誤解されやすい人の特徴とは?誤解された時の対処法!

あなたはよく誤解されやすい人でしょうか。

「なぜか誤解されることが多い」ということで悩んでいる人もいます。

しかし、それにはちゃんとした理由が存在するのです。

そこで今回は職場や仕事、そして恋愛で誤解されやすい人の特徴と誤解された時の対処法についてご紹介していきます。

【目次】



職場や仕事で誤解されやすい人の特徴

 

感情をあまり表に出さない

 

表情や仕草は、その人の人間性を表す上で、かなり大きな役割を果たしています。

感情豊かに話す人は、あまり深く関わったことがない相手からも、内面を理解してもらいやすいのです。

一方で、感情をあまり表に出さない人は、内面を把握してもらいにくいです。

仕事をしていると、深い付き合いがない相手とも、円滑なコミュニケーションを求められやすいですよね。

そのため、感情をあまり表に出さない人は、「何を考えているのか分からない」「付き合いにくそう」「いつも怒っているように見える」といった、ネガティブな誤解を受けてしまいやすいのです。

決して悪い態度を取っているわけではないのに、「態度が良くない」「仕事ぶりが悪い」という印象を抱かれてしまうこともあるでしょう。

口数が少ない人も同様ですね。

無表情に見えてしまいがちなので、「よく分からないから関わりにくい」と感じられてしまうことが多いのです。

あるいは、「やる気がなさそう」という風にとらえられてしまい、チャンスが遠のいてしまうこともあるでしょう。

仕事ぶりをきちんと見れば分かるモチベーションも、感情が見えにくいというだけで、誤解されかねないのです。


自己主張のバランスが悪い

 

仕事をする上で、自己主張はとても重要です。

しかし、ただ闇雲に、いつでもどこでも自己主張をすれば良いというわけではありません。

もちろん、まったく自己主張をしないのでは、あなたのことを理解してもらえませんし、業務上でも成長がしにくくなり、理想としているキャリアパスを手に入れにくくなることさえありえるでしょう。

誤解を受けずに仕事をするためには、バランスの良い自己主張が欠かせないのです。

あなたのやる気や意見を求められているときは、ばっちり自己主張をするべきですよね。

一方で、「ここは自分が出ない方が良い」「意見は別の場所で伝えた方が良い」という、臨機応変かつ的確な判断と行動が、あなたの評価を守ることに繋がるのです。

空気を読まず、常に自分のやりたいことだけをやろうとする人は、仕事だけにとどまらず、プライベートでもひんしゅくを買うことがあるでしょう。

業務においても、基本的にそれは共通のことです。

自分の意見を伝えすぎれば、「生意気」とされてしまうこともあります。

伝えすぎないと、「意見がない」「自分がない」といって、マイナス評価をくらってしまうこともあります。

バランス良く、空気を読むように心がけなくてはならないのです。


人間関係のバランスが悪い

 

仕事で誤解されやすい人は、人間関係のバランスが悪いことが多いです。

特定の相手とはとても仲が良く、特定の相手とはとても仲が悪いということですね。

もちろん、業務を進める上で、コミュニケーションが格段に多くなる相手と、ほとんど交流がない相手は生まれてしまうもの。

本人の工夫などより前に、業務上の特性として仕方がないことはあるでしょう。

しかし、そのバランスをうまくコントロールできる人ほど、誤解を生みにくいのです。

仕事では関わることがなくても、毎日の挨拶や、食事中や飲み会などで、普段関わりが少ない人と積極的に会話していく人は、やはり業務もスムーズに行っていることが多いのです。

同じ部署やチーム内でも同様です。

特定の上司とばかり仲良くしていると、「贔屓をされている」ととらえられ、特定の後輩だけを指導していると、「気に行った人にだけ優しくする」と誤解されがちです。

自分の業務ではなかなか関わらない相手と、円滑な関係を築くことは、決して簡単なことではありません。

それでも誤解を生まないために、バランス良く人付き合いをするよう意識してみてください。

ちょっとした挨拶ややり取りだけでも改善しやすいですよ。


恋愛で誤解されやすい人の特徴的な行動

 

八方美人を発揮する

 

恋愛で誤解をされやすい人のうち、思わせぶりだと言われてしまう人の多くは、万人に好かれようとして誰にでも愛想を振りまきます。

誰か一人を特別扱いしているわけでもないのに関わらず、フレンドリーに接され慣れていない相手や異性に免疫のない相手は、さも自分だけが特別に好意的な態度を取られていると勘違いして、愛されていると誤解してしまうのです。

また、元々相手から好意を持たれていた場合も、その八方美人な態度を都合よく解釈して「自分に気があるからこういう行動をとってくれるんだ」と誤解されてしまいます。

これらのような相手に対して一度勘違いを生んでしまえば、例え目の前で他の人に愛想を振りまいても「自分の気を引くためにわざと他の人に馴れ馴れしくしている」、「本当は自分だけと話をしたいはずなのに照れ隠しをしている」と恐ろしいまでのポジティブ思考を発揮されます。

したがって、そんなつもりはなかったと後から主張しても全くの無駄。

よく言えば愛され体質ではあるのですが、一方で異性を騙すひどい奴だと非難されることもあり、特に同性からは敬遠されます。

 

人に伝える努力を怠っている

 

恋愛で相手に気持ちが伝わらず、誤解されやすい人というのはちゃんと自分の気持ちを伝える努力を怠っています。

「愛さえあれば言葉なんていらない」なんて大ウソ、愛があるならそれこそ伝えなければいけないことはたくさんあります。

毎日好きだと言え、とまでは言いませんが、相手の求めに応じて適度に愛情を言葉で示さないと「もう愛してくれてはいないんだ」という誤解を生みかねません。

「知らないところで浮気をされているのかも」、「飽きられて愛が冷めてしまったのかも」、「本当は自分が好きなだけで、相手は自分のことをそれほど想ってくれていないのかも」、というように恋愛というのは常に人を不安にさせるもの。

その不安を払拭するためには、2人の会話によるコミュニケーションが非常に大切です。

いくら仲が良くったって「何も言わなくてもわかってくれる」という慢心は通用しません。

もちろん言葉だけでなく、それとない気遣いをする、喜ばせるためのちょっとしたサプライズを用意する、相手が好きそうなおみやげやプレゼントを渡すなどといった、行動で伝える努力も必要です。

いくら強い愛情を相手に抱いているとしても、それを相手に伝える努力を怠っていては誤解をされても仕方がありません。


照れ隠しが巧妙

 

片想いの相手に対して気持ちが伝わらず誤解をされやすいという人の場合は、その照れ隠しやカモフラージュがうますぎてすっかり相手も騙されてしまっていることが多いです。

本当は大好きなのに相手から脈がないと諦められたり、嫌っていると勘違いされてしまったりするのは完全にアピールの仕方を間違えています。

好きな人にアプローチする時にはどうしても恥ずかしさや照れを感じてしまいますが、それを乗り越えないことには悲しい誤解を生んでしまうのです。

よくある話としては、小学生時代に男の子が好きな女の子をいじめるというパターン。

男の子としては愛情の裏返しからついいじめてしまうのですが、女の子側はいじめられて好感を持つはずがありませんし、ほとんどの場合は誤解をされるだけで終わってしまう恋です。

また、駆け引きだと思って相手の気を引くためにわざとつれなくしたりないがしろにしたりすることで誤解をされるというパターンもよくあります。

よっぽど自分の人心掌握術に自信でもないのでは、付け焼刃な駆け引きは自分の首を絞めることに他なりません。

恋愛なんて空回って元々なわけで、同じ空回りなら相手に対して素直な態度を示して空回る方がよっぽどマシなのです。

 

誤解された時の対処法

 

じっくり話し合う

 

考えていることをその通りに、上手く相手へ伝えることは非常に難しいことです。

自分のちょっとした発言や説明不足などから、思いもしない誤解を招いてしまうことはよくあります。

そういった場合の誤解はいわゆる「言葉のあや」から生じているため、じっくり相手と話し合う時間が必要です。

ただし、話し合いの中で「そんなつもりで言ったんじゃない」などと意地になってはいけません。

伝え方を誤ったこちらにも非はあるのですから、落ち着いて冷静に誤解をといていくようにしましょう。

相手が傷ついている、怒っている可能性が高く一歩間違えればさらに誤解を深めてしまうので、十分注意してください。

思考は表現しないと伝わらないものなので、めんどくさがらずに真摯に向き合うのが大切です。

こちらが真剣に話していると分かれば、相手も落ち着いて誤解を改めてくれることでしょう。

もし様々な人と、何度もそのような誤解が続く場合、それは伝え方に問題があるのかもしれません。

今後スムーズな人間関係を築くためには、自分自身を今一度しっかり見つめ直すことも重要な要素です。


素直に謝罪する

 

相手が本当に怒っていて、話し合いを持ちかけても取り合ってくれなかった経験もあるのではないでしょうか。

その場合は話が平行線となってしまうので、話し合いを行うよりもまずこちらから素直に謝罪をしましょう。

たとえ誤解であったとしても、相手はすでに怒りを覚えているのですから大人であれば謝るのが道理と言えます。

もしもそこで自分は悪くないのにと怒ってしまったら、今後の関係に大きな亀裂が走ることになるかもしれません。

人間関係を崩さないためには、ときに自らを落ち着けて相手の意見を優先する必要も出てくるというわけですね。

心から謝罪をすれば、相手も少しは冷静になってとりあえず話を聞いてくれるようになるでしょう。

そこからは「じっくり話し合い」の時間として、自分の意見や誤解の内容も我慢せず少しずつ伝えていくことができます。

ただし最初に適当に謝ったり、不服そうな気持ちが透けて見えるような態度をした場合は事態が悪化します。

他人は思っているよりもこちらの感情に敏感ですから、どうせ分からないだろうという不誠実な気持ちは改めましょう。

 

第三者に仲介してもらう

 

もう自分一人ではどうにも出来なくなった誤解は、第三者を交えてとくのが良いでしょう。

第三者には共通の友人や同僚、仕事関係なら職場の上司などがオススメです。

注意点として、必ず自分と誤解している人が同じくらい信頼している・関わりがある相手にお願いしてください。

ここで自分だけが懇意にしているような相手を選べば、まるで2対1で責めるような構図にもなりかねません。

そうなってしまうと、今後その人がこちらを避けたり縁を切ったりして、関係が途絶える可能性があります

あくまで公平な目で見てもらい、各人の冷静さを取り戻してくれるような相手が仲介役には相応しいのです。

第三者がいると一方的な態度を取りづらく、話し合いに参加せざるを得ないというのがオススメの理由となります。

当人同士の話し合いは、ヒートアップして罵り合うような場合もありますから、それを咎める存在が必要なんですね。

一人では気付けなかった自分自身の落ち度なども指摘してもらえて、より納得のいく話し合いへと繋がります。

当事者はときに視野が狭くなってしまいますから、そういった点の対処をするのは、誤解を解くために非常に大切なことでしょう。


誤解される人は曖昧にする特徴がある

 

いかがでしょうか。

よく誤解される人の大半はその人に原因があります。

きちんと伝えなければいけないことを曖昧にしてしまったりすることで、相手は勘違いしてしまうのです。

相手のことを考えて傷つけたくないと思う気持ちも分かります。

しかし、それ以上に自分が嫌な思いをさせたくないという気持ちの方が強いはずです。

つまり逃げているというわけです。

真正面から立ち向かわずに、逃げ回っていたらいつかそのツケが来るのは当然ですよね。

相手に誤解を与えることで、信用を失っていることに気がつけば、そのような態度をすることはなくなるでしょう。

一時的にはトラブルを回避できたかもしれませんが、必ず回り回ってくるものなのでこれからの態度や言動に注意しましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク