哀愁漂う人の特徴とは?意外な魅力が存在する!

あなたは哀愁漂う人だと言われたことがあるでしょうか。

もしそのような経験がある人は、周りからは決して明るいタイプの人間だとは認識されていません。

では具体的にはどのような人なのか。

そこで今回は哀愁漂う人の特徴についてご紹介していきます。

【目次】



哀愁漂うの意味とは?

 

哀愁漂うとは、本当にそうかは別として、周りから見たら物悲しそうに見える状態のことです。

他人からみたら悲しそうで、なんとなく影が落ちている、暗い雰囲気が伝わってくるような人のことを哀愁漂う人と表現します。

 

哀愁漂う人の特徴

 

寡黙でクールな印象を与えている

 

寡黙で不器用な昭和の男性像を持つ人からは、ふと哀愁漂う印象を受けやすいです。

哀愁漂う代表的な昭和の俳優として、高倉健を思い浮かべると誰もが納得します。高倉健が主演を務める映画では、寡黙でありながら黙々とした作業を行ったり、発する言葉にどこか重みを感じたりして周囲の人が気を利かせるといった男気あふれる印象です。

経験豊富でしっかりしていながらも、どこか不器用で素直に感情を表に出せないけれども、周囲の人には魅力的に映ります。

どこかもの悲しげに感じる哀愁漂う状況は、周囲をヤキモキさせてしまうだけの魅力を含んでいることがわかるはずです。

哀愁漂う人の瞳を見つめると、澄んだ印象を受けることが多いですが、一方で怒らせてしまった時にはどこまでも恐ろしい印象を持ちます。

一途で純粋だからこそ、寡黙でクールな印象を与える人を傷つけた時のしっぺ返しが大きくなるわけです。

自分のことはあくまでも謹んで、相手を思いやった言葉を投げかけるので、周囲を巻き込んで自然に動かしてしまう不思議な力を発揮します。

身近な中高年男性の中に寡黙でクールな印象を与える人がいたら、哀愁が感じられるはずです。


ふとした顔が悲しそう

 

普段は笑顔を見せていてもふとしたタイミングで、もの悲しそうな顔をする人は哀愁を感じさせてます。

多くの人と一緒にいる時に見せている笑顔から、1人になったタイミングやほっとした後で見せるふと寂しそうな表情に哀愁を感じてしまうわけです。

表情から感じる哀愁は、正面からよりも横顔の方が更に印象的であって、普段は無理して笑顔でいるように頑張っているのではないかと周囲に思わせてしまいます。

本当に寂しく思っているかどうかは本人しか分かりませんが、日頃見せる笑顔とのギャップが激しいほど普段は誰にも見せない表情に哀愁を感じます。

何となく影がありそうに1度見えてしまうと、ミステリアスな印象を受けますがミステリアスだからといって哀愁を漂わせているわけではありません。

普段見せている表情とのギャップが強い人ほど、哀愁を強く漂わせる傾向にあるわけです。

複数人で集まっている時に、全員で一方向を向いている瞬間に笑顔から一点もの悲しそうな表情をしていると、強く哀愁を漂わせている様子に見えます。

本人が気がついていない瞬間に表れる表情に、哀愁を感じてしまいます。


姿勢が悪く俯きがち

 

姿勢が悪い人全てが哀愁を漂わせているわけではなく、普段は元気ハツラツな人が夕日を前にして背中を丸めて遠くを見つめていたら哀愁を漂わせていると感じます。

同様に職場では常に元気よく体育会系のノリで頑張っている上司が、行きつけのバーで独り背中を丸めて一点を見つめながらお酒を飲んでいたら強い哀愁を感じるはずです。

普段見せる明るい表情とのギャップが強いほど、悲壮感だけでなく哀愁を漂わせる傾向が強いので、姿勢悪く座っている様子が普段の姿勢の良さと正反対という点に注目すると良いです。

いつもの明るい様子を陽とした時に、プライベートの哀愁を漂わせている様子が陰となれば、光と影を両方共持ち合わせた魅力的な人に映ります。

人は2面性を持ったミステリアスな相手に対して、守ってあげたいという印象やもっと知りたいという欲求が生まれやすいです。

男性ならば女性に対する庇護欲が反応し、女性ならば男性に対する母性本能が働いて、どこか哀愁を漂わせている人に対して魅力的に思います。

一度気になり始めると、いつの間にか興味関心が湧いている状態となるので、人が見せる二面性に哀愁を感じる人が多いと分かります。


静かで落ち着いた態度

 

哀愁漂う人に共通しているのが静かで落ちついた態度です。

どんなに寂しげでもうるさかったり落ち着きが無かったりする人に哀愁は漂いません。

静かで落ち着いた大人な態度は哀愁とは切っても切り離せない大事な要素です。

どんなことがあっても物静かで落ちついた態度を崩さない、そんな一本芯の通った姿は心の強さを感じさせると同時に何者も寄せ付けない孤高の姿勢でもあります。

人との距離を感じさせる静かで落ち着いた態度を変えない人には常に哀愁が漂います。

哀愁という言葉にははかなさや切なさがよく似合います。

にぎやかさや楽しさは哀愁とは程遠いものであり、立ち居振る舞いに物静かで思慮深い落ちつきがなければ哀愁は漂いません。

周囲の人が賑やかであればあるほどその人が持つ哀愁は引き立てられ、そこはかとない物悲しさはいっそう強いものになります。

哀愁は触れれば壊れてしまいそうなもろさを抱えているものであり、大人な態度に見える静かで落ち着いた立ち居振る舞いは寂しさと表裏一体です。

静かで落ち着いた態度はコミュニケーションに対する熱意の欠如でもあり、他社と距離を取ろうとする無意識の姿勢が哀愁へと繋がります。


気取らないくたびれたファッション

 

哀愁漂う人には気取らないファッションがつきものです。

ファッションはその人の個性を表現するものですが、哀愁漂う人に最先端のデザインや派手な色使いは似合いません。

質実剛健さを感じさせる気取らないファッションが周囲へのそっけなさを演出し、物悲しい哀愁をかきたてます。

着古したコートやシワの寄ったシャツなど、人生の重みを感じさせるくたびれた洋服も哀愁漂う人にはつきものです。

人生に疲れた様子は哀愁を強く感じさせます。

これまで積み重ねてきた苦労が忍ばれるくたびれた洋服からは言葉に出来ないほどの哀愁が感じられ、見る人の心を強く揺さぶります。

本人は意識していなくても着ている洋服がくたびれていれば自然と哀愁が漂ってしまいます。

誤解してほしくないのは、単にファッションにむとんちゃくであるのと哀愁が漂うのは全く別の話です。

哀愁漂う苦みばしった人になりたいからといって手入れをしていない洋服を着ても意味がありません。

ファッションが哀愁に強く関わっているのはその人の生き方や人生観が自然と表現されるからです。

積み重ねてきた人生経験というベースが会って初めてファッションが哀愁を漂わせるのであって、ファッションから入って哀愁漂う人になるのは無理な話です。

ファションそのものではなく個性や雰囲気が哀愁を漂わせます。


顔に深いシワがある

 

人の顔にはこれまで積み重ねてきた経験が表れるといわれますが、顔に刻まれた深いシワは見る人に強く哀愁を感じさせます。

哀愁というのは本人が意識するものではなく自然と醸しだされ漂うものです。

顔に刻まれたシワは植物でいうところの年輪のようなものだと言われています。

植物は過ごした年の数だけ年輪が刻まれますが、人間の場合は重ねた経験がしわとなって顔に刻まれます。

楽しいことも苦しいこともともに人生において代えがたい経験ですが、辛いことや苦しいことほど顔のシワとして刻まれやすく見た目として長く残ってしまいます。

人生で苦労してきた人はその苦労がシワとなって顔に刻まれると言われ、過去を忍ばせるくっきりとしたシワがある人は笑顔を見せるときにもどこか切ない哀愁が漂います。

シワが哀愁を感じさせるのは特に男性に強く見られる傾向です。

寡黙な男の顔に刻まれたくっきりとした深いシワは言葉がなくても哀愁を感じさせるのに十分な存在です。

哀愁を感じさせる顔のシワですが決して悪いものではありません。

シワは人生経験の照明であり人間の深みそのものです。

哀愁を感じさせるシワを持つ人はそれだけいろいろな経験を積み重ねてきた人生のベテランです。

酸いも甘いも噛み分けてきた苦労人だからこそ意識せずとも自然と哀愁が漂うのです。


哀愁漂う人には魅力がある

 

いかがでしょうか。

哀愁漂う人は、物静かでどこか暗い印象を与えるものです。

しかし、これはすべての人がネガティブな印象を持つと言うわけではありません。

つまり、そんな哀愁漂う人のことを好きだと感じる人も決して少なくはないと言うこと。

理由は様々で、自分と波長が合うと感じる人もいれば、自分にはない魅力だからと答える人もいます。

結局、人を好きなるポイントは人によって全く異なるものであり、まさかこんなところが!?という点を好きになるという典型的な例とも言えます。

こうしてみると哀愁漂う人の特徴をポジティブに捉えることもできるので、決して悲観的にならず、その個性を生かしていくようにしましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク