使えないパートの特徴は?優秀なパートだと思われる方法も徹底解説!

パートが使えないと、本人が困るだけでなく、周りにも迷惑がかかりますよね。

単純に役に立たないばかりか、人の足を引っ張ってしまい、短期で辞めさせられることも珍しくありません。

そこで今回は、使えないと思われるパートについて深堀りします。

自分が使えない人材じゃないか不安な人や、デキるパートを目指している人は、ぜひ最後までお読みください。



使えないパートの特徴

「全然仕事できない」「使えなくて困る」そんな風に思われる人には、共通の特徴があります。

最初の項目では、そんな風に会社のお荷物になっている使えないパートの特徴を10個お伝えします。

使えないと言われる理由を、紐解いていきましょう。

社交性がない

働く以上は、周りと協力しながら作業を進めなければいけませんが、社交性がない人にとって、それはとても難しいことです。

そういうパートは職場で孤立しやすく、仕事が上手く回せません。

人とコミュニケーションを取る努力をせず、独断で動くことが多いため、余計に反感を買います。

やる気がない

適当に仕事に取り組んだり生産性が低かったりするため、使えないと言われがちです。

「どうせパートだし」と手を抜いている人は、雇用する側からすればただの給料泥棒です。

目の前のことに真面目に取り組んでいれば
少しずつ成長していくので、コツコツ働きましょう。

報・連・相ができない

社会人としての基本である報告・連絡・相談ができないと、ダメなパートだと思われます。

たとえ人当たりが良くても、情報共有をおろそかにする人は、必ず上司や同僚に迷惑をかけてしまいます。

仕事を確実に、効率よく進めていくためにも、社会人としての常識をしっかり守りましょう。

機転が利かない

仕事に必要な基本的な判断力は、真面目にコツコツ働いていれば必ず身につくものです。

しかし、どんな仕事でも想定外の出来事は起きてしまうもの。

そんな時は機転を利かせて落ち着いて対処する必要がありますが、それができない人は使えないパートと言われます。

覚えが悪い

仕事を教えられてもなかなか覚えられなかったり、すぐに忘れたりする人は、低い評価をされます。

パートやアルバイトでも、覚えることはたくさんあります。

細かいルールもしっかり把握しておかないと仕事が滞るため、覚えが悪いとデキない人と認定されてしまうのです。



任された仕事をやりきれない

任された仕事を最後まできちんとやり遂げられない人は、デキが悪いと思われます。

パートと一口に言っても、対応するべき仕事は数多くありますよね。

しかし、その中でも基本的な業務や頼まれたことをやり通す能力がない人は、パートとしての存在意義を問われてしまうでしょう。

シフトの融通が効かない

土日は完全休みなど、積極的にシフトを埋める気がないパートは評価が低いです。

パートを雇う側は、ある程度柔軟に働いてくれる人材を確保したいと思っています。

そのため、シフトに空きが出た時に一切埋める気がないパートは、雇用側の期待に応えられない使えない人だと言われるのです。

メンタルが弱い

上手くいかないとすぐ落ち込んでしまうメンタルが弱い人は、デキないパートに多いです。

働いていると、乱暴な言葉を使われたり、横柄な態度を取られたりして、嫌なこともたくさん経験します。

そんな時も淡々と仕事をこなせる精神力がないと、パートは務まりません。

人間関係のトラブルが多い

人に嫌がらせをしたり、もしくは誰かにいじめられたりする、対人関係のトラブルが多い人も無能のレッテルを貼られます。

ただでさえ仕事が大変なのに、人間関係でトラブルを起こされると、周囲にとっては迷惑です。

優秀なら別ですが、能力が人並みかそれ以下の人は、特に低く評価されます。

仕事への責任感がない

仕事に対する責任感が薄く、真摯に取り組む姿勢が見られない人も多いです。

パートの中には、適当に仕事を流している人もおり、成果がでなくてもミスをしてもまったく気にしません。

そういう人は周りから信用されないばかりか、会社全体の信用も落としてしまいます。



優秀だと思われるパートの特徴

優秀な人は、仕事ができない人との差が歴然ですよね。

そこでこの項目では、仕事をてきぱきとこなし「あの人って有能だよね」と思われる
パートの特徴にフォーカスします。

仕事ができる人を見習い、成長したい人は必見です。

自分で考えて動ける

指示通りに仕事をするだけではなく、自分で考えて行動や判断ができる人は優秀です。

仕事を教える側も、イレギュラーなことや、基本的な仕事以外の細かいことまでいちいち指示していられません。

パートが自分の頭でしっかり考えてスムーズに仕事ができると、周りもかなり助かるでしょう。

ミスが少ない

優秀なパートは仕事でミスをすることはほとんどありません。

そのため、一緒に働いている人もストレスがなく、スピード感を持ってスムーズに仕事に取り組めます。

与えられた仕事をこなすだけでなく、自分なりに工夫をして合理的に仕事を進めるため、無駄もミスも少ないのでしょう。

てきぱき動く

できる人は動作の一つ一つが早く、てきぱき働きます。

頼まれた仕事をサッと終えて、さらに仕事を見つけて先回りします。

ミスやトラブルを未然に防いでくれることも多いです。

余った時間で雑用などもこなしてくれて仕事が捗るため、同僚からも上司からも高く評価されています。

対人トラブルが少ない

優秀なパートは誰かをいじめたり、嫌がらせをされたりして、対人トラブルを起こすことはあまりないです。

仕事ができると、人から文句を言われることも、人の足を引っ張ることもほとんどないため、トラブルが起きにくいのでしょう。

さっぱりした性格の人が多いです。

やる気がある

できるパートは仕事に対して意欲的で、どんどん成長していきます。

やる気があると新しい知識や情報を吸収しやすいので、経験を積めば積むほどスキルアップしていくのです。

工夫して効率を上げたり、急なシフトの空きを積極的に埋めたりして、期待以上の働きをしてくれます。



使えないパートだと思われないために絶対に意識するべきこと

パートとして働くなら、職場で無能扱いされたくありませんよね。

そこで最後の項目では「無能」「使えない人」と言われないために、絶対に押さえておくべきポイントをお伝えします。

デキるパートを目指して、一歩踏み出しましょう。

まずは基本に忠実に

無能と言われたくなければ、まずは仕事の基本を守り、任された仕事をきっちりこなしてください。

どんな仕事も、適当に取り組むとミスをしたりスピードが落ちたりします。

無能と言われたくなくて、自分にできる以上の仕事を引き受けたり優秀ぶったりするのは厳禁です。

意欲を見せる

無能なパートの中でも、やる気がない人は最底辺の存在と言えます。

もちろん並外れて仕事ができれば、やる気がなくてもある程度許されるでしょうが、そうでなければクビになりかねません。

何の作業でもできるだけ正確にテキパキとこなして、雑用も積極的にやりましょう

努力や工夫を癖付ける

仕事ができるようになるために、努力したり、効率を上げるために工夫したりする癖をつけてください。

何の努力も工夫もなく仕事がバリバリこなせる人は、そうそういません。

たとえ失敗しても諦めずに、ミスを減らす方法や、早く仕事を終わらせる方法を考えましょう。



年齢は関係ない!使えないレベルから脱却しよう!

仕事ができない人や、ブランクがある人がパートをすると「使えない」と言われがちです。

たとえ迷惑をかけている自覚があっても、そんな言われ方をすると嫌な気持ちになり、自信もなくなりますよね。

しかし、使えないままでは、自分のためになりません。

自分の至らない点を見直したり、優秀な人を見習ったりして、少しずつでも着実に成長していきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。



▼おすすめ記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ