創造性が豊かな人の特徴とは?創造性を養う方法をご紹介!

あなたは創造性がある人でしょうか。

創造性が少しある人と、豊かな人とではその人の価値がまるっきり変わってきます。

もちろん創造性が豊かな人の方が自分のためにも人のためにも貢献できるでしょう。

そこで今回は、創造性が豊かな人の特徴や創造性を養う方法ついてご紹介します。

【目次】



創造性の意味とは

 

創造性とは、他の人にはない発想ができることです。

創造とは物事を創り出すことです。

つまり、その生み出したアイデアによって問題が解決したり、明るみになっていないトラブルなどを事前に発見ができることにつながります。

 

創造性が豊かな人の特徴

 

先入観や既成概念にとらわれない

 

何か新しいやり方や物ごとを自分の力で生み出そうと思った時、その足かせになるのが先入観や既成概念でしょう。

たとえば、自分の担当している仕事のやり方を変えてみようかと考えたとしましょう。

その際、これまでやってきた仕事のやり方にとらわれてしまい、「この仕事はこうやるものだ」という先入観を持ち続けたままでは、新しい方法を生み出すことはできません。

やり方を変えようかと思っても、既成概念にとらわれている限り、現状を変えることはできないのです。

先輩や上司に言われた通りの仕事のやり方を、何年たっても変えずに続ける人がいますが、そういう人は定められた思考の枠から逃れることができないのです。

創造性豊かな人は違います。

一つの仕事をやりながら、「もっとちがうやり方はないだろうか」と思った時、これまでのやり方を一度ゼロベースで見直すところからスタートします。

ゼロベースにするのですから、そこに先入観や既成概念の入る余地はありません。

最初から独自に思考をスタートするため、自分の力で新しい方法を生み出すことができるということになるでしょう。

先入観や既成概念にとらわれたり、決まった思考の枠に縛られることがないというのが、創造性豊かな人の特徴なのです。


チャレンジ精神がある

 

たとえば、何か新しいベンチャー企業を立ち上げることを思いついたとしましょう。

創造性豊かな人は、人の考えないような新しい発想をすることができますから、新分野の仕事を開発することもめずらしくありません。

しかし、新しい仕事の分野を思いついたとしても、「うまく行くかな。リスクが大きいかもしれない」と考え、「やっぱりやめておこう」と判断したのでは、そのアイディアは頭の中だけで終わってしまいます。

そういう人を、真の意味での創造性豊かな人とは言えないでしょう。

人から、「あの人は創造性が豊かだね」と称賛される人は、頭の中で思いついたことを、実行、実践できる人なのです。

何か新規の事業を思いついた時、それを実現し、成功させるためには何が必要なのか、どうすればいいのか熟考します。

その上で、最終的に「よし、やってみよう」と決断できるのが、真の意味の創造性豊かな人と言っていいでしょう。

そこにあるのは、チャレンジ精神です。

リスクを想定し、その対応策を考えてから事業をスタートさせても、結果として失敗してしまうかもしれません。

それをわかった上で、それでも自分の思いついたことを実行に移すだけのチャレンジ精神を持っているのが、創造性豊かな人なのです。


情報収集能力が高い

 

創造性豊かな人は、空想から新しいことを思いつく能力に優れています。

自分一人で黙考し、想像を膨らませていくことで、新しいことを創造するのが得意なわけですが、よほどの天才でない限り、まったく何もないところから新しいものを創造することはできません。

何かのヒントがあって初めて、新しいことを生み出すことができると考えていいでしょう。

そのヒントになるのが、外部からの情報です。

創造性が豊かな人は、常に高いアンテナを持っています。

その高いアンテナによって、外部から新しい情報をどんどん収集し、吸収し、自分のものにしていくのです。

たとえば、自分の仕事とは、一見何の関係もなさそうな情報が入ってきたとしましょう。

アンテナの高い創造性豊かな人は、そういう情報にも目をとめ、何かのヒントにならないか考えます。

そして、実際に、一見無関係に思えるような情報から、自分の仕事に関する新しい発想を得ることが少なくありません。

また、複数の情報を組み合わせることによって、新しい発想を生み出すということもあります。

いずれにしても、外部からの情報が発想のきっかけになることが大変に多いのです。

それを知っているため、情報収集を怠らないのが、創造性豊かな人の特徴ということになるでしょう。


創造性が必要な仕事

 

イラストレーター

 

創造性が必要な仕事として、イラストレーターがあげられます。

イラストは、何の特徴もないものにでも華と個性を与えてくれます。

また、文字だけではとっつきにくいものや、売り物など中身がよく分からないものを身近に感じられたり好ましく感じられる効果があります。

子供向けのお菓子などもカラフルな絵が用いられ好奇心を誘いますし、子供は文字だけの本よりイラストがある絵本が好きなことが大半ですよね。

写真やCGがない時代から現在に至るまで、イラストは人々の心を掴んで離しません。

しかし、イラストに個性が無ければこういった効果は得られません。

たとえばネズミのイラストが全て同じであれば、そのイラストが入ったものに対して印象深く感じたりはしませんし、馴れて可愛いとも思わなくなるでしょう。

人々の心を掴むためには、イラストに個性が必要なのです。

人の書いた絵を真似するだけでは個性のある絵は描けないでしょう。

なぜならば、人は見たことのあるものには感動や衝撃が薄れてしまうものだからです。

もちろんイラストレーターは仕事ですから、上手に絵を描けなくてはいけません。

しかし、それだけでなく個性を生み出す創造性も持ち合わせていなければ、人々の心を掴むイラストは描けないと言えます。


作家・シナリオライター

 

創造性が必要な仕事として、作家・シナリオライターがあげられます。

作家やシナリオライターは様々な媒体にわたりますが、物語を作ることを仕事にしています。

作家やシナリオライターが関わる小説や漫画やアニメ、テレビドラマや映画などは、様々なストーリーで人々の目を釘付けにします。

視聴率のいいテレビドラマや、ブームになる映画などは総じて個性があり、人々の心を惹き付けています。

もちろん個性だけあれば面白いと評価されるという訳ではありませんよね。

面白いと感じさせるためにストーリーを作るには、人の心理を理解してストーリーに組み込んだり、ストーリーの構成力といった様々な技術も必要でしょう。

しかし、たとえ良い話でもどこかで見たような話だったり展開が簡単に読めてしまうストーリーには人はあまり興味を抱きません。

この先どうなるんだろうと人をワクワクさせるためには、やはり既存のものと似たようなストーリーでは難しいのです。

大ヒットした映画や小説を真似ても、人の心は移り変わるため、同じように感動させることは無理です。

もちろん、全く既存のものに影響をうけないものを作り出すのは不可能に近いのですが、人々を楽しませるには独特の持ち味が必要です。

そのため、作家やシナリオライターは創造性が必要な仕事と言えます。


デザイナー

 

創造性が必要な仕事として、デザイナーがあげられます。

一言にデザイナーといっても様々な職種がありますが、どの職種でも人の心を掴む個性を求められますから、創造性が問われるのは間違いありません。

もちろん、人の心を掴むには個性だけあっても成り立ちません。

ニーズに応えたり好ましいとされるものを作り出すことは、個性よりも分析や観察といったものの作用が大きいでしょう。

たとえば、洋服などのデザインは、いくら個性があっても魅力的でなければ評価されないものですよね。

いくら個性的で斬新でも着たくないと思われてしまっては、デザインした意味もなくなってしまうからです。

これは趣味でデザインした訳でない限りは、ほとんどの業種に言えることでしょう。

しかし難しいのは、人は個性的過ぎても敬遠し、同じものに対しても飽きたり魅力を感じなくなるところです。

つまり個性的なものに惹かれる人もいれば、敬遠してベーシックなものを好む人も少なくないということです。

ベーシックなものはシンプルで変わらない良さというものがあります。

ただし、これは常に新しいものが生まれるからこそベーシックなものが評価されるという面もあります。

新しく個性的なものがなければ、人は退屈してしまうのです。

そのため、デザイナーは個性的でしかも人々の心を掴むものを作り出さなくてはいけないため、創造性が必要な仕事と言えますね。


創造性を養う方法

 

興味のあることに挑戦する

 

これまでの経験から良し悪しを判断し、知らないうちに固定観念に捉われて個性を失ってしまいがちな現代人です。

創造性を失ってしまうのは、無意識のうちに万人受けするものこそ万全であると考えてしまうからで、社会生活を送る中でどんどんクリエイティブな能力を封印してしまうというかたは少なくありません。

子供の頃はもっと自由な発想を持ち、いろいろなことに挑戦したというかたは多いでしょう。

しかし、大人になるにつれて自分の行動や発想に自分で制限をしてしまいがちなのです。

まずはそういった封印を解き、興味のあることに何でも食指を動かし、積極性を持っていろいろなものに挑戦してみることをおすすめします。

休日はダラダラとテレビばかり見ておらずに美術館や博物館に足を伸ばして芸術に触れてみたり、面白そうな本を片っ端から読んでみたり、知らない場所に行ってみたり習いごとを始めてみたり、楽しそう、面白そう、そう感じたものにたくさん触れてみることで脳が刺激され、さまざまな閃きを得るきっかけ作りをすることができるのです。

こうではならない、こうするのが正解という観念を破り、発想の土台を作るための準備をしましょう。

 

ネタ帳を持ち歩く

 

アイディアというのは何でもない瞬間にパッと思いつくものですが、特に意識をしていなければ、頭に浮かんだ瞬間に少しずつその考えは霧散していってしまいます。

実は、せっかくの貴重な発想が気がつかないうちに失われているということが珍しくないのです。

創造性を養うためにそのちょっとした考えを吟味し、肉付けしてしっかりと形作ることができるように、何でもメモできるネタ帳を持ち歩くようにしてください。

ハッとした時にペンとメモ帳を取り出して書き出しておく、この行動を習慣にしておくと、ここから思いもよらない創造力が生まれることがあります。

また、自発のアイディア以外にも雑誌や新聞などを読んでいて興味を引かれた事柄があったらメモをしたり、切り抜いてファイルをしておくというのも発想の役に立ちます。

たとえ思いついたことがオリジナリティのないものであっても、そこからどう面白いものにしていくかを考えていく時間を作ることが大切なのです。

創造性豊かな人は、何でもないアイディアと他者からのインスピレーションによる影響を重要視しています。

思いつきを疎かにしないことです。


ジャンルを問わず人と話しをする

 

創造性のあるなしを才能によるものだと考えている人も少なくありませんが、いろいろなものに触れる機会を自ら作ってさまざまなものを吸収し、アウトプットする努力ができるかどうかが鍵です。

特に、ちょっとしたアイディアというのは他者との会話の中に隠れていることも少なくないため、創造性を養いたいと考えているのであれば、さまざまな人と話しをするように意識をすることもポイントになります。

同性、同世代、家族、気がついたらそうした人ばかりといるということが少なくありませんから、異性、子ども、年配者、初めて会った人など、普段なかなか接することがない人ともチャンスさえあれば自分から会話をするようにして、その人達の物の見かたや考えかたに接してみるのです。

違った視点で物事を見る人の意見は、凝り固まった思考を柔らかく解すきっかけになります。

そこに、元々自分が持っていた情報と合わさり、思いもよらない化学反応を引き起こすこともあるのです。

昨今、インターネットなどを駆使すれば交友関係を広げるのはそう難しいことではありませんから、幅広い人達とコミュニケーションを取るように心がけていってください。

 

創造性を鍛えよう

 

いかがでしょうか。

創造性を、豊かにすることで得られるメリットはたくさんあります。

アイデアがたくさん浮かぶので、他の人にはない発想につながることが多いです。

つまり創造性があることで、その他大勢の一人から唯一無二の存在になれるのです。

仕事でも重宝されますし、要求が通りやすくなります。

なぜならその人しかできないからです。

これが需要と供給のバランスです。

ほとんどの人は自分の頭で考えることはせず、誰かの言いなりですよね。

なので、創造性が豊かな人が貴重な存在になるのは至極当然のことと言って良いでしょう。

創造性を鍛えることであなたの存在に価値がでます。

これはかなり大きなメリットなので意識しておきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク