仕事できない人に優しくできない…。原因と対処法を徹底解説!

仕事ができない人にイラついて、必要以上に辛く当たって、悩んでいませんか。

そこで今回は、仕事ができない人に優しく接することができない原因に迫っていきます。

気を使ったり優しくできないぐらい無能な人の特徴や、人に優しくするマインドの作り方と上手な対処方法も併せてお伝えします。

自分をコントロールし、上手く対応するためにも、最後までお付き合いください。



仕事できない人に優しくできない原因

仕事でミスしたり気が利かなかったり…そういう人に厳しくしすぎて優しくできないことってありますよね。

最初の項目では、なぜ優しく対応できないのか、原因を紐解いていきます。

自分のイライラや気持ちをコントロールしたい人は、読んでみてください。

期待値が高すぎる

他人に求めるレベルが高くなりすぎている可能性があります。

「自分だったらこのぐらいできる」そんな風に考えながら、相手に接していませんか。

これは優秀な人にありがちなパターンで、自分より低いレベルの相手にイラついて、ついバカにしたり攻撃したりします。

過去の自分と重ねてしまう

相手と昔の自分を重ね、必要以上に嫌悪感を抱いてしまうパターンも多いです。

人が昔の自分と似たような行動をしたり、同じ失敗をしたりすると、嫌な記憶がよみがえってくるのです。

特に、それで昔こっぴどく怒られた経験がある場合は、自分がやられたのと同じ対応をしやすいです。

指示が上手くできない

指示がスムーズにいかなくて、イライラするパターンも多いです。

わかりやすい説明や指示ができないせいで相手が失敗すると、自分の責任だと感じてプライドが傷つくのでしょう。

相手に対する不満と、指導力に欠けている自分への焦りから、冷たくしてしまうのです。

優先順位が違う

優先順位が食い違っていることで仕事が上手くいかず、苛立ってしまうケースもあります。

優先すべき仕事からこなしていくのは、社会人としての常識です。

その常識がなく、どうでもいい仕事を優先し、成果が上がらない人に、冷ややかな気持ちを向けてしまうのでしょう。

コミュニケーションが上手くいかない

意志疎通ができないせいで、相手に腹が立ってしまうこともあります。

お互いに言いたいことや気持ちが通じ合わないと、仕事は上手くいきません。

意志疎通ができない人が失敗すると、他の人より余計にイライラするので「仕事ができないやつだ」と冷たくしてしまうのでしょう。



優しくできないぐらい仕事できない人の特徴

優しさを失くしてしまうほど仕事ができない人が、いったいどんな人なのか、気になりませんか。

少し失敗したり、苦手な仕事があったりしても、大抵は我慢して優しく接しますよね。

具体的な特徴を5つご紹介しますので、ぜひお読みください。

プライドが高い

仕事でミスやトラブルをたくさん引き起こすのに、プライドばかり高いのが特徴です。

このタイプは自分のことは棚に上げて、人にマウントを取ったりバカにしたりしてしまいます。

人に迷惑をかけても平気な顔をしているので、余計に相手を苛立たせて嫌われてしまいます。

無責任

自分の行いや仕事に対して、責任を取ろうとしないのも特徴です。

任された仕事を最後までやり抜かなかったり、失敗した時に謝らなかったりします。

それどころか、人のせいにしたり誰かに面倒を押し付けたりするので、周囲の人に見放されてしまうのです。

やる気がない

仕事ができない以前に、やる気が見られないのも特徴です。

たとえ出来が悪くても、仕事に対する意欲や成長したいというモチベーションがあれば、許せる人は多いです。

しかしそもそもやる気がなく、何を言っても努力しない人に、優しくしてあげたくなる人はいません。

コミュニケーションが苦手

人と上手に喋れなかったり不快にさせたりする、コミュニケーションが苦手なタイプも多いです。

意思疎通ができないと、ただでさえ嫌われたり誤解されたりすることが多いです。

その上、仕事に必要な情報共有も上手くいかないので、余計に冷たくされるのでしょう。

自己管理能力が低い

時間や体調の管理が苦手な、自己管理が下手な人が多いです。

スケジュールに合わせたり目的達成のために行動したりできないため、まったく成果がでません。

今何をするべきなのか誰が見ても明白なのに、必要な行動をしないので、周囲の人を苛立たせてしまうのです。



仕事できない人に優しくできるようにするための考え方

無能な社会人にイラっとするのは、普通のことかもしれませんが、態度に出してしまうのは考えものです。

この項目では、仕事ができない人に冷たくせず、心穏やかに接する考え方をお伝えします。

いい関係を構築するヒントになれば幸いです。

相手の立場にたって考える

イライラする気持ちをグッとこらえて、相手の立場に立って気持ちや状況を判断してみてください。

そうすれば、相手が何を考えているのか、どんな行動をするのかが予測できます。

相手を理解することで、必要以上に怒りを感じなくなったり、上手く対処できたりするはずです。

サポートが必要だと割り切る

仕事ができないことや、態度の問題をひっくるめて、サポートが必要な相手だと割り切って考えましょう。

あなたにクビにする権限がないのなら、ある程度サポートして成長させた方が、結果的に楽になります。

突き放しても無駄だと悟れば、少しは気持ちも楽になるでしょう。

明快で適切な指示を心がける

仕事ができない人には、指示が的確に伝わるように考えましょう。

「このぐらい理解できるだろう」と思って、複雑でわかりにくい指示を出し、相手と意志疎通ができなくなるパターンは多いです。

私情を挟まず、物事を的確に伝えるようにすれば、必要以上にイライラせずに済みます。

自分や会社のためだと思う

どの会社にも仕事ができない人は一定数おり、仕事歴が浅かったり経験不足だったりするケースが多いです。

そういった人を見捨てずに優しく接することで成長し、少しずつ仕事ができる人材になっていくはずです。

ゆくゆくは会社や自分のためになると考えて、手助けしてあげましょう。

改善策を探す

相手の失敗や問題を改善する方法を見つけましょう。

適切なフィードバックは不可欠ですが、相手が理解できて、役立てることができる実戦的なものでなければ意味がありません。

あなたにとっての最善策ではなく、相手に何が必要なのかを見極めて、改善させる方法を探してください。



仕事できない人に優しくするための対処法

仕事ができない無能な人に辛く当たってしまう人は、自分のためにも対応を変える必要があります。

そこで最後の項目では、仕事ができない人にも優しさを持ち、穏やかに接する方法を3つお伝えします。

手軽な方法をお伝えしますので、試してみてください。

失敗を先読みする

仕事ができない人が失敗しそうな部分を予想して動きましょう。

仕事ができない人の尻拭いをするのは、誰でもイライラしますよね。

そのため、可能な限りミスを未然に防ぐことが重要です。

相手が苦手そうな作業や失敗しそうなタイミングを見極めて、先手を打ってください。

冷静さを保つ

無能な人を見てると、苛立って攻撃したくなるものですが、それは相手のためにも自分のためにもなりません。

仕事ができない相手にこそ、常に冷静さを忘れずに接することが大事です。

落ち着いていれば感情的に相手を侮辱したり攻撃したりすることなく、優しく接することができます。

相手のいいところを見つける

相手の性格や能力の長所を見つけると、好感を持てるようになります。

相手の強みやよさを知ることで、仕事がやりやすくなったり、今までにはない魅力がわかったりするからです。

ネガティブな面だけにフォーカスするのではなく、いいところも見て、上手に付き合っていきましょう。

コミュニケーションを取る

効率的に仕事を進めるために、積極的にコミュニケーションを取りましょう。

何気ない会話から、お互いに理解が深まり、親しみを持ちやすくなるのもメリットです。

嫌な相手でもコミュニケーションを取るうちに苦手意識がなくなり、優しい気持ちでいられるようになります。

自分を成長させる

自分が好きな人や仕事ができる人に優しくしたりひいきしたりするのは、ある意味当然のことかもしれません。

しかし、それが自分のためになるとは言えません。

むしろ、仕事ができない人に優しくしてこそ、自身の人間性や指導力が磨かれて、成長できることでしょう。



能力不足な人にも穏やかに接して効率よく仕事をこなそう

能力不足だったり判断力が乏しかったりする人には、ついイラッとしますよね。

しかし、イライラや嫌悪感をぶつけてもあまり効果はなく、最悪の場合、心を病んで仕事どころではなくなります。

仕事をスムーズに進めるには、そういった人にも穏やかに接して、上手くコミュニケーションを取る必要があるのです。

嫌な気持ちをコントロールして、上手にアプローチしていきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。



▼おすすめ記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ