感性が豊かな人の特徴とは?感性を磨く方法をご紹介!

あなたは感性が豊かな人でしょうか。

よく聞く言葉ですが、いまいちどんな人物を表すのかピンとこない人もいることでしょう。

中には感性を磨きたい!と強く思っている人もいます。

そこで今回は、感性が豊かな人の特徴と感性を磨く方法についてご紹介していきます。

【目次】



感性の意味とは

 

感性とは、物事や人の感情や印象を受け取るスキルのことです。

感性が豊かな人ほど、感度高くその印象をキャッチして受け入れます。

また、インプットだけでなくアウトプットの場面でも感性が鋭いと使われることは多々あります。

 

感性が豊かな人の特徴

 

喜怒哀楽がはっきりしている

 

感性豊かな人をひとことで表現するなら「無邪気な子どもの心を持っている人」ということになるでしょう。

子どもたちは、そのほとんどが感性豊かです。

たとえば、休日に子どもを連れて公園へ出かけたとしましょう。

子どもたちは、公園の中にいる小さな虫を一つ見つけただけでも、おおいにテンションがアップするものです。

そこが、子どもと大人の大きな違いと言っていいでしょう。

虫を一つ見つけても、うれしくなってはしゃぐのが子どもですが、感性豊かな人は大人になってもその子どもの心をなくしていません。

子どものようにちょっとしたことに感動し、感銘を受けるのが感性豊かな人なのです。

外部からの刺激に対して敏感に反応するのが子どもであり、感性豊かな人と言っていいでしょう。

敏感に反応すれば、当然、喜怒哀楽がはっきりします。

人一倍強く、「うれしい」「たのしい」「つらい」「かなしい」という感情を強く抱くために、その表現も自然に豊かになります。

感性豊かな人は、涙を見せることがふつうの人よりもずっと多くなりますが、それは子どもの心をもっているためにほかなりません。

「泣く」という感情表現に限らず、すべての感情表現が激しく、はっきりしているというのが、感性豊かな人の特徴と言うことになるでしょう。


想像力と同調力がある

 

感性豊かな人は、人と話をしている時、相手が自分に関する悲しい話、辛い話をすると、それに感情移入をして、もらい泣きすることがめずらしくありません。

場合によっては、話をしている本人よりも、激しく泣くということさえあります。

それは、感性豊かな人には優れた想像力があって、人の話に同調しやすいためにほかなりません。

感性豊かな人は、人の話を聞きながら、「自分がそうなったら」ということを、つねにイメージします。

たとえば、友達が自分の辛い生い立ちについて話をするとしましょう。

その話を聞きながら、「もし、自分がその立場になったら、どんな思いをしただろう」ということを想像するのが、感性豊かな人です。

そういう想像をリアルにするために、友達の身の上話を他人ごとではなく、自分のこととして聞いて感情移入するために、涙するわけです。

これは、ドラマや映画を見ている時でも同じと考えていいでしょう。

感性豊かな人は、ドラマや映画を見ている時にも涙したり、大喜びすることが少なくありません。

それは、ドラマや映画の登場人物に感情移入して、自分がその人物になったつもりになっているからなのです。


ストレスを感じやすい

 

感性豊かな人は、ふつうの人なら気にしないようなことにまで、敏感に反応してしまいます。

たとえば、小さな子どもがお母さんといっしょにいて、お母さんから叱られたところを見たとしましょう。

そのお母さんが少しきつい叱り方をした場合、感性豊かな人は、「あの小さな子どもは傷ついたに違いない」と感じてしまいます。

それが、その親子にとって日常的なことであって、子どもが特別傷つくことがなかったとしても、感性豊かな人は、どうしてもそのように感じるものなのです。

そういう敏感な神経は、ストレスにつながるに違いありません。

これは、人から何か言われた時のことを考えるとわかりやすいでしょう。

人から「あなたはこういうところがあるよね」と、あまりよくない指摘をされたとします。

ふつうの人なら、「そんなことないよ」と反論し、別に意に介さないですむようなことでも、感性豊かな人は、その言葉に深く傷つくものです。

「あの人からあんなことを言われた。自分では自覚していなかったけれど、そういうところが自分にはあるのかもしれない」と考え、必要以上に思い悩むのが、感性豊かな人です。

その結果、人一倍ストレスを感じやすいのが、感性豊かな人ということになるでしょう。


感性が豊かな人に向いている仕事

 

イラストレーター

 

感性が豊かな人に向いている仕事として、イラストレーターがあげられます。

イラストレーターになるには特別な資格や学歴は必要ありません。

ただし、魅力があり人の注目を引き付けるイラストをかく必要があります。

イラストをかく才能というのは、努力ももちろん必要ですが、感性が豊かである人の方がそうでない人よりも有利です。

感性が豊かだと人が気づかないことに気づいたり、考えもしないことを思い付きます。

そのため、人とは違った個性的な絵をかけるからです。

もちろん、才能だけで上手くいくほどイラストレーターの世界は甘くはありません。

いくら感性が豊かでも、技術がなければイメージを具体的に形にするのは困難だからです。

技術的に優れていて上手に絵をかく才能と、豊かな感性は必ずしも結び付きません。

感性が豊かでイラストレーターになりたい人は、技術が伴うように努力しないといけないのです。

そのために、沢山絵をかいて技術を高める必要があります。

趣味などアマチュアの世界で絵をかいて技術を高めていくのもひとつの手段ですし、専門学校や大学などでも技術を習得することも可能です。

逆に言えば、技術は努力をすれば誰でも高められます。

しかし、個性がある絵がかければさらにイラストレーターとして高い評価も得やすくなります。

感性が豊かな人は才能だけでなく努力次第で技術も兼ね備えることが出来るため、イラストレーターは向いている仕事と言えます。


フラワーアレンジメント

 

感性が豊かな人に向いている仕事として、フラワーアレンジメントの仕事があります。

フラワーアレンジメントの仕事は、花を用いて個性的かつ魅力的な空間や作品を作る仕事です。

この仕事はお客さん一人一人の好みや常に変化し続ける人々の嗜好に合わせるセンスが問われます。

もちろん、自ら魅力的な作品や商品を作り出していくことも重要ですね。

フラワーアレンジメントの仕事をするには、感性だけでなく花に関する知識や常識も必要になります。

お葬式に使う花を晴れの席で使ったりしては、いくら見た目がよくても問題になりますよね。

常識としては問題ないとされていたとしても、派手すぎたりしてTPOにそぐわないデザインなども人には不快感を与える場合があります。

素敵なデザインやアレンジをする能力の他にTPOや常識などを踏まえ、お客さんに対する配慮や気遣いも必要になります。

そういった知識を得た上で独創的な作品を作るのには、豊かな感性の持ち主は有利と言えます。

個性や新鮮さをもつ美しい作品は、人に感動を与えます。

個性を問われるというのは、型を重視する華道とは少し趣が違いますね。

感性が豊かな人は人が思い付かない合わせ方をしたり、斬新な作品を作ることも出来ますから、フラワーアレンジメントの仕事に向いています。


作家・脚本家

 

感性が豊かな人に向いている仕事として、人の心を揺さぶる脚本家があげられます。

脚本家とは、テレビドラマや映画、アニメやゲーム、舞台などのシナリオや台本を書く仕事です。

この他、ラジオやCMの台本を書くこともあります。

平たく言えば、物語やストーリーを作る仕事です。

脚本家としてストーリーを作るには、人の心を揺さぶることができなければいけません。

物語を作るだけなら子供にでも出来ます。

しかし、人に強い印象を残したり感動を与えたりするには、豊かな感性が必要不可欠です。

また、その物語に触れた人がどう感じるのかが分からなければ、人の心を揺さぶることは難しいですよね。

しかし、感動させるために既存の物語などを御手本にしても、見た人には新鮮味がありません。

豊かな感性の持ち主なら既存のものを利用するだけでなく、自分の感性やアイディアを生かして新鮮味があるものを作るにも有利ですね。

もちろん、脚本の技術は学校に通ったりプロに学んで磨くことは誰にでも可能です。

しかし仕事としてやっていくには、それだけでなくやはりセンスが必要と言えます。

人の好みや感動のポイントというのは、食べ物やブームなどと似た部分があり、刻々と変化するのです。

そういった変化を敏感に感じ取りつつも、人々の心を揺さぶるものを作る必要があります。

そのため、脚本家の仕事は豊かな感性を持つ人に向いている仕事なのです。


感性を磨く方法

 

活発に行動して体感する

 

感性を育てていくためには、好奇心を押さえつけないことがポイントになります。

これを経験してみたいけれども時間がない、自分にできるかどうかわからない、そんな言い訳をする前にまずは思い切っていろいろなことに挑戦をしてみるのです。

体感によってこれまで未経験で想像をするしかなかったことが現実味を帯びますし、何よりもいろいろな行動を起こすことによって視野がグンと広がっていきます。

仕事の仕方を変えてみる、通ったことのない道を通ってみる、話してみたい人に話しかける、小さなことでも何でもいいのです。

人は何かを考える時、それまでの経験を判断材料にすることが多いので、探究心と好奇心が赴くままに実体験を重ねて視野を広げていくことで、1つの物事に対してこれまでに感じなかったこと、わからなかったことをその経験則から見出すことができるようになっていきます。

豊かな感性を持っている人というのは、とにかくよく動いて自分にいろいろな経験を課していくことができる人でもあるのです。

体感した時の感動、経験した時に考えたことが多くなっていけば、自然にそれを形にしたいという欲求が芽生えていきます。


気になることを深く追求する

 

さまざまなものに触れて刺激を受けることはもちろんのこと、1つのことにこだわって深く研究をしていくことで、表面に触れただけではわからなかったいろいろなことを発見することができます。

感性が磨かれている人というのは、興味のある物事に対してとても詳しい知識を持っており、一般的には知られていないことにも熟知し、そのものの魅力を普通よりも多く理解している人でもあるのです。

ですから、何か1つでもいいので「これを知りたい」という対象を見つけたら、できる限り追求をしていくように努力をしていきましょう。

そのものを知るためにはさまざまな角度からの情報が必要になりますし、情報量が増えれば今まで見えてこなかったものもどんどん見えてくるようになります。

「これはこうだ」と決め付けていたことへの印象が大きく変わり、自分が知っていたことがそのものの一部に過ぎないとわかった時の感動は大きなものですし、そうした心の動きこそ感性を磨く要因になっていくのです。

広く浅くも結構ですが、狭く深く興味を持つことも感性を育てていくためには重要になります。

 

リアルなものを見聞きする

 

感性は、人間の五感を刺激することによって磨かれていきます。

しかし、昨今では欲求を手軽に解消ができてしまう代用品に溢れており、リアルな感動を覚える「本物」に触れる機会が極端に減ってきてしまっているのです。

音楽を聴きたいと思ったらネットで配信されているものをすぐに聴くことができますし、食べたいものがあったらレトルトで大抵のものが出回っています。

動物に触れたい、自然豊かな場所で癒されたいと思ってもなかなかその暇がなく、動画を見て済ましているというかたも多いでしょう。

しかし、そこで得られる感動は本物の何分の1にも満たない些細なものです。

人間の感覚というのは、使っていなければどんどん衰えていってしまいますから、代用品で満足をしてしまうようになったら、とても感性など磨けません。

毎回というわけにはいかないでしょうが、音楽が聴きたいと思ったらコンサートやライブに足を運ぶ、写真や画像ではなく美術館で本物の絵を見る、いいレストランで美味しい料理に舌鼓を打つ、自然に触れたければ郊外に旅行に行くなど、「本物」を経験して、代用品では到底適わない感動を味わう機会を増やしてください。


感性が鋭い人になろう

 

いかがでしょうか。

感性が豊かになって鋭くなると、様々な情報をキャッチすることができます。

感情が豊かになるので、相手への思いやり度も増します。

相手に寄り添うことができるので、人間関係も良くなるでしょう。

人との繋がりは全てに通じるので、感性が鈍い人よりは感性が鋭い人の方が圧倒的に幸福度が高まるのは間違いありません。

どうも自分には感性が乏しいと感じるのであれば、改善してみましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク