ケアレスミスが多い部下の原因と適切な指導方法を徹底紹介!

仕事をしていれば人間なのでミスすることもあります。ミスでもケアレスミスであれば、その人が少し慎重に仕事をすれば防ぐこともできるでしょう。自分のケアレスミスであれば、次は慎重になろうで済みますが、他人のケアレスミスはそうもいきません。

あなたが上司の立場になった時、部下のケアレスミスにどう向き合いますか?部下自身に慎重さを求めなければいけないのです。

ここではケアレスミスの多い部下の特徴や注意の仕方について紹介します。部下のケアレスミスの多さに困っている人は、ぜひ参考にしてください。

ケアレスミスが多い部下の特徴

あなたの周りのケアレスミスの多い部下は、どのような人ですか?ここではケアレスミスの多い部下の特徴を紹介します。

あなたの職場の部下は、ここで紹介する特徴に当てはまりますか?ぜひ参考にして見比べてみましょう。

モチベーションが低い

仕事に対してモチベーションが低い部下は、ケアレスミスが多くなる傾向にあります。仕事に対する気持ちがないので、仕事の進め方が雑になってしまうのです。

また仕事以外に意識が行ってしまうので、集中力が続かずミスに繋がってしまうのでしょう。

タスク管理が苦手

仕事は一つのことに集中して進めるというわけではありません。いくつものタスクを上手くこなすことが求められます。次から次へと増えるタスクを、自分自身で上手く管理し進めることが大切になってきますが、ケアレスミスが多い部下はその作業が苦手です。

優先順位が分からず納期に遅れてしまったり、やるべき仕事を忘れてしまうということが起こってしまいます。

コミュニケーションが苦手

個人で黙々と行う職種でない限り、会社で仕事をする時には多くの人との関わりが必要です。ケアレスミスが多い部下は、コミュニケーションが苦手な場合が多く、それがケアレスミスに繋がります。

上司や周りの人とコミュニケーションを密にとっていれば様々な人の目に触れ、事前にミスに気が付くこともできるでしょう。

話を聞いていない

上司からの指示をしっかり聞いていなければミスに繋がります。ケアレスミスが多い部下は話を聞いているようで実はしっかりとは聞いていないのでしょう。

話の一部を聞き「こうだろう!」と思い込んで行動してしまうことがあるのです。

ミスが続いている

失敗が続いてしまうという経験をしたことはありませんか?ケアレスミスが多い部下は今この状態に陥っている可能性があります。大きなミスをした後やケアレスミスが続いていると、自信がなくなってしまい萎縮して仕事に向かうことになってしまいます。

力を発揮できない状況で新たな仕事に取り組むので、視野が狭くなりケアレスミスを引き起こしてしまうのです。




部下のケアレスミスが減らない原因

何度注意しても部下のケアレスミスが減らないと悩んでいる人はいませんか?人の行動を変えることは容易なことではありません。

部下のケアレスミスが減らない原因は何なのでしょうか。ここでは部下のケアレスミスが減らない原因を紹介します。

楽観的

部下がケアレスミスに対して楽観的な意識を持っていると、ケアレスミスが減ることはありません。ケアレスミスは本人が意識して直す必要があるからです。

ケアレスミスによって仕事にどのような影響があるかを、考えさせる必要があると言えるでしょう。

周りからの圧が強い

ケアレスミスが続いていると、周りからの視線や態度・扱いなどに変化があります。その変化に圧力を感じ仕事がやりにくくなるのです。この環境下ではケアレスミスを減らすことは難しいと言えます。

ケアレスミスをされ困るのであれば、部下が仕事の質問を気軽にできるようにすると良いでしょう。

仕事が多い

人によってできる仕事量は違います。部下に振り分けている仕事が適切でないと、ケアレスミスを減らすことはできません。今一度部下の仕事ぶりを確認し、振り分ける仕事量を調整する必要があるでしょう。




ケアレスミスが多い部下への指導方法

ケアレスミスが多い部下への指導は難しいと考えている人もいるでしょう。他の人は今の方法でミスなく仕事できているのであれば尚更です。

そんな人の為にケアレスミスが多い部下への指導方法を紹介します。あなたの部下にも有効な方法が見つかるかもしれません。

目に見える指示をする

ケアレスミスする部下に対し、早口で相手が理解しているかを確認しない指示の仕方をしていませんか?部下はあなたの指示をしっかり理解していない可能性があります。

「指示書を渡す」「顔を見て理解度を確認する」など、目に見える指示を心がけましょう。また納期の早いものや先に終わらせてもらいたい物を明確に示すのもよいでしょう。

受け入れていることを示す

上司や先輩には話しかけづらいという人は少なくありません。業務のことであっても嫌な顔をされるのではないかと思うと、質問紙に行けなくなるのです。

どのように進めるべきかがわからなくなった時に、質問しやすい環境であるとミスする前に部下本人が確認することができます。質問を受け入れていることを示してもらえているだけで、部下は上司に聞くことができるでしょう。

ケアレスミスで起こることを伝える

ケアレスミスをたいしたことではないと楽観的に考えている部下には、ケアレスミスによって起こることについて伝える必要があります。

部下はケアレスミスによって大きなミスを引き起こすことに気が付き、少し仕事に対する考えを変えてくれるかもしれません。

ケアレスミスする理由を考えさせる

なぜケアレスミスを続けてしまうのか、本人には分からないでしょう。分からないから改善しようがなく続けてしまうのです。

ケアレスミスをする理由を一緒に考え、それに対する対処法を見つけましょう。「社会人なのだから」と思う気持ちはよくわかりますが、本人に任せていてはいつまでたってもケアレスミスは直らず、フォローし続けなければいけなくなります。

声をかける

部下から仕事の進捗を報告してくれるのが1番良いのですが、なかなか報連相ができない部下なのであれば、上司から積極的に声をかけるのも良い指導方法です。部下の進捗などが分かるだけでなく、上司がどのような点を気にしているのかが分かります。

声かけをつづけることで、報告のタイミングなどを理解できるでしょう。




ケアレスミスが多い部下にやってはいけないNGな注意の仕方

ケアレスミスが多い部下が少しでもミスなく仕事が進められるように、良かれと思ってやっている注意が実はNGな方法かもしれません。注意の仕方を改めませんか?

ここではケアレスミスが多い部下にやってはいけないNGな注意の仕方を紹介します。

具体的に示さない

ケアレスミスが続くと、面倒になって「また同じミスしている」「なんでそんなにミスするんだ」といったように、注意の仕方が雑になっていきます。しかしケアレスミスが多い部下は、何が悪かったのかがわからなくなってしまいます。

注意をする時には具体的に悪かったことを示すことが大切です。

みんなの前で叱る

会社内には多くの人がいるでしょう。何かミスしたときにみんなの前で叱っていませんか?

ただでさえミスしたことで落ち込んでいるのに、みんなの前で叱られればプライドは傷ついてしまいます。他の人も注意するようにという考えを持っている人も中にはいますが、見せしめのように注意するのはやめてください。

ネガティブワードばかり言う

ケアレスミスに対し注意しているのですから、ネガティブワードが多くなるのは当たり前なのですが、否定ばかりされては仕事に対するモチベーションも奪うことになります。

部下に対して発している言葉は、部下にとって本当にプラスになるものかを確認し、時には言葉を変えて伝えるようにしましょう。

声を荒げる

今はハラスメントに厳しい世の中になったので、改善されている部分ではありますが、まだまだ部下を注意するのに声を荒げる人がいます。注意されるだけでも落ち込むのに、声を荒げながら注意されれば恐怖を感じるでしょう。

怒りに任せて注意してしまうのは分かりますが、落ち着いた口調で注意するように心がけましょう。

人と比べる

ケアレスミスする部下を叱るときに、部下の同僚や後輩と比べて注意していませんか?同僚や後輩よりもミスする回数が多いのは、本人が一番自覚しています。

1人1人能力や得意なことは違います。人と比べるのではなく、ケアレスミスの多い部下本人を見て注意してください。




コミュニケーション不足でもケアレスミスを引き起こす

ケアレスミスは少し慎重に仕事をすれば防ぐことができます。そのためケアレスミスが多いのは本人の気が緩んでいるからだと決めつけてしまっている人がいます。

しかし単純に部下本人が仕事に集中できていないことが原因とは言い切れません。上司と部下のコミュニケーションが上手くとれていないことが原因となっていることもあるのです。

部下が質問をしたり報告をしやすい環境を整えるだけでも、ケアレスミスを改善させることができるということを覚えておきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。