頭の回転が遅い悩みを改善する方法6つ

あなたは頭の回転が遅い悩みを抱えていないでしょうか。

相手の言っていることが理解できない、行動がモタモタしてしまう、要領が悪いなど、トラブルが続いたりすると周りからウザイと思われたり、イライラさせてしまうことになります。

できることなら早急に改善したいところですよね。

そこで今回は頭の回転が遅い悩みを改善する方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


頭の回転が遅い悩みを改善する

 

まずは周りをよく見ることから

 
本当に自分はダメだ、頭の回転が遅い…と悩んでいる人の多くは、視野が狭いものです。

誰だって初めからなんでもこなせたわけではないのです。

まずはいろんな失敗を乗り越えてきた上司や先輩の動きをよく見てみてください。

人それぞれ、いろんな方法論をもって仕事をしていることがわかることでしょう。

それらを吸収する努力をしてみること、場合によっては直接質問をしてみることで、仕事上の悩みはほとんど解決できるはずです。
 

自分の悩みを具体化する

 
上司や先輩、時には同期からさえ、見たり聞いたりして盗める範囲のものはいただいたけど、やっぱり彼らとは何かが違うみたい…と、また悩み始めてしまった時には、あなた自身の知識量を増やしましょう。

現状のあなたには何ができないのか、どうしてできないのか、できる人はどうやっていたのか、そうした悩みと解決策の具体的なケーススタディを集めてフォローすることが有効です。

そんなあなたの努力に消極的な上司や先輩は少ないはずです。

忙しくない時期を選んで、じっくり話をしてみてください。

質問をするためには、相手にあなたの悩みが伝わりやすくなるように、できるだけ具体化して話すのがコツです。

スポンサーリンク


それでもダメなら環境を変える

 

いろいろがんばってみたけど、どうも上司も先輩も非協力的だし、いい加減滅入ってきてしまった…というあなたには、その環境はあまり向いていないのかもしれません。

だからと言って一足飛びに転職などという結論に飛びついては、損をする可能性が高いのはあなたです。

まずは社内での配置換えを願ってみましょう。

あなたのことをそばで見てきた上司には、あなた自身は気づけなかった意外な強みを把握していることもあります。

そんな強みを活かせる場所に行きたいというあなたの願いを妨げることもないはずです。

どうしても無理だと感じたら、まずは上司に相談して新天地を選んでもらうとよいでしょう。

 

余計なことを考えない

 

会社で決断の早い人は意外にも「上司」だったりします。

頭の回転が早いから出世したのか、出世したから頭の回転が早いのか、という疑問が残ります。

ある程度の地位にいると、社内での人脈が広かったり、フォローの仕方を知っているので自分の方針が間違えていても「どうにかする」ことができるのです。

社内で地位の低い人はあちこちに気を使わなばならず、一つ何かに判断を下さなければいけない場合、根回しや後の始末など煩わしいことが付きまといます。

「失敗」の二文字が頭に浮かんでしまうと恐怖感から素早い決断もできなくなるものです。

失敗や社内の評価など余計なことを考えず「ダメでも何とかなる」と腹をくくるだけで思考回路はクリアになり処理能力も向上します。

スポンサーリンク


好きになりきる

 
自分の仕事を趣味のように「好きになりきる」ことで頭の回転は早くなります。

記憶力は勿論上がりますし、判断能力も向上します。

人は趣味に高じる時にその対象の性質、特徴、仕組みなど根底の部分から全てを知ろうと努力します。

料理が好きなら材料、道具、値段、歴史、名人の名前、一流、二流の判断などあらゆることを知ろうとし、物凄い勢いで知識と技術を吸収します。

この時その人の頭の回転は他人から見ると、信じられないスピードど回転しています。

これを会社の仕事に置き換えればある意味でそれは「理想」の取り組み方なのです。

仕事も同じようにすれば努力を努力とも思わずに様々な事項を吸収し、素早い判断を下せるようになるのです。
 

選択肢を絞る

 
頭の回転が早いこと=頭が良い、ではありません。

多少はそういう部分もありますが、世紀の発見や発明をした人達全部が頭の回転が早い人ではないのです。

脳科学には「集中力」と「拡散力」という言葉があります。

集中力はいわゆる計算の早い人の能力であり、拡散力とは一見ボーっとして判断も遅いように感じる人の持つ潜在能力です。

誰も考えつかないような新発想をする人は後者の方に多く、世間では誤解され気味です。

容易されていた答えがAとBしかない場合は誰でも瞬時に判断を下せますが、A、B、C、D、E・・と何十個もの答えを選択肢にしてしまうと当然回転は悪くなります。

頭の回転が自分で遅いと悩んでいる人は意外にも拡散力が強く、選択肢を多く持ちすぎているのかもしれません。

何か早急に判断を下さなければいけない時には、先に数個の答えを絞って用意する習慣をつけておくことで素早い判断ができるようになることもあります。
 

頭の回転が遅い悩みは早めに改善しよう

 
いかがでしょうか。

頭の回転が遅いという悩みを抱えている人は、絶対に改善できないと思い込んでいる傾向があります。

しかし、人は常に変わる生き物です。

これは頭の回転も例外ではありません。

頭の回転が遅い原因は今の環境かもしれませんし、人間関係かもしれません。

その原因や理由を見つけるのはしっかり向き合わないといけないので、難しい部分もありますが、それを取り除くだけで一気に改善できることがあります。

多くの場合は環境によるものなので、どうしても頭の回転が遅い悩みが解消されない場合は、思い切って環境を変えてしまいましょう。

仕事であれば転職したり、異動願いをだすことで、あなたが持っている本来の力を発揮することができる可能性がグッと高まります。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク