会社を退職する時期やタイミング9つ

会社を退職するタイミングや時期はどうすればいいだろう・・・とあなたは考えていないでしょうか。

周りに迷惑もかけたくないし、ボーナスももらいたいし、人が育ってからにしたいし、と考えているといつまでもタイミングなんてやってきませんし、退職しないのが一番の方法だという結論になってしまいます。

それではあなたの人生は流されっぱなしです。

そこで今回は会社を退職する時期やタイミングをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


会社を退職する時期とタイミング

 

円満退社を意識して会社を退職するタイミングを決める

会社に酷使されまくったとか、今すぐに辞めないとぶっ壊れる、という場合を除けば、ミスマッチやすれ違いはありつつも、なんだかんだで会社にお世話になっているはずなので。相手側に迷惑がかからない時期、タイミングを考えて、気持ちよく去れるよう相談するのがマナーなのではないでしょうか。その上で、それが自分にとっても最良のタイミングになるよう、調整する。
出典 仕事を辞めるタイミングと、辞めた後を考える

 
どうせ退職するのなら、みんなからは応援されながらだったり、良い雰囲気で終わりたいものですよね。

そう考えるのであれば、繁忙期などの時期での退職は絶対に避けるべきでしょう。比較的落ち着いた時期がベストですし、円満退社するには辞めると決まってからも、気を抜かずにしっかりと働かなければいけません。

引継ぎもちゃんとしなければいけないので、育成中の部下がある程度仕事ができるまで待つというのも必要になってくるケースもあるでしょう。
 

会社を退職するなら退職金を確認しておく

就業規則等に記載してある退職金の規定を良く読んで、いま辞めるといくら貰えるか確認しましょう。あと数ヶ月で、退職金の額が大きく増えるケースもあります。また、退職一時金と退職年金を併用している会社も多いようですが、退職年金を受給するには、一定の勤続年数を必要としますので、自分は資格を満たしているか、満たしていない人は、あとどれだけ勤務すれば資格者となるか確認しましょう。
出典 賢い退職の仕方

 
あと一か月で退職金が大幅に増えたはずなのに・・・と後悔してしまう人も実際にはたくさんいるものです。

退職するときにはとても大切な退職金なのに、意外と気にしていないケースが目立ちますので、一度しっかりと確認しておくことを強くおススメします。

スポンサーリンク


会社を退職するタイミングはボーナス直後

金銭面から考えれば、当然もらえるものはもらってから会社を辞めるべきです。

となれば、ボーナスが支給されている会社であれば、ボーナス支給日の直後がベストではないかと思います。ボーナスの査定は、支払われる前の査定です。もらって当然の報酬。堂々と頂きましょう。また、ボーナス支給時期は、一般的には6月か7月と、12月の、年2回。この時期に転職をしないと、次の就職先での査定も少ないものになってしまいます。
出典 辞めるタイミングを伺ってばかりじゃ、退職・転職はできない。

 

会社を辞める時期は、金銭面から検討するとボーナス支給日の当日がベストです。

ボーナス支給日直後に退職するのは少し気が引ける人もいるかもしれないですが、ボーナスは過去の仕事に対して払われるもの。だから、後ろめたさを感じる必要は全くありません。

むしろボーナスを貰った後はなるべく早く次の会社で働き始めないと、転職先でのボーナスが目減りする事になります。

何故ならばボーナス支給額の計算方式には、在籍日数が影響するから。転職後の年収ダウンを避ける為には、このような計算高さも必要です。
出典 会社に辞意を伝えるタイミングと実際の退職時期

 

ボーナスをもらってから退職するのは気が引けるというのは誰もが感じるものです。

特に上司が「そんなやつはありえない」と考えいるような職場ではなおさらでしょう。

しかし、いくら上司でも気にする必要はありません。

あなたにはもらえる資格があるので、きちんともらってから辞めるべきでしょう。

どうせそんな上司とはもう二度と会うことはないはずなので、気にする必要は一切ありませんよ。

スポンサーリンク


会社の退職時期は保険料を意識しておく

保険料に日割りはない。月末に属するところに1ヶ月分を支払うのだ。つまり、月末の1日前に退職したとすると、退職月の健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料がかからないのだ。厳密には各社会保険料は翌月引きとなっている、例えば10月の給与から引かれるのは9月分の社会保険料だ。だから、もし10月末に退職すれば、10月の給与からは9月・10月2ヶ月分の健康保険料、厚生年金保険料が引かれる。それが10月30日退職だと、10月の給与から引かれるのはは9月分だけの健康保険料、厚生年金保険料だ。
出典 退職のタイミング①月末退職と月中退職の違い

 
退職金以上に見落としがちなのが、この保険料です。

月末で退職すると一か月分まるまる保険料がかかってきます。月に数万円なので、意外とバカにはなりませんし、たった一日ずらすだけで数万円入ってくると考えれば、やはり意識しておきたいポイントではないでしょうか。
 

退職にタイミングは締め日に合わせる

社内手続きや、配属部署内の調整、業務の引継ぎなどをやっているうちに1ヶ月は かかってしまうので、企業のほうも1ヶ月は見ておきたいという考えだからです。なお、締め日が関係するのは社内手続き上、途中時期に辞められるより、面倒でないからなのです。辞める会社の 規模が大きいほど、よっぽどの理由が無い限り、締め日に合わせての退職となります。
出典 退職の時期を決める

 
会社にあまり迷惑をかけたくないのであれば、会社の締め日に合わせて退職するというのも1つのタイミングでしょう。というよりも、大きな企業に勤めている場合は必然的に締め日になる可能性が高いので、あれこれ画策しても無意味かもしれません。

その場合はボーナス支給後などを考慮した時期を選ぶようにすると損をしないはずです。

スポンサーリンク


仕事が嫌だと感じたときが退職するタイミング

もちろん、新しい職場には徐々になじんでいくものなので早とちりは禁物ですが、半年、一年と仕事を続けても、まだ自分がどこか部外者のように感じるならば、その状況はそれ以降も続くので転職するべきとのこと。
出典 仕事を辞めるべき7つのタイミング

 

「多くの仕事は、あなたが描く『夢の仕事』へたどりつくためのステップです。仕事に関するあらゆる事が間違った方向であなたをすり減らすならば、長い目で見て、夢の仕事にはつながりません」として、仕事に嫌気がさしたときで、将来につながらない場合には転職を考えるべきだと話します。
出典 仕事を辞めるべき7つのタイミング

 
会社を退職する時期やタイミングをはかるなんてめんどくさい!もう今すぐにでもやめたいんだ!という人もたくさんいるはずです。

その場合は、すぐにでも仕事を辞めたいことを伝えて、辞める準備をするようにしましょう。

処理しきれないストレスを抱えながらする仕事はあなたに合っているとは思えませんし、会社にとっても、適性がある人に任せたいと思っているはずです。

この場合は、お互いがミスマッチしてしまっているケースなので、素早い行動であればあるほど、後々幸せになれるはずです。
 

退職予定日の2ヶ月前から準備

 
退職の決意が固まったからといって、職場をすぐに辞めることはできません。

抱えている仕事をしっかりと終えた後、引き継ぎを滞りなく完了させた後に、自分がいなくなってからも職場に迷惑がかからないと判断してからが理想的です。

そのためにも退職をする日を決めたらその2ヶ月前、遅くても1ヶ月前には直属の上司に意思を伝えるようにして円満退職を目指してください。

法律に関して言えば2週間前の申し出で退職をすることができますが、実質的には細々とした雑務でかなり難しいためこの程度が一般的です。

また、業種にもよりますが、なるべく繁盛期は避けるようにしてください。

退職のことを先に同僚などに話をしてしまうと思わぬ形で上司の耳に入り心象が悪くなってしまいますから、いざ伝える時に切り出しにくくなるので周囲には黙っておいたほうが賢明です。

スポンサーリンク


転職先の入社日から計算する

 
無事に転職先が決まってからの退職となる場合には、転職先の入社日を参考にして退職する日を決めるようにしてください。

内定が出た後にいつから仕事に来られるか確認を取ることが多いので、その際に現職の引き継ぎを考慮して1ヶ月から3ヵ月後を目安として回答しておくといいでしょう。

場合によっては転職先に早期の入社を希望されることもあり慌しくなってしまいますが、キャリアを重視したい場合には積極的に受けるべきです。

いずれにしても、新たな職場の入社日を目標にして逆算しながら退職のための準備を進めていくのが理想的です。

目標となるタイミングを定めておくことで退職のための交渉が長引くこともなくなりますし、辞める職場に対しても転職先がすでに決まっていることを伝えておくことで必要以上に引き止められることもなくなります。

スムーズに退職しやすくなるのでおすすめです。
 

最大限の有給を消化した後に退職

 
退職を決めたらまずは就業規則を確認し、取れる有給は全て取得してから辞めるようにしてください。

ただ、全有給を消化する権利が労働者にはありますが、実質的に難しいこともありますので上司にはよく相談をして双方納得の行く形で取れるようにしておくといいでしょう。

しかしどの道職場は辞めるのですから、労働基準法第39条によりに有給申請を拒否できないことを出すなどして、少々強気の態度に出て取れるだけ取っておいたほうがお得です。

せっかくお休みをしながらお給料をもらえるのですから、有給制度を消化せずに退職してはもったいありません。

といっても「あと何日有給があるから全て取得し終えたこの日に退職する」と自分の都合だけ優先して退職日は決められませんので、かならず有給消化日数に引き継ぎに必要な日数を加えた上で職場と相談するようにしてください。

スポンサーリンク


3か月分無収入で暮らせる貯金を用意した後

 
転職先が決まっていない、退職をした後に何も予定が立っていないという場合には、路頭に迷わないように仕事を辞めた後の生活手段を必ず確保しておかなければなりません。

最低限無収入の状態で3ヶ月は暮らしていけるように貯金を用意した後に退職をすることをおすすめします。

自主退職で失業保険をもらうにしても申請から3ヶ月は待機期間があるのでその間収入は0ですから、ここを凌げればかなり楽になるというのもその理由です。

新しい仕事先を探す場合に関しても3ヶ月集中して職探しを行えばいずれかの方法で収入源を確保できるでしょうから、この期間生活に困らないように必ずお金を用意してから退職を計画するようにしてください。

また、病気などを患っての退職の場合には失業保険の待機期間が0になったり給付期間が延長しますので、申請を忘れないようにしましょう。
 

会社の退職時期を考慮しても迷惑をかけるときはかける

円満退社ですが、これは女性の結婚以外ではすることは出来ません。どんな、辞め方をしても、迷惑はかけるんですよ結局。これは、三社目の上司に叱られたんです。「おまえ、一番迷惑かけない辞め方ないから。」って。
出典 退職したいと上司に伝えるタイミングは…

 

つまり、迷惑かけたくないなら辞めるなんて言うな!辞めるなら辞めろ!と言うわけですし、信頼出来た部下なら、心の底では、応援してくれてる。どんなに飾っても、「この会社やだ!」って言ってるのと変わらないしね。
出典 退職したいと上司に伝えるタイミングは…

 
いかがでしょうか。

今回は会社の退職時期やそのタイミングについてご紹介しました。

最初の方でお伝えしたように、退職するのならやはり円満で辞めるのが望ましいです。しかし現実はそう簡単にはいきません。

そうであれば、迷惑をかけることを前提として、辞める準備をしてみてはいかがでしょうか。悩みの種が一気に減るはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク