社会人としての常識がない人の特徴と改善方法を徹底紹介!

社会人なら常識が身についていて当然ではありますが、現実には常識がない人も少なくありません。

そこで今回は、社会人としての常識が欠けている人について、詳しくお伝えします。

どんな人が常識がないと思われるのか、反対に、常識がある人はどんな人なのかも併せて解説します。

改善する方法やおすすめの仕事もご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。


社会人としての常識がない人の特徴

まず最初に、社会人なのに常識がないと言われる人々の、具体的な特徴について詳しくお伝えします。

社会に出たのに全く常識が身についていない人に出会うと、驚きますよね。

反面教師として、ぜひチェックしてください。

挨拶できない

挨拶は社会人として以前に、人としてのコミュニケーションの基本です。

挨拶ができなければ初対面の人とまともに話すこともできませんし、顔見知りや職場の人とのコミュニケーションにも支障が出てしまいます。

挨拶でつまずいている人が、一人前として認められることはありません。

報・連・相を怠る

どんな仕事でも報告、連絡、相談は必要です。

これを怠る人はチームワークを生かすことも、組織の中で自分の仕事をやりきることも難しいでしょう。

報・連・相ができない人を周りがフォローすることも多く、自分では気づかないうちに非常識だと思われている場合もあります。

謝罪できない

人に迷惑をかけた時に謝罪ができない人も多いです。

意味もなくむやみに謝る必要はありませんが、自分に非があるのに「ごめんなさい」の一言が言えないのは社会人としてありえません。

こういったタイプは、謝らずにグダグダと言い訳をするため、余計に常識のなさが目立ちます。

お礼が言えない

人に助けてもらったりお世話になったりした時に、お礼が言えない人も少なくありません。

子供でもできることが社会人になっても身についていなければ、常識がないと言われるのも仕方がないことです。

感謝の言葉も言えない人を高く評価し、これからも助けてあげようと思える人は少数派でしょう。

非常識でいいと思っている

常識がないと言われる人は、非常識でも構わないと思っている人が多いです。

本気で常識的に振る舞おうと自制したり、お手本を探して学んだりすることもありません。

社会人としての常識がうざいと思っている節があり、好き勝手に行動してトラブルを起こします。



社会人としての常識がある人の特徴

非常識な人がいる一方で、常識的だと言われる人もたくさんいます。

社会的な常識が身についている人はさほど目立ちませんが、見た目から振る舞いまで、人々の模範となる存在です。

立派な社会人を目指している人は、ぜひお読みください。

TPOをわきまえている

常識的な社会人は、TPOを適切に判断し、その状況に合わせた立ち振舞いができます。

ビジネスシーンでは礼儀正しく、プライベートではフレンドリーに振る舞い、服装もシーンに応じて変えます。

これが自然にできる人は、人に好感を持たれやすく、良好な関係を築くことができるのです。

エチケットやマナーを守る

人前で失礼なことをせず、エチケットやマナーを守れるのも、常識的な人の特徴の1つ。

食事中や公共の場などの、場面ごとのルールを知っていて、そこで求められる適切な振る舞いができるのは、社会人の基本です。

人としての常識や品格が表れる、大切な要素とも言えるでしょう。

常に謙虚

どんなに有能でも、謙虚さを忘れている人は非常識だという扱いを受けます。

ましてや社会人として経験が浅かったり若かったりする場合は、なおさらです。

常識的な社会人は、どれだけ実績があっても自分を過大評価せず、人の話に耳を傾けて謙虚に学んでいく姿勢を崩しません。



社会人としての常識がない原因

普通に過ごしていれば、社会的な常識は少しずつ学んでいけるものです。

それにもかかわらず、常識が欠如している人が存在するのは一体なぜなのでしょうか。

それでは、社会人としての常識が身につかない原因に迫っていきましょう。

学ぶ機会がなかった

働くまで一通りの常識を学べなかったことが原因の1つです。

一般常識や社会のルールを知る機会がなく、無知な状態で働き始めることで「常識がない社会人」が生まれます。

家庭や学校で学ぶ人もいますが、環境に恵まれず基本的な常識すら知らないまま大人になる人もいるのです。

経験不足

社会人に求められる常識は、働いたりいろいろな経験をしたりして、身についていくものです。

そのため、経験が不足している人は常識が欠落しているケースが多いのです。

この場合は、社会に揉まれて人として成長していけば、いずれは常識が身につくことでしょう。

若い

若い人は社会経験が不足しているため、常識が身についていないことが多いです。

本人が常識的に振る舞おうと思って勉強していても、経験が浅いうちはなかなか上手くはできないものです。

最初は誰もが新人で荒削りな部分があっても当然なので、仕方がないことだと言えるでしょう。



社会人としての常識がないと言われた人の改善方法

この項目では、社会人になってから「常識がない」と指摘をされた人のために、具体的な改善策やアプローチをご紹介します。

人に指摘されても、どうすればいいのかわからない人も多いはず。

ここでは実践的な方法をご紹介しますので、参考にしてください。

自分の気持ちを優先しない

社会人として相応しい振る舞いをしたいのなら、自分の気持ちを抑えて、今するべきことは何なのか考えて行動しましょう。

常識を身につけるには、自制心を持つことが大切です。

社会人として期待されていること、今しなければならないことを考える癖をつければ、少しずつ成長できるはずです。

本やマニュアルを読む

非常識だと思われないためには、マニュアル通りに行動するのも大事なポイントです。

仕事でルールやマニュアルが決まっている場合は、熟読しましょう。

一般常識を知りたい場合は、本を読んで勉強するのがおすすめです。

そのシーンに合った適切な行動を取れるようになるはずです。

ルールを守って行動する

ルールを守るのも、常識がある社会人として当たり前のことです。

ルールを守れる人とそうでない人とでは、人に与える印象と信頼度は、天と地ほど差があります。

息苦しくても社会的なルールや会社の決まりに従っていれば、少しずつ周りからの評価が変わってくるはずです。

人の意見を聞き入れる

自分の考えや意見に固執せず、人の意見を柔軟に聞き入れるのも大切です。

自分で物事を考えたり決断したりするのも大切ですが、行きすぎると常識外れだと思われます。

相手の意見を尊重し、協調性を持つことで、社会のルールや一般的な感覚を取り入れるきっかけになることでしょう。

いろいろな人と関わる

自分と立場や年齢が異なる人とコミュニケーションをとり、関わりを持つのも効果的です。

会話を通して自分がしたことのない経験や、さまざまな考えを吸収することができます。

いろいろな人の言葉や思いに触れることが、社会人としての成長に繋がるのです。



社会人としての常識がない人に向いてる仕事

最後に、社会人としての常識が欠けている人に向く仕事を5つご紹介します。

常識がないからこそ、向いている仕事もあります。

あまり常識がなくても続けやすい仕事もご紹介しますので、仕事選びの参考にしてみてくださいね。

マニュアルが決まっている仕事

たとえば清掃スタッフや倉庫の管理など、細かくマニュアルが決まっている仕事なら、常識がなくてもやりきれるはずです。

マニュアル通りの手順に従って仕事をすればいいので、あれこれ悩む必要はありません。

指示通りに正確な仕事ができる人に、特に向いているでしょう。

単純作業

工場での組み立てやライン作業などの、複雑な業務がなく淡々と作業をこなしていく仕事もおすすめです。

単純作業は、社会人としての常識が求められることはあまりありません。

難しい仕事はなく、指示通りに同じ作業を繰り返すだけなので、根気がある人や真面目な人に向いています。

農業

1人で黙々と仕事をする、農業もぴったりです。

農業は基本的に全て自分で考えて仕事を進めていくため、マイペースに作業できます。

人とのやり取りも最小限なので、常識がなくてもあまり困ることはありません。

自然と触れ合うのが好きな人や、自分のペースで仕事をしたい人におすすめです。

クリエイティブな仕事

動画配信やイラストレーターなどの、クリエイティブな仕事もおすすめです。

常識に囚われないからこそ、人とは違う感性で魅力的なコンテンツを生み出せるパターンもあります。

もしクリエイティブな特技や強い興味があるなら、仕事と平行しながら始めてみましょう。

データ入力

パソコンスキルがあるなら、データ入力もおすすめです。

指示通りにデータを整理しながらひたすら入力していく仕事なので、常識があるかどうかは関係ありません。

作業の素早さや正確さを求められる仕事なので、仕事に集中して打ち込める人に向いているでしょう。



常識を身に付けたいなら謙虚でいよう

一度社会に出れば、通常は少しずつ常識を学んでいけるものです。

それなのに、なかなか常識が身につかず困っているのなら、自分の感覚に頼り過ぎているのかもしれません。

常識を学ぶには謙虚さを忘れず、人から学ぶ姿勢を持つのが大事です。

どうしても難しければ、自分に合った環境を探すのも1つ。

自分のペースでいいので、少しずつ常識を知って、成長していきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。



▼おすすめ記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ