心に響くねぎらいの言葉4つ

仕事をしている時やその他いろいろな場面で、いろいろ大変な事は山ほどあります。

そんな中で、ふとかけてくれた、ねぎらいの言葉が、とても嬉しかったり癒されたりする事があります。

その言葉を聞いて、さらに頑張ろうと思うものです。

そこで今回は言われて嬉しい、心に響くねぎらいの言葉をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


ねぎらいの言葉

 

「いつもありがとう」という言葉

 

言われて嬉しい、そして心に響くねぎらいの言葉に「いつもありがとう」という言葉があります。

例えば仕事の場合、もちろんその業務をこなすのは当たり前なのですが、

たった一言「いつもありがとう」という言葉を言われただけで、気分的に楽になったり嬉しいと感じたりするのです。

家事育児にいそしんでいる場合も、たった一言言われるだけで、

日頃の苦労が軽減されるような気になったりするでしょう。

一見短い一言ですが、この言葉にはとても深い意味があります。

「ありがとう」という言葉は、相手に対しての感謝の言葉であり、

何回言われても気持ちの良い言葉です。

似たような言葉で「ご苦労様」という言葉がありますが、この言葉は立場が上の者から下の者に対しての言葉であり「ありがとう」という言葉と比べてどこか業務的な感じがします。

しかし「ありがとう」という言葉は、人間的なものを感じさせる温かみがある言葉です。

さらに「いつも」という言葉をつけると、普段からよくやってくれている、その事に対して気が付いていますよ、

というニュアンスを含める事もできるので、言われた方は喜びがさらに深まるのです。

「いつもありがとう」という言葉は、いつ誰が聞いても言われた方は心に響いて嬉しくなる、そんなねぎらいの言葉なのです。

スポンサーリンク


「頑張っているね」という言葉

 
言われて嬉しい心に響くねぎらいの言葉には「頑張っているね」という言葉があります。

本来自分がやるべき事なので、それをこなすのは当たり前なのかもしれません。

しかし、その努力をねぎらってもらえるような一言を言われたら、やっぱり誰もが嬉しいのです。

「頑張っているね」という言葉は、その努力している事を認めてくれる言葉であり、この一言を言われるだけで「あなたはその物事に対して頑張っていますよ」と肯定されているような気になります。

また、同じような言葉でも「頑張ってね」という言葉は逆に「努力が足りないからもっと努力してね」という印象を与える場合も多く、ねぎらいの言葉としては適していません。

言われた方は「そんな事言われなくても分かっている」「自分なりに精いっぱい頑張っている」という思いが心の中にあり、落ち込んでしまうかもしれません。

相手の努力を肯定してあげる、そうする事で相手の心の負担を取り除いてあげる事ができるのが「頑張っているね」という言葉なのです。

この言葉は、言われて嬉しい、そして心にそっと響く、そんなねぎらいの言葉なのです。
 

「よくやってくれている」という言葉

 
言われて嬉しいねぎらいの言葉に「よくやってくれている」という言葉があります。

自分なりに精いっぱいやっている事でも、もしかしたら至らない部分というのもあるでしょう。

自分自身でもその事が分かっていて「もっと頑張らなくては」と思う場合もあるかもしれません。

そういう時、周囲から「よくやってくれている」と言われる事で、ふっと心が楽になる時もあるのです。

誰だって迷ったり、うまくいかないと感じる事はあるのです。

でも、その迷う気持ちを落ち着かせてくれて「あなたは十分によくやっているよ、精いっぱい努力しているよ」というメッセージを感じさせるこの言葉は、本当に言われてうれしく感じるねぎらいの言葉なのです。

頑張っている人が言割れた時に心にじーんと響く、そんなねぎらいの言葉に「よくやってくれている」という言葉があるのです。

スポンサーリンク


「助かるよ」という言葉

 
言われて嬉しい心に響くねぎらいの言葉に「助かるよ」という言葉があります。

この「助かるよ」という言葉は、さりげない言葉ですし比較的頻繁に使われますが、言われた方は心に響いて嬉しくなるのです。

頼まれた事をやっておいた時、これで十分かなと思う事もあるでしょう。

また、特に頼まれたわけではな久、自分で気を利かせてやっておいた事などは、自分でも内心「ちょっと迷惑だったのではないかしら」なんて思ってしまったりするのです。

そんな時、たった一言ですが「助かるよ」という言葉を言われると、やっておいたことは無駄ではなかった、相手にとって迷惑ではなかったのだと思う事ができて、ほっとしたりするのです。

「助かるよ」という言葉は、普段の言葉の中に、さりげなく使う事ができるねぎらいの言葉です。

「助かります」「助かりました」という風にアレンジできる言葉ですから、あらゆる関係の人に使う事が可能なのです。

そんな「助かるよ」という言葉は使いやすく、相手にとっても心に響くねぎらいの言葉なのです。
 

ねぎらいの言葉は誰からでも心に響く

 
いかがでしょうか。

以上、言われてうれしい、そして心に響くねぎらいの言葉について、お伝えいたしました。

ねぎらいの言葉といのは誰から言われてもとても嬉しいものです。

もちろん、目上の人だろうが、なんだろうが関係ありません。

今回ご紹介したように、色々なねぎらいの言葉がありますが、心から発するねぎらいの言葉は、相手の心に響いて癒す、そんな効果がある言葉なのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク