転職に成功する秘訣9つ

あなたは今、転職活動をしているでしょうか。

転職活動をしている人は必ず「転職に成功したい」という強い思いがあります。

しかし、残念ながら強い気持ちがあったとしても、それだけで採用されるわけではありませんよね。

ではいったいどうすればいいのか。

そこで今回は転職に成功する秘訣についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


転職に成功する秘訣

 

転職に成功1 目的を明確にする

 
なぜ転職したいのか、なぜ新しい職場に移りたいのか。

転職する目的を明確にしておくことが転職に成功する秘訣です。

何のために転職するのかをはっきりさせておけば仕事探しもはかどりますし、会社とのミスマッチの可能性も低くなります。

新しい会社がどんな雰囲気であるにせよ、目的を持っての転職であれば信じた道をまっすぐ進むことができるでしょう。

なんとなく新しい仕事をしたい、今の環境から抜け出したいというような目的にはっきりしない転職では成功など臨めるはずがありません。

人生を変える大きな決断なのですから、相応の目的が無ければ転職に失敗してしまうのは明白です。

どんな形であるにせよ、目的を明確にすることが転職成功への第一歩になります。
 

転職に成功2 自分の強みを知る

 
転職とは、自分という人材を商品として新しい会社に売り込む一種のセールスであるともいえます。

強みや長所を知らないで商品を売り込むなど無謀ともいえる行為です。

自分にはどんなスキルや経験がありどのような仕事を手掛けられるのか、今までの仕事でどんな経験を積みどのような形で新しい職場に生かすのか、自分の強みをきちんと把握しておけば転職活動でも強力に自己アピールすることが可能になります。

自分という人材に客観的にみてどんな強みがあるのかを知ることが転職成功の秘訣です。

スポンサーリンク


転職に成功3 人手不足の業界を狙う

 
特にやりたい仕事や希望の業種が無い場合、人手不足の業界を狙って転職するのも一つの方法です。

転職市場は労働力の需給バランスが転職難易度に直結しますから、人手不足で人材を確保したがっている企業が多い業界であればあるほど転職難易度は低くなります。

人手不足の業界は集めた人材を逃がしたくないと考えていますから採用面でも労働者の方が優位になり、より高い労働条件の提示や正社員としての採用など有利な採用条件で転職することが可能になります。

未経験者でも積極的に採用していますから経験不足はハンデにならず、異業種で学んだ経験を応用することでまったく違う仕事でもある程度実力を発揮することもできます。

まったく畑違いの仕事に転職するのは勇気がいることですが、より高く自分を売り込みたい人にとっては最も成功に近づく方法です。

 

転職に成功4 会社のことを知る

 

転職希望者を採用する会社から見れば良くわからないで入社を希望する人よりも、会社のことを真剣に調べ知識を蓄えてきている人の方を採用したいと考えるものです。

転職活動時には面接を受ける会社のことを徹底的に調べ上げて、その会社の社員よりも会社について知っておくことが成功の秘訣です。

手がけている事業や会社の規模、経営方針といったことは当然として今後の経営の方向性や経営戦略といったことも頭に入れておきましょう。

転職採用の面接で会社の今後について具体性を持った質問をぶつければ真剣に会社の未来を見据えている人物だと認識され、ライバルたちに大きな差をつけることができるでしょう。

スポンサーリンク


転職に成功5 転職理由はあくまでもポジティブに

 
転職の面接で良い結果を得るために、まず押さえておくべきなのは「転職理由」です。

なぜ前職を辞したのか(あるいは、辞そうと考えているのか)、転職の面接では必ず質問されます。

その時のポイントは、「ポジティブな理由を答えること」です。

応募したのが前職と同じ業種や似た職種であれば「より大きなステージでスキルアップしたい」といった理由がおすすめ。

まったく違う業種や職種なら、「社会経験を積むうち、こちらの業種(職種)こそ、自分のほんとうにやりたい仕事であると気づいた」という説明をするといいでしょう。

いずれにしても、前職を辞し、転職を希望している理由は、あくまでも前向きでなくてはなりません。

「前職では上司と会わなかった」とか「人間関係がうまくいかなった」といったネガティブな理由はNGです。

また、「前の会社はブラックだった」というような悪口は間違っても口にすべきではありません。
 

転職に成功6 職務経歴を整理して「強み」をアピール

 
転職面接では、ただ「やる気」をアピールしただけでは、なかなか良い結果は出ません。

多くの場合、転職では「即戦力」であることを期待されます。

ですから、意欲をアピールするよりも、「私はこれができます。社会人・組織人として、こんな強みがあります」というアピールの方が、ずっと有効なのです。

そうしたアピールをするためには、自分の強みを知らなければなりません。

ぜひ、これまで経験した仕事について自分で整理してみるといいでしょう。

職務経歴書を作るのが一番ですが、自分なりの整理方法でもかまいません。

「これまで、どんな仕事を経験し、どんなスキルを身に着けたのか。それを新しい職場でどう生かすことができるのか」をきちんと説明することができれば、面接官の心を動かすことができます。

スポンサーリンク


転職に成功7 マナー違反に要注意

 
意外に思われるかもしれませんが、新卒者よりも転職者の方が、面接でマナー違反を犯しがちです。

就活や社会人としての経験が油断につながるためと言っていいでしょう。

年齢が上がればあがるほど、その傾向が強くなると考えられます。

そんなミスを犯さないよう、学生時代に戻ったつもりで、「面接のマナー」のおさらいをしておきましょう。

身だしなみから入退室の流れ、取るべき姿勢や言葉づかいなど、「わかってる」と決めつけずに、できるだけ細かくチェックすることをおすすめします。

特に面接官が若く、自分と同年代や年下の場合は、ついカジュアルな口調になってしまいがち。

いうまでもなく、これはNGです。

学生では許されるマナー違反も、社会経験のある転職者では許されません。

「マナー違反は命取り」といった危機感を、しっかり持つようにしましょう。
 

転職に成功8 人を使える人材になる

 
リーダー不足はどの会社でも深刻な問題で、人をつかえる能力を持った人材であれば転職でも非常に有利です。

スキルや技術をアピールするのももちろん有効ですが、人を使えるマネージメント能力を持った人材を目指せばより良い転職が実現するでしょう。

人を使う能力というのはどの業界でも使える応用が利く能力なので、職種や業界を選ばず幅広く転職活動ができるというメリットがあります。

実際に人を使って働いた経験やマネジメントを手掛けたプロジェクトを実績として提示すれば、より良い職場への転職が必ず実現します。

更に、人を使う能力というの上の立場に立つ人間には必須の能力です。

転職でステップアップを目指すのなら絶対に身に着けておくべき能力であり、人を使える人材になることが転職を通じた成功への一番の近道といっても過言ではありません。

スポンサーリンク


転職に成功9 聞き上手になる

 
採用面接での印象は転職採用を左右する重要な要素です。

転職採用面接というと実力や実績を目いっぱいアピールするものというイメージを抱きがちですが、本当に重要なのは聞き上手になることです。

転職競争を争うライバル達は、面接担当者非必死になって自分をアピールしています。

そんな中で自分も同じようにアピールしたところでライバルに差をつけることなど不可能です。

採用面接ではぐいぐい押すよりもむしろ相手の話を引き出す聞き上手になることを心がけましょう。

ポイントは「この人と一緒に仕事がしてみたい」と採用担当者に思わせることです。

押しの強さは大切ですが、時には一歩引いて聞き上手になることが成功につながります。
 

転職に成功する秘訣を意識しよう

 
いかがでしょうか。

転職を成功させたいのであれば、様々なことを意識しなければいけません。

会社のこともそうですし、あなた自身の実力をアップさせることも時には必要でしょう。

しかし、まずは行動してみなければ何も始まりません。

一歩踏み出して、それから少しずつ改善することで必ずあなたの希望する仕事をすることができるはずですよ。

そして転職に成功したいと強く思うのであれば、エージェントを活用するべきでしょう。

エージェントとは「代理人」という意味で使われる言葉で、スポーツ選手の代わりにエージェントが交渉したりするのもそうですし、私たちが普段使っている希望通りの旅行を手配するのもエージェントです。

つまりこの場合のエージェントはあなたの知識や実績を、希望する企業や適した企業に売り込んでくれるということ。

あなたは大したことないスキルだと思っていても、仕事や会社が変わればものすごく重宝されるものだったりするものです。

それを見つけるのは一人ではとても難しいですし非効率です。

DeNAの創業者である南場智子さんや勝間勝代さんもエージェントを利用して転職しており、エージェントの活用をおすすめしています。

エージェントの力を利用して満足のいく転職をする方法が一般的になっているのは、効率的な部分やあなたの気持ちの部分から考えても納得できるはずです。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク