プライドだけ高い無能の特徴と対処法を徹底解説!

プライドばかり高くて、仕事ができなかったり能力が低かったりする人っていますよね。

そこで今回は、無能なのに過剰なプライドを持っている人がどんな人なのか、その特徴や対応の仕方を解説します。

能力が低いのにプライドばかり高くなる原因や、そういう人を改善させていく方法も併せてお伝えしますので、悩んでいる人は最後までお付き合いください。



プライドだけ高い無能の特徴

無能なくせにプライドだけは一人前。

そんな人は、本人が生きづらいだけでなく周りの人も苦労します。

最初の項目では、そういう人の行動パターンや内面を解説し、どんな人なのか迫っていきます。

接し方に困っている人は必見です。

自分の意見を絶対曲げない

人と意見がぶつかった時、決して自分の意見を曲げないのが特徴です。

このタイプの人は、矛盾した発言をしたり、相手に論破されたりしても、頑なに相手の意見を否定し続けます。

自分の考えや意見が正しいかどうかよりも、プライドや優位性が守れれば何でもいいのでしょう。

謝らない

自分のミスや落ち度で迷惑をかけたり、人を傷つけたりしても謝りません。

謝った方が、明らかに相手の心証や、自分のイメージを悪くせずに済む場面でも、プライドが邪魔をします。

そのせいで大きなトラブルに発展したり、さらに迷惑をかけたりするので、無能だと言われるのでしょう。

成長しない

誰かをお手本にしたり、自分の失敗から学んだりすることがなく、成長しないのも特徴です。

プライドが高すぎるせいで、自分よりも優れている人や、自身の失敗と向き合えないのです。

何も学ばなければ成長することはなく、いつまでも無能なまま、変わることはありません。

簡単に人を見下す

相手を侮辱したり馬鹿にしたりして、平気で人を見下すのも特徴です。

そうすることで、自分は優れた存在だと回りにアピールしながら、自分自身にもそう言い聞かせているのです。

人を攻撃したり貶したりすることで、ちっぽけなプライドを守ろうとしているのでしょう。

自己評価が高すぎる

自分の能力を過信して、実際の結果や実力に見合わない自己評価をする人も多いです。

このタイプの人は自分の本当の実力をわかっていません。

そのため、自分よりも格上の人間にマウントを取ったり、いい結果を出した人を認めようとしなかったりして、周囲の人間に呆れられてしまうのです。



無能ほどプライドが高い原因

優秀な人が自信を持つのは当然ですが、無能なのにプライドばかり高くなるケースがあるのは不思議ですよね。

そこでこの項目では、能力が低いのにプライドが高い原因をわかりやすく解説していきます。

なぜそんな風になるのか、詳しく見ていきましょう。

自己肯定感が低い

心のどこかで「自分はダメなやつだ」「何の価値もない」と感じていて、自分を受け入れられないことが原因の1つです。

そんなダメな自分を隠そうと、見栄を張ったり自信満々に振る舞ったりします。

そうやって自分を誤魔化すせいで、健全な自己肯定感が育まれず、悪循環に陥ってしまうのです。

自分を客観視できない

自分を客観視して、人にどう思われるのか想像するのが苦手なのも原因です。

もし客観視できていれば、能力が低いのに自信満々な態度をとったり、人を馬鹿にしたりできません。

想像できないからこそ、悪目立ちして自分の評価を下げる振る舞いを平気でやるのでしょう。

過去にすがってしまう

過去の栄光や昔の自分に固執してしまうのも原因です。

このタイプの人は「昔はすごかった」「今もやればできる」と過去にすがって、現実を見ようとしません。

今の自分を受け入れられないせいで、成長していないのにプライドばかり高くなってしまうのです。



プライドだけ高い無能な人への接し方

実績や能力の割にプライドが高い人は、接し方が難しいですよね。

ここでは、そんな人にスムーズに対応する方法を5つご紹介します。

ストレスを感じたり、上手く対応できなかったりして困った時は、参考にしてみてください。

子供だと思って接する

情緒不安定なので、子供だと思って優しく接するのがベストです。

実際かなり幼稚な部分があるため、大人だと思って接していると上手くいかず、関係が悪化します。

子供だと割り切った方が、お互いにストレスを感じずにスムーズにコミュニケーションが取れるので、試してみてください。

結果ではなく努力を褒める

プライドと能力が釣り合っていない人は、結果よりも努力したことを褒めましょう。

特に、自己申告の場合、自分をよく見せるために嘘をつかれている可能性があるため、真に受けてはいけません。

しかし、努力した事実は本物なので、そこを認めてあげることで、本人が成長するきっかけになります。

批判を控える

相手のプライドを傷つけると話がややこしくなるので、極力批判は控えてください。

相手は自分の無能さや落ち度を認める心の強さがないため、プライドで心に鎧をまとっています。

否定や批判をされるとますます意地を張るので、なるべく相手に共感しながら上手に話しをしましょう。

指摘する時は落ち着いて具体的に

相手が間違っている時や重要なことを指摘する際は、なるべく冷静な態度で具体的に伝えてください。

このタイプの人は、人に指摘されると感情的になってしまい、話を聞いてくれなくなります。

落ち着いて具体的に伝えるようにすれば、理解してもらいやすいです。

長所を伸ばす

高いプライドに見合う実力を身につけられるように、強みや得意分野を伸ばしてあげてください。

プライドが高くても、有能ならば何も問題ありません。

何か1つでも抜きん出たスキルがあれば、能力とプライドのギャップが無くなり、メンタルも落ち着ついてくるはずです。



プライドだけ高い無能な人がやるべき改善策

能力がないのに過剰なプライドを持っている人は、どうすれば短所を改善することができるのでしょうか。

最後の項目では、プライドが高いけど無能な人がやるべきことを5つお伝えします。

成長したい人は取り入れてみてください。

自分の実力を客観視する

プライドの高さに関係なく、無能だと仕事に支障が出て、自分自身にとっても周囲の人間にとっても何もいいことがありません。

無能を卒業するには、まずは自分を客観視して適切な自己評価をすることが大切です。

今の自分に必要なことを見極めて、足りないスキルを身につけていきましょう。

知識やスキルを伸ばす

最も手っ取り早い方法が、知識を吸収してスキルを伸ばすことです。

仕事や今の自分に必要な資格を取得したり、勉強したりすれば、確実に一歩前進して成長できます。

高いプライドに見合うように、中身と実力を磨き上げて、真に有能な人間を目指していきましょう。

アドバイスや批判を受け入れる

人の助言や批判を無視していると、無能なまま成長できず、人間的な魅力まで曇ってしまいます。

高いプライドに見合う人間になるには、どんなに不愉快でも人の意見を活かすことが大切です。

そのアドバイスや批判が未来の自分を輝かせ、より高いステージに押し上げてくれることでしょう。

新しい挑戦を恐れない

怖がらずにいろいろなことに挑戦して、いい刺激を受けましょう。

経験をたくさん積むことで成長のきっかけが見つかったり、物事の見方が変わったりして心に余裕が出てきます。

視野も広がるため、仕事にもプライベートにもいい影響をもたらしてくれることでしょう。

人の長所を観察する

実力と釣り合わないプライドを持っている人は、人のことを見下すと同時に、本当の自分も否定しています。

そのため、ありのままの自分を受け入れるためにも、まずは人の長所を見つけて観察してください。

人の美点を素直に認められるようになれば、少しずつ自分も肯定できるようになるでしょう。



自分を変えたいなら成長のきっかけを見つけよう

無能な割に自信家な人は、扱いが難しいですよね。

怒ったり注意したりしてもプライドが邪魔して、改善するのが難しいのも問題です。

それでも、成長のきっかけを見つければ、少しずつよくなっていきます。

大切なのは諦めないこと、傷つきやすいプライドを尊重すること。

自分自身に当てはまっている場合は、能力に見合う自信をつけて、成長していってください。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。



▼おすすめ記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ