相手の懐に入るのがうまい人の特徴と懐に入るコツとは?

懐に入るのがうまい意味とは、相手に気に入られて良好な関係を築くのが上手ということです。

相手の懐に入るのが下手で苦手な人からしてみれば、羨ましいと感じることもあるでしょう。

しかし、実際はそこまで難しいことではありません。

あなたの気持ちをほんの少しだ変えることができれば、あなたもすぐに相手の懐に入ることができます。

そこで今回は、懐に入るのがうまい人の特徴を男女別にご紹介していきます。

そしてそのコツもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【目次】



相手の懐に入るのが上手い男の特徴とは

 

他人を尊重する

 

この人がいるだけで、何だか場が和むな。

あなたが普段接している男性の中にも、そういった印象を受ける人がひとりくらいはいるのではないでしょうか。

そして、そう感じるということは、彼はすでにあなたの懐に上手く入り込んでいることになります。

懐に入るのが上手な男性は、「他人を尊重する」という大きな特徴を持っているため、彼の近くにいる人たちは、いつでも気持ちよく過ごすことができるのです。

たとえば、気がつけば自己主張だけを繰り返し、相手の話を一切聞かない男性が自分に近づいてきたら、あなたはどう思うでしょうか?

多くの人はそんな相手に対して心を閉ざし、どうやって自分の身を守るかを考えるはずです。

すると当たり前の話ですが、その男性は相手の懐に入ることができません。

他人を尊重する気持ちを持たず、どんなときでも自分中心にしか物事を考えられない男性を警戒するのは、誰にとっても普通のことですよね。

一方で相手の懐に入るのが上手な男性は、たとえ自分の主張があったとしても、必ず先に相手の主張を全て聞いてから口を開こうとします。

そしてそんな特徴があるからこそ、誰もが安心して心を許せるのです。


甘えるのが上手

 

どこからどう見ても頼りない感じなのに、あの男性はやたらと女性にモテる。

つまりその男性には相手の懐に入っていくだけの魅力があるわけですが、あなたにはそれが何なのかわかるでしょうか?

その魅力とはズバリ、「甘えるのが上手」な部分です。

もちろんいつもきびきびと行動して決断力がある男性も魅力的なのですが、そんな相手の場合は返って近づきがたい印象を与えてしまいますよね。

すると結果として距離を置くようになってしまうため、その男性が相手の懐に入ってくるチャンスは少なくなってしまいます。

ですが、どこか頼りなく頻繁にお願い事をしてくるような男性は、つい女性の側も助けてあげたいと思ってしまうものなのです。

煮え切らない態度にときどきはイライラすることもありますが、気がついたときには心を許してしまっているケースも多くなります。

また、甘え上手な男性は同性の間でもそんな特徴を発揮するため、上司や友人にもかわいがってもらえる存在だといえるでしょう。

情けない言葉を漏らしたりすることも多いですが、それは紛れもなく、彼が天性の甘え上手である証なのです。


いつでも一生懸命

 

相手の懐に入るのが上手な男性全てに共通しているのは、「いつでも一生懸命」だという特徴を持っていることです。

このとき、その男性の能力の高さはあまり問題ではありません。

仕事をしているときは人並みにミスを犯し、恋愛をしているときもどこか不器用でなかなか自分の思い通りに事を運べない…

そういった平凡な男性のはずなのですが、そこにいつでも一生懸命という特徴が加わることで、自然と誰もが彼を懐に迎え入れている状況が生まれます。

一生懸命な男性は、同性から見ても異性から見ても、たいへん気持ちのいい存在です。

何度失敗しても前を向いて歯を食いしばっている姿は、相手につい応援したくなる気持ちを芽生えさせることができるでしょう。

したがってそんな男性の周りには、自然に人が集まってくるようになります。

それが男性の意図したものでないにせよ、いつの間にか相手の懐に上手に入り込んでいるからです。

もしもあなたが相手の懐に上手く入っていきたいと考えるなら、まずは一生懸命な姿勢を見せるところから始めなければなりません。

細かいテクニックについてあれこれ研究するよりも、その方が相手も気持ちよくあなたを受け入れてくれるからです。


相手の懐に入るのが上手い女の特徴とは

 

人間関係の序列を常に意識している

 

相手の懐に入るのが上手い女の特徴として、人間関係の序列を常に意識していることがあげられます。

相手の懐に入るためには、まず自分の置かれているポジションや相手の人間関係について理解している必要があります。

特に、人間関係の序列について間違えてしまうと、攻撃をうけたり一気につまはじきにされます。

そのため、相手の懐に入るのが上手い女は普段から人間関係の序列に対して常に意識しているのです。

自分よりも人間関係の中で立場の上の人には常に下手で相手が気分よく過ごせるような接し方をします。

しかし、自分よりも立場の弱い人には強くでたり上から目線でものをいったりもします。

それでもあまりトラブルメーカーにならないのは、常に自分と相手の立ち位置を正確に把握できるためです。

立場の弱い人がこの人に攻撃をすると、周りからは逆に変な目で見られてしまうのです。

これは、ほとんどの人は無意識ですが、人間関係には序列があり下のものは上のものの良いなりになって当然という思いを抱いているためです。

立場の低い人も無意識に理解している人が多いため、我慢するほかなく不満があっても黙っている人が多いです。

相手の懐に入るのが上手い女は人間関係の序列を常に意識して、こういった人間の本能を利用しています。


愛想がいい

 

相手の懐に入るのが上手い女の特徴として、愛想がいいことがあげられます。

相手の懐に入るには、お高くとまっていたりマウンティングしていては難しいです。

なぜなら、それらは人に攻撃的な印象を与えて警戒されるからです。

そのため、相手の懐に入るのが上手い女は愛想がいいのです。

愛想がいい人は人に好印象をあたえます。

気安いイメージになり、話しやすかったり心を開きやすくなります。

愛想を良くすることで、相手から警戒されないだけでなく、相手の方からよってきていつのまにか懐に入ってしまいます。

しかし、愛想がいいからといって人格に優れているかどうかは別です。

相手の懐に入るための打算である場合もあるからです。

人柄を見極めるには時間がかかります。

相手の懐に入るのが上手い女は、一度懐に入ったら上下関係が逆転したり、最初と違ってマウンティングしたり支配したりすることもあります。

しかし、このようにもし人柄が悪くても相手の懐に自分から入ってしまった人は、なかなか気づくことが出来ません。

はたからみても相手の懐に入るのが上手い女は愛想がよく、人柄などの性格もよく見えるため、本当の性格を見極めるのはとても困難です。


相手の弱点を見抜く

 

相手の懐に入るのが上手い女の特徴として、相手の弱点を見抜くことがあげられます。

相手の懐に入るということは、相手の信頼を得なければいけません。

それは相手の利益になることや相手の長所を理解していることはもちろんですが、相手の弱点についてもよく理解している必要があります。

人は弱点を突いてくる人に対して、最大限の警戒を向けたり攻撃をしたりします。

そのため、むやみにやたらに弱点をさらしあげる人は相手の懐には入ることは難しいのです。

相手の懐に入るのが上手い女は、相手の弱点を見抜きます。

そのうえで、むやみに弱点を突いたりせず、相手を安心させるように良いところをほめたり心地よい関係をつくります。

相手は信頼して心を開き、いつのまにか懐に入ることが出来るのです。

また相手の懐に入ったあとも、弱点を理解した上で相手を支配することもあります。

人は信頼している人に対しては、弱点を突かれても警戒したりはしません。

むしろ、あなたのためだなどと言われたら感謝することすらあります。

それでも弱点を突かれれば人はショックをうけたり傷ついたりするものです。

ショックを受けたり傷ついたりしたひとは、人に利用されたり支配されやすくなります。

相手の懐に入るのが上手い女は、相手の弱点を見抜くために飴と鞭で人を支配するのも上手いのです。


相手の懐に入るコツ

 

共感して否定しない

 

相手に気を許してもらうためには、自分が相手の味方であることをアピールする必要があります。

好かれやすい人たらしは極力周囲と衝突を避けられるような言動を心がけていて、自分の意見を持っていても主張しすぎることなく、反対意見を持っている人に対しては受け入れ態勢を整えており、どんな人でも真っ向から否定をするような態度を取ることがありません。

誰かと接する際にはまず共感をすることを第一に考えていて、自分とまったく違う考えでも拒否しないというのが特徴です。

ですから、相手の懐に入りたいと思っている場合には、相手の意見に同調をするように心がけることがポイントになります。

何を考えてどう思っているのかを探り、まずはそれに寄り添ってみるのです。

我慢して自分の意見を曖昧にするというわけでなく、それを伝える際にもあくまでも一つの意見として参考にして欲しいという謙虚な気持ちを持って発言をし、対立を避けるようにしてください。

相手を否定する気持ちはないこと、尊重したい考えを持っているという態度を崩さなければ大抵の人に取り入ることができますし、大事に思ってくれるようになります。


お願い上手になる

 

誰かに何かをお願いする時、つい損得勘定や貸し借りを考えて遠慮をしてしまいがちです。

プライドも邪魔をしてしまうでしょう。

もちろん、何でもかんでも誰かに頼りっぱなしになることは避けるべきですが、きちんと自分でやるべきことをやり、努力をしてそれでも誰かの手を必要としたい状況になった時には、相手に甘えてみるのも悪くありません。

他者に頼られるというのは嫌な気がしないものですし、自分の力を認めてもらっているということ、誰かの役に立てることで自尊心が満たされます。

懐に入りたい場合には、何かあった時に相手に思い切って頼るようにしてみてください。

助けてもらったら笑顔でしっかりとお礼を言うこと、頼りにした分いざという時には相手の力になれるように伝えておき、逆にお願いされた時にはきちんとお返しができるように配慮しておくことが大切ですが、持ちつ持たれつ助け合いをしていくことで信頼関係を確固たるものにしていくことができます。

自分が必要とされるとわかれば、必要としてくれる相手のことを可愛く思うものですし、つい目が行き手を貸したくなってしまいたくなるものです。

そう思われるように、甘え上手になってください。

 

相手を観察して褒める

 

相手の懐に入るための簡単な方法は、相手のことを好きになり、ファンになることです。

好きなものに関しては肯定的になるものですし、こちらが特別感を持っていることがわかる態度を示せば大抵の人は喜びます

そのためにも、ターゲットのことをよく観察して細かい変化をチェックし、ちょっとしたことでも何か見つけたらそれをとにかく褒めていきましょう。

髪型やお化粧を変えたらそれを話題に出して似合うと告げたり、新しい小物を使っているようであればセンスのよさを羨ましがったり、漠然としたことよりもピンポイントで何かを褒めることによって「自分に興味を持ってもらえている」「この人に好かれている」と好感度を上げることができます。

自分に好意を持っているとわかっている人は、特別意識をしていなくても自然と近い距離を許容してしまうものですし、自分をしっかりと見てもらえていると感じられれば、同じように相手からも好意を返してもらいやすくなります。

恋愛でもそうですが、ビジネスでも応用できるテクニックです。

相手に好かれ許容されたいと思ったら、自分のほうから相手を好きになっていきましょう。


懐に入るのがうまい人になろう

 

いかがでしょうか。

相手の懐に入るのが上手な人は、人間関係で苦労することが少ないと言われています。

人間が抱える悩みの80%以上が人とのコミュニケーションに対する悩みなので、懐に入るのがうまいだけでかなり生きやすくなります。

些細な事でくよくよすることも激減するでしょう。

そう考えるとあなたもそのような人になりたいと思うものですよね。

ではどうすればいいのか。

最も効果的な方法は相手を好きになることです。

相手を好きになれば、何かしてあげたくなるものですし、相手に興味がでて色々と話しを聞きたくなります。

相手も悪い気はしないはずです。

それが継続するといつの間にか良好な関係が成り立っているというわけです。

つまり最初はあなたから与えること。ギブアンドテイクでいうギブです。

そしてすぐにテイクされようとするのではなく、ギブし続けることが重要なのです。

相手に対して興味がなくても「この人のことが好きだ」と思い込むだけでも、不思議と興味が湧いてくるものです。

思い込みの力というのはそれほど強力なことも覚えておきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク