テンションを上げる方法6つ

テンションを上げる方法を知りたい・・・と考えている人はたくさんいます。

しかし、なかなかこれだ!といった方法を見つけることができる人は残念ながらあまり多くありません。

例えば、音楽を聴くとしても、どのような曲を聴けばテンションが上がるのかなどで効果は大きく変わってくるものです。

そこで今回はテンションが上がる方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてテンションを上げてみてください。

スポンサーリンク


テンションを上げる方法

 

テンションを上げる方法1 学生時代に好きだった音楽を聴く

 
人は音楽を聞くと脳の働きが活性化されます。

特に学生時代に好きだったアーティストの音楽を聞くとテンションが上ることが多いのです。

学生時代というのは楽しい思い出もつらい思い出もあると思いますが、卒業してみるとすべての思い出が懐かしく感じるものです。

また、大人になって社会にでる前の学生時代は誰しもが大なり小なり、将来の夢や希望を持っている時期です。

なので、音楽を聴くことによって当時の感覚を思い出し、テンションを上げることができるのです。

自分が何かに対して一生懸命努力していた時期に聞いていた音楽がより効果的と言えるでしょう。
 

テンションを上げる方法2 欲しかったものを買う

 
自分が欲しかったものを買い物するとテンションを上げることができます。

特に女性であれば洋服やバッグ、靴などのファッションアイテムがお勧めです。

人は買い物をしている時に店員に接客されることで高揚感を感じる事ができるのです。

そのため、ECサイトでの買い物より、店頭で買い物をするほうが効果的です。

欲しいものがないという人は、音楽、映画などの趣味にお金をかけることでも構いません。

一見、散財するのは後ろめたさを感じるのでないかと思われがちですが、自分が興味や関心があることにお金を使うことによって、ストレスを発散し、テンションを上げることができるのです。

スポンサーリンク


テンションを上げる方法3 アクション映画・ドラマを見る

 

アクション系の映画やドラマを見ると興奮を感じることができ、テンションを上げることができます。

暴力シーンや流血シーンなどのグロテスクな映像が苦手な人は、そのようなシーンがない刑事ドラマや探偵ものでも構いません。

主人公が何かの事件を解決したり、敵と戦って倒すストーリーを見ると、自然と主人公に感情移入することができ、興奮したり高揚することができるのです。

そのため、未解決のまま終わってしまう連続ドラマや哲学的な映画はテンションを上げるためには不向きと言えます。

爆破シーンや発砲シーンなどが適度にあるアクション映画を2時間1本見る程度がお勧めです。

 

テンションを上げる方法4 ハイテンポな曲を聴く

 

先述でもお伝えしましたが、音楽を聴くとテンションが上がります。

もちろん何でもいいわけではなく、結構ハイテンポな曲とかだとテンションが上りますよね。

普段通勤時や、本を読むときなどによく音楽を聴いている人が多いはずですが、聴いている中で、テンションが上がるなと思った曲を、テンションが上がる曲だけを集めたプレイリストに入れるようにしているとより効果的です。

プレイリストを作ることで、テンションを上げたいときに、すぐテンションの上がる曲を聴くことができるので、おすすめの方法です。

プレイリストを作らないにしても、この曲は絶対テンションが上がる!という曲があれば、その曲をずっとヘビーローテーションするのもいいですよね。

スポンサーリンク


テンションを上げる方法5 エナジードリンクを飲む

 
これはあまり聞いたことがないかもしれませんが、エナジードリンクを飲むって結構テンションを上がるんです。

エナジードリンクはパッケージのデザインなんかいかにもエネルギーが湧いてきそうで、見てるだけでやるぞという気持ちになってきませんか?

エナジードリンクの成分にもカフェインなど興奮する成分は入っているんですが、成分だけでなく、そういったいかにもエネルギーを注入しそうなパッケージの自己暗示の力も大きいのではないのでしょうか。

これからテンションを上げるぞという時に、エナジードリンクを飲むようにしていると、自己暗示だけでなく条件反射の効果もプラスされて、更にテンションが上がるかもしれません。
 

テンションを上げる方法6 イメージトレーニングをする

 
気持ちをコントロールするときにイメージトレーニングをするというのはよく聞きますよね。

テンションを上げたいときにはイメージトレーニングが効果的です。

自分の頭のなかで、成功している自分を想像していると、気分も成功したときと同じになってテンションが上がります。

これもエナジードリンクと同じで自己暗示ですね。

例えば、会議で最高のプレゼンをする自分や、趣味のゴルフで大活躍する自分など、イメージトレーニングの内容は人によって様々だとは思いますが、慣れてくると結構すぐできますし、効果があります。
 

テンションを上げる方法を見つけよう

 
いかがでしょうか。

テンションが低いままだと、パフォーマンスが著しく低下しますし、やる気も出なくなります。

やる気がでないとダラダラ過ごしてしまい、気分も落ち込んできてしまいますよね。

そんな状態が長く続くのは良い状態ではないのは、誰もが知っていることです。

なので、できるだけ早い段階でテンションを上げるように意識しましょう。

一度、自分なりのテンションを上げる方法を見つけることができれば、すぐにスイッチを入れることができて、嫌な状態からすぐに抜け出すことができるはずです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク