自発的に行動する方法9つ

どうしよう、何か怖い。

たぶんそう思ったらほとんどの人はその先に進めなくなってしまうでしょう。

それでも進める人は、自発的に行動できるているはずです。

では、怖いと思ってしまい動けなくなってしまう人はどうしたらよいのでしょうか?

決して心が弱いわけではありません。

安心してください。

少しの考え方を変えてみれば、あと一歩を踏み出すことができるようになります。



自発的に行動する方法

なぜ自発的に行動することが大切なのか

人に言われたことだけを行っていると、何も考えなくて楽なように感じます。

しかし、時には無理難題を言われることもあります。

言う側の視点で動いてしまっているので、自分の意志や行動とは異なってきてしまいます。

すると、それが徐々にストレスに繋がって行ってしまいます。

それが心身的な病気に繋がって行ってしまう可能性があります。

たとえ人に命令されて動くとしても、一回自分の行動に置き換えて動くことが大切なのです。

それは人に振り回されないことにもなります。

自分のペースで動くことが、自発的に動くことにも繋がり、やる気やモチベーションにも繋がっていきます。

目的を持つことで自主的に行動するようになる

自分を知ることで、周りに振り回されずに自主的に行動することができるようになります。

自分を知るということは自分に強くなるということです。

自分に強い人は人生を楽しく充実させていくことができるようになります。

自発的に行動する習慣を身に付けて行くことで、自分をさらに知ることになり、自分に強くなっていくことができるでしょう。

充実した人生を送るためにも、誰かの満足のためではなく、まずは自分の満足のためにも自主的に行動することが大切です。

自主的に行動ができる人は周りの人も幸せにしていくことができます。

自主的に行動するためには目標を立てるのも良い方法です。

毎日目標があることで、より自主的に行動ができるようになります。



あえて、反対のことをする

例えば、自発的に、「勉強をする」という行動をとりたい場合、あえて、まずは勉強をしない、というようなことです。

あえて、怠ける、あえて、優先順位を崩し、遊んでしまう、というような意味です。

本来、自分の中である程度の、使命感があるようなことに関しては、これは有効だと思います。

人間の中の理性の、まじめな部分が、「このままではいけない」と、感じてしまう瞬間があるからです。

よほどの怠けものでなければ、「いつかは自分に戻ってくるもの」という項目に関しては、最初からはできなくても、自発的に自分から動くようにしなくては!と、感じるときが来ると思います。

目標の先にご褒美を用意する

いやなことに関して、自発的に動こうとするのが難しかったら、その先のご褒美を用意して、目標に向かって頑張った後に楽しみを作る、というのも有効です。

例えば、仕事に関して言えば多くの人が共感できることだと思います。

仕事をした後の、その日の夜のビールの一杯目を目指して頑張る、ということも多くの人の共感があるでしょう。

そして、そのビールのおいしさも多くの人が味わっているはずです。

仕事に関しての、もうちょっと大きめなご褒美ということでは、以前から欲しかった車を購入する!等の目標設定をすることでもモチベーションが上がりますよね。

ちょっとしたことでも、まずはそんな工夫をしてみると、案外自発的に行動する習慣がつくかもしれませんよ。



行動すること自体にプライドを持つ

「自分がやるべきことだ」という使命感のもと、行動するというのは、案外たやすいことでもあります。

自発的にやる、ということをあたりまえに感じてしまえばいいのです。

初めのうちは、ある意味、自分自身に言い聞かせるという、自己暗示のような作業でもあります。

自己暗示という自己によるサポート的なことをしているうちに、それが自己暗示する機会も必要なくなり、代わりに「達成感」を感じ始めることで、自分自身から「達成感」を求めるようになっていくという意味です。

こういった経験は誰にでもあてはまる部分があるかと思います。

おのずと自分自身のプライドが確立されて、自発的に行動せずにはいられなくなるということです。

考えすぎていませんか?

怖いと思って動けない人は、何を不安に思っているのでしょうか。

それは、恐らく、行動を起こした結果に待つ未知のものではないでしょうか。

自分がこれをしてあげたら、迷惑に思われるのではないか。

自分が発言をしたら、会話の流れを止めてしまうのではないか。

だいたいは考えすぎだったりします。

やってみてだめだったら、「ごめんなさい」でも良いのです。

周囲の人たちは、自分が思うほどに、あなたのことを気にしていません。

悪いことならともかく、積極的に輪に加わったり、良いことを自発的にすることに対して、悪く思う人はいないのです。

まずは、考えすぎをやめてみましょう。



少しの勇気は必要です。

自分から一歩を踏み出すためには、やはり勇気は必須です。

ほんの小さな勇気でいいのです。

自分からやってみたい、話してみたいと思う時が勇気の出すときです。

きっと、その勇気の先には、小さいけれど達成感があります。

小さい達成感は、重ねていくにつれ大きな達成感になります。

そうなったら、あなたはきっと自分から動ける人に変わっているでしょう。

まずは、初めの一歩を踏み出してみてください。

もともと自分から行動できない方には、本当に大変なことですよね。

ドキドキしてしまうでしょう。

ですから、勇気を出せた時には、自分をうんとほめてあげましょう。

自発的に行動できる人になるまでの道のりは簡単ではありません。でも…

今まで、なかなか自分で動けなかった人は、自発的に行動する人が輝いてみえることでしょう。

あの人はどうしてそんなに積極的に動けるのだろう。

あの人はどうしてそんなに周りから好かれているのだろう。

あの人は…と動けない自分と相手を比較して、どんどん消極的になっていませんか?

うらやましく思うということは、自分もそのような人になりたいという思いからきています。

なりたい自分になるために、小さな勇気をだしてみませんか?

周りなんて、気にしなくて良いのです。

あなたがやってみようと思ったことを、まずはやってみてください。

その先にあるのは、きっと輝いているあなたです。



自主的に行動するには

自分の人生は自分が作り上げていくものです。

それを誰かの命令だけによって成り立っていたら、心身ともに違和感があるのは当然です。

人生は自分一人で生きているわけではなく、周りの人たちと協力しあって生きています。

自発的に行動しながらも、それぞれができることを行い、お互いが上手に補っていくことが大切です。

自発的に動くためには自分を知ることが大切です。

時間に追われた毎日を送っていると、ついつい自分を見失いがちになってしまいます。

1日に1回は自分と向き合う時間を持つようにすると良いでしょう。

瞑想や深呼吸などは非常に効果があります。

自発的に行動する方法を見つけよう

  • なぜ自発的に行動することが大切なのか
  • 目的を持つことで自主的に行動するようになる
  • あえて、反対のことをする
  • 目標の先にご褒美を用意する
  • 行動すること自体にプライドを持つ
  • 考えすぎていませんか?
  • 少しの勇気は必要です。
  • 自発的に行動できる人になるまでの道のりは簡単ではありません。でも…
  • 自主的に行動するには

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。



▼おすすめ記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ