転職成功者3 転職を自分のステップアップに

 
現在の職場で、ある程度実績をあげてきた人の中には、もっと評価されたい、そして評価をされた上でそれに見合う給料が欲しい、またはもっと自分のスキルアップをするために転職をして経験を積みたいと考える人もいます。

自分のやってきたことを生かせる職場というのは限られてきますし、転職先でそのような人材を即戦力としてすぐに雇ってくれるところを見つけるのも時間がかかります。

しかし、自分のこれまでの実績をリストアップして、職務経歴書などに書き出してみると、意外にもこんな仕事もできる、こんな仕事もできると選択する幅が広がることもあります。

一番大切なのは、自分に何ができるか、そして転職先でどんなことをしたいか、またスキルアップしていきたいかをはっきりさせている人ほど、転職は成功しやすいでしょう。
 

転職成功者4 転職活動に時間をかける、チャンスをつかむ

 
前の職場がもう耐えられないからもう早くやめてしまいたいと考える人も少なくありません。

しかし、焦りは禁物です。よく選択をしなくてはまた転職も失敗ということになりかねないからです。

転職を成功させる人の特徴として、転職活動に時間をかけるということがあげられます。

転職活動は現職を続けながらのために、思うように進まないこともあります。また情報収集にも時間がかかります。

なぜなら、転職先の選び方で失敗をしたくないと考えるからです。

そのようにして得た情報から、今度は比較して候補を絞り込んでいくのですね。自分の直感も大切になることもありますが、口コミや評判なども判断をする基準になることもあります。

また思わぬところから転職情報が来ることもあります。また求人も常に更新されているので、新しい物を発見することもあります。

そのようなチャンスをつかむことができるかどうかも成功する秘訣なのです。

スポンサーリンク


転職成功者5 人付き合いが得意

 
人付き合いが得意な人は、転職して新しい会社や企業へ行ってもすぐに順応できる能力があると言えるでしょう。

元々人と話をするのが好きだったり、コミュニケーション能力が身に付いている人は、転職に向いている人と言って良いでしょう。

何もしなくても自分の周りに人が集まってくるような場合には、人とのコミュニケーションが上手く取れている証拠だと思います。

誰とでもすぐに打ち解けることができる人も、転職に向いている人と言って良いでしょう。

 

転職成功者6 仕事が速い

 

どのような仕事でもスピーディーに対応してテキパキと終わらせることができる人は、転職しても成功する確率が高いでしょう。

仕事が速いということは、それだけ真面目に一生懸命仕事に取り組めるからです。

仕事をする上ではただスピードが速ければ良い訳ではありませんが、仕事が速ければ、仕事の効率も良くなります。

企業や会社はすぐに使うことのできる人材が欲しいので、正確でスピーディーに仕事をこなす能力が高い人は転職に向いていると言えます。
 

転職成功者7 多くを求めない

 
転職に成功している人は、ある程度どこかで妥協している人が多いです。

自分の理想通りの企業や会社へ転職することは確かに素晴らしいです。

しかしながら、転職するためにはあまり細かい所まで考え過ぎても上手くいかないことがあります。

例えば、残業が少し多いけれども、休日はしっかりもらえたらそれで良いとか、休日出勤もあるけれど給料が高いから良しとするとか、仕事を前向きに捉えて頑張ることのできる人は、転職しても上手くやっていけると言って良いでしょう。

スポンサーリンク


転職成功者8 前職での実績がある人

 
転職となると、新卒採用のようなポテンシャル採用ではなく、即戦力としてのスキルが求められます。

ですので、スキル、実績があり人ほど転職活動は成功しやすいでしょう。

面接の際には、前職ではこういう実績を残した、どういうことを担当してどんなスキルを得た、など、今の自分にはどういう能力があるのかを中心にアピールしましょう。

それを転職先の事業内容と関連付けて話すことで、どう貢献できるかという論理付けをすることが重要です。
 

転職成功者9 前職との関連性がある人

 
転職活動においては、年齢が高くなれば高くなるほど、キャリアチェンジが難しくなります。

第2新卒に対しては未経験可の求人も多くありますが、年齢が高い人に対してはほとんど経験が必須となります。

また、研修制度に関しても、新卒採用のように充実していないので、採用されたとしても実務についていないということはよくあります。

ですので、全くの異業種に転職するよりもある程度関連のある業種に転職することが成功の秘訣でしょう。

 

転職成功者10 長く続けられる人

 
転職採用試験において、面接官がもっとも心配することは、この人を採用してもまたすぐにやめてしまうのではないか、ということです。

やはり、一度仕事を辞めてしまっている人に対しては、少なからず継続力がないという印象を持ってしまいます。

ですので、面接の際には、その会社での長期的なキャリアプランや自分の実現したいこととの関連性をしっかりと伝えることが重要です。

また、前職を精神的な理由でやめてしまった人は、ストレス対処法なども話せるようにしておくとよいでしょう。

スポンサーリンク


転職に成功する秘訣

 
いかがでしょうか。

転職に成功する人には共通点があります。

なかなか転職先が決まらない人は、これらの特徴を真似するだけでも採用される確率は高まるでしょう。

しかし、それでもうまくいく気がしない、自分に合った仕事がわからないという場合は根本的な部分を改善する必要があります。

それは、自分の力だけでやろうせずに、エージェントの力を利用することです。

エージェントとは「代理人」という意味で使われる言葉で、スポーツ選手の代わりにエージェントが交渉したりするのもそうですし、私たちが普段使っている希望通りの旅行を手配するのもエージェントです。

つまりこの場合のエージェントはあなたの知識や実績を、希望する企業や適した企業に売り込んでくれるということ。

あなたは大したことないスキルだと思っていても、仕事や会社が変わればものすごく重宝されるものだったりするものです。

それを見つけるのは一人ではとても難しいですし非効率です。

DeNAの創業者である南場智子さんや勝間勝代さんもエージェントを利用して転職しており、エージェントの活用をおすすめしています。

エージェントの力を利用して満足のいく転職をする方法が一般的になっているのは、効率的な部分やあなたの気持ちの部分から考えても納得できるはずです。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク