アカデミックな人の特徴とは?アカデミックな仕事をしよう!

あなたの周りにアカデミックな人はいるでしょうか。

なかなかアカデミックな人だなぁと思う機会は少ないかもしれませんが、なかにはそう感じる人もいます。

そこで今回はアカデミックな人の特徴についてご紹介していきます。

【目次】



アカデミックの意味とは

 

アカデミックとは、学術的や学究などの意味がある言葉です。

つまりアカデミックな人とは、研究者のような人、もしくはそのようなイメージを持たれている人という意味です。

 

アカデミックな人の特徴

 

話が論理的でわかりやすい

 

アカデミックな人は多弁な人が多いものですが、共通している特徴の一つが、「話がわかりやすい」ということでしょう。

学生に人気のある教師や大学教授をイメージしてみるとわかりやすいはずですが、真にアカデミックな人は、むずかしい専門的な内容のこともわかりやすく説明することができます。

それは、アカデミックな人の思考法がきわめて論理的であるためにほかなりません。

「論理的」というと、むずかしくわかりにくい印象を持つ人もいるでしょう。

しかし、実際には情緒的な人の話の方がわかりにくく、論理的な人の話はわかりやすいものなのです。

論理的な人は、話すべきことの内容を頭の中できちんと整理して、聞く相手がわかるように組み立て、使う言葉も選びながら話すことができます。

人にあるテーマについて説明するのは、相手にその内容を理解してもらうためです。

アカデミックな人はその目的を正確に把握していますから、どうしたら相手が理解できるように話すことができるかを常に考えているのです。

話の内容を論理的に組み立てることができる上に、相手に合わせた説明の仕方をするのですから、話がわかりにくくなるはずがありません。

多くの人がその話を聞いて、「筋道立っていてわかりやすい」と感じること、これがアカデミックな人の特徴と言うことになるでしょう。


知的好奇心が強く多分野の知識がある

 

ひとくちにアカデミックな人と言っても、大きく分けると2つのタイプがいます。

多方面の分野に関する知識が豊富なタイプと、そうではないタイプです。

守備範囲が広く、多方面のことについて豊かな教養を持っているタイプの人には、「知的好奇心が強い」という特徴があると考えていいでしょう。

たとえば、自分の得意分野が日本史だったとしましょう。

当然、得意である日本史に関する知識量はずば抜けていますが、興味の対象は日本史ばかりではありません。

それに関連する世界史や地理、政治はもちろん、まったく専門外の数学や自然科学、物理学や医学など、さまざまな分野について、人一倍強い関心を持ちます。

知的好奇心が大変に強いために、得意分野とは関係のないようなジャンルのことにまで、興味を抱かずにはいられません。

そのため、読む本のジャンルも幅広くなり、読書や情報収集によって身につく知識も多岐にわたるものになるのです。

よく、驚くほどなんでもよく知っているという人がいますが、そういう人は知的好奇心が強いタイプのアカデミックな人と考えていいでしょう。

むりに知識を増やそうとしているのではなく、興味をもつ分野が幅広いために、結果として自然に物知りになるわけです。


得意分野以外のことについては無知

 

守備範囲が狭いタイプのアカデミックな人もいます。

知的好奇心旺盛なタイプの人は、様々なジャンルのことに興味を抱き、幅広い知識を増やしていきますが、こちらのタイプはそうではありません。

自分の得意なジャンルのことに対しては、誰にも負けない知識を持っていて、どんなことを聞かれても正確に答えることができますが、それ以外のことに関しては、人よりも無知ということがよくあるのです。

たとえば、生物に関することが得意だったとしましょう。

その場合、生き物については人が驚くような知識を持っていて、そのうんちくを人に披露することができます。

ところが、同じ自然科学のジャンルでも、天文学についてはまったく無知で、ふつうの大人なら知っているようなことも知らないということがめずらしくありません。

職場にも、「彼はマーケティングに関してはオーソリティで、その知識や経験は誰よりも優れているけれど、経理のことになると素人以下だ」という人がいるものです。

こういう人が、つまり、守備範囲の狭いタイプのアカデミックな人ということになるでしょう。

自分の専門や得意な分野に関しては強い関心を持っているものの、それ以外については無関心なのです。

 

凝り性でオタク気質

 

アカデミックな人の特徴は、一つのことを追求する学者肌の性質を持っていることです。

自分が興味を持ったことについてはとことんこだわるので、オタク気質な人、とも言えます。

同じ分野に興味がある人から見ると、「知識が深く、有意義な話ができる人だ」と称賛されますが、そうでない人からは、「凝り過ぎていて話についていけそうにない」と引かれてしまうタイプの人です。

アカデミックな人が興味を持ったことへの没頭の仕方は目を見張るものがあり、高い集中力を見せます。

自分の世界に入り込んで集中するので、周囲の雑音は耳に入りません。

仕事でもプライベートでも、この高い集中力が発揮されると、周囲が驚くような精度の高い結果を叩き出します。

多くの人は途中で集中力が途切れてしまったり、興味を失って諦めてしまうのですが、アカデミックな人というのは変態的とも言える粘り強さを見せ、最後までやり通せるのです。

また、凝り性の人というのは、コツコツとした地道な努力を苦にせず続けられる我慢強さも持ち合わせています。

成功が目的ではなく、自分の好奇心を満たすことが原動力になっているので、時間をかけた努力も難なくこなせるのです。


考え方が合理的

 

アカデミックな人は、合理的な考えを持っています。

何か行動を起こす時は、最初に目標を掲げ、目標達成までの計画を立てることから始めます。

闇雲に動いて無駄が発生することを嫌い、最短でゴールにたどり着くのが正解だと考えているのです。

そこには自分や他者の感情が影響することはないため、他人から見ると、冷たい人だと言われることもあります。

人間なので、感情はもちろん持っていますが、その感情に引きずられて思うような結果が出ないことを嫌うのです。

論理的な考え方を好むので、迷信や因習といった非合理的なものに対しては否定的です。

根拠のないもの、形式的なものは重視せず、中身や本質といった部分に目を向けるのがその理由です。

アカデミックな人は堅物で考え方が古い、と思われることもありますが、実は現代的で実質的な性質を持っている人だとも言えます。

ビジネスの場では、冷静で効率よく行動するため、仕事が早くて正確だと高く評価されます。

ただし、必要ないものはバッサリと切り捨てるので、冷淡でマシンのようだと、マイナス評価をされてしまうこともあります。

 

視野が狭い

 

アカデミックな人の特徴は、視野が狭いことも挙げられます。

「凝り性で高い集中力を見せ、合理的に行動をする」ということは、逆に言うと広い視点で物事を見られないことでもあります。

一つのことに対しては高い集中力を見せますが、周囲に広く目を向けられないため、他のことに配慮できなくなる傾向が見られます。

一度に多くのことを考えるのが苦手で、問題が同時期に複数発生すると、解決能力が極端に落ちてしまいます。

趣味や仕事に没頭するあまり、恋愛や家庭がうまくいかなくなった、というのがこのパターンです。

視野が狭い人は、我が強く、周囲との調和が取りにくい性格だと思われがちです。

組織の中では変わった人、浮いている人、と評価されることが多いタイプの人です。

職人のような職業の人は成功を収めますが、周りの人と密なコミュニケーションが求められる職業の場合は、よく衝突を起こしてしまうため、トラブルメーカーになってしまうことも。

本人は集中している時は周囲の目は気にならないので、自分が浮いていることは自覚できていません。

集中が途切れた時に周囲に目を向けた時にようやく、周囲から距離が置かれていることに気づくのです。


アカデミックな仕事に就こう

 

いかがでしょうか。

アカデミックな仕事は、それを得意とする人とそうでない人に分かれる傾向があります。

不得意だけれどもアカデミックな仕事に憧れを抱いている人も少なくありません。

もちろん学究や学術的な問題なので、後天的に知識や技術を身につけることはいくらでも可能です。

どの世界でもそうですが、早くやり始めればやり始めるほど、憧れの世界で頭角を表すことができます。

もともと得意な分野があればそれを生かすのもいいでしょう。

どちらにせよ、人生は一度きりなのでやりたい仕事をとことんやる方が充実感を得られて幸福度が増すことは間違いありません。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク