自己主張が強い部下の対処法9つ

あなたの周りに自己主張が強い部下が一人や二人ぐらいはいないでしょうか。

これが、ゆとり教育の結果なのか?そうやって頭を悩ませているあなたの気持ち、よくわかります。

世代も違えば価値観も違うので、「昔はこんなことなかった」「こんなはずじゃなかった」「どうしてうまくいかないんだ」ということもたくさんありますよね。

そんな中でも「自己主張が強い」「自分の話を聞いてくれない」部下をどうしていいかわからないものです。話を聞いてさえくれればちょっとずつでも改善していってくれるけど、そうじゃないと大変です。

だからといって関わらないようにしても、自己主張が強いからどこかに悪影響を与えかねませんよね。なので、早く手を打ったほうがみんなの不満も爆発しないで済みますよね。

そこで今回は自己主張が強い部下の特徴をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


自己主張が強い部下

 

部下の主張の根拠を聞きいてみる

 

例え上司であってもその指導内容がいつも絶対的に正しいとは限りません。

自分の指導に対して反論や意見を主張してくる部下がいた場合には、その意見を頭ごなしに否定せずに、まずはその部下の意見をすべてヒアリングしてみましょう。

なぜのそのような主張に到ったのか、また、その主張を実行した場合にどのような経緯で結果を得られることができると想定されるのかをポイントに部下に説明をさせてみましょう。

もしかしたら、その部下の主張が正しい場合があるかもしれませんし、また、部下があまり考えずに主張をしていた場合そのことが露呈され、部下に根拠を考えることを促すことできます。

 

指導する根拠を理論的に説明して意見を促す

 

部下といえども全面的に上司を信頼して上司の言うことを全て信じてくれるケースは少ないでしょう。

よっぽどの信頼関係があって部下から尊敬されていれば別ですが、そのような部下は自分の主張を上司にしてくることは少ないと言えるでしょう。

部下に何かものを指示したり指導をする場合には必ず、「なぜそのようなことをしなければいけないのか」「それをすることによってどのような効果・結果を得ることができるのか」を理論的に説明することが必要です。

もちろん、事実ベースで説明することも重要ですが、経験値のある自分だからこそ言える実績をベースにした説明でもいいでしょう。

スポンサーリンク


事前に指導をした上で放置して仕事をさせてみる

 
仕事やタスクの前に十分に説明や指導をしてもなお、自分の意見ややり方を主張してくるような部下の場合には、思い切ってそのまま仕事をさせてみるのもひとつの対処法といえるでしょう。

無理やり思い通りにやらせても部下としては、「やらされている」という印象を受け、根本的に指導することができません。

会社の致命的な実績ダメージにならなければ、実際に部下にその主張のとおりにやらせてみて失敗を経験させてみましょう。

クライアントに迷惑がかかる手前や自分がフォローできる程度のところで指摘をして上司である自分がリカバリーしなければいけないため、手間はかかりますが、部下は自分の失敗を痛感することができますし、上司と部下の信頼関係を気づくこともできるでしょう。
 

自己主張が強い部下と理解を一致させる

 
自己主張が強い人には大きく二通りのタイプがいます。

ます一つは[それが普通だと思っている]タイプの人、もう一つは[そうしなければいけないと思っている]タイプの人。

一つ目のタイプの人は、自己主張を強く持っていることを普通だと思っており、それで人間関係をやってこれた人です。そのため、「周りが嫌な思いをしている」ということに気づいていません。

まずは、「本当はどう思っているのか?」ということを正直に話すことが大事です。

この際必要なのは人格否定しないこと。これは「否定するつもりがない」と口で言えばいいのではありません。少なくとも「こうなってしまったのはあなたの故意ではない」ということを言ってあげることはしてください。

二つ目のタイプの人は、自己主張を強く持たなければいけないと思っています。その裏側にあるのは恐れです。両親か、学生時代か、はたまたよくわからない雑誌や記事を読んでしまったのか。

なんであれ、そこに義務感を持っています。なので、そこはしっかりと正してください。

スポンサーリンク


自己主張が強い部下には譲歩しない

 
話をしっかり聞いてあげるのは確かに大事なことですが、相手の主張を通しすぎると恐れが甘えに変わります。

そのため、ダメなこと、どうやっても通らないことは通さないでください。

それで悪口を言われたとしても、周りのスタッフはみんなあなたの正しさや努力を分かっています。郷に入らば郷に従え というように主導権はあくまでこちらにあることを忘れないでください。
 

クビにする

 
それでもダメな時はさっさとクビにしましょう。

確かに採用コストはかかったでしょうし教育のためのコストだって決して安くはありません。

それでも、今まで頑張ってくれた同僚に耐え忍んでもらうのにも限界があり、そのせいで組織が壊れてしまっては元も子もありません。
 

なぜ自己主張が強いのか理解する

 
自己主張が激しいのは、負けず嫌い、自信家、世間知らず、羞恥心の欠如、やる気と自己主張が同義と勘違いしているなどのケースでおきます。

世間や社会を知れば、自己主張はそれほどしなくなるものです。自己主張が強いと言うのは、正にまだ世間を知らない、社会を知らない未熟な人間の行為です。

未熟な人間には未熟な人間へ対する対し方があります。但し、これは現代社会ではパワハラ、モラハラだとか定義のハッキリしない言葉に振り回される行為です。

とは言え、こういう人を放置しているのは、業務にも支障が出るだけでなく、本人とっても良い事とは言えません。ここは、何を言われようが、思われようが、心と意志を強く持って臨むのが良いでしょう。

スポンサーリンク


自己主張が強い人間は社会的正当性があるわけではない

 
例えば、最近の若い人で自己主張の強い人は、仕事に関して仕事とプライベートはキッチリ分けますので、なんて主張をする人が多いのですが、これは自己矛盾に陥っていることなのです。

そもそも、働くと言う行為は会社の為にしている行動ではなく、自分自身の生活や生きる糧の為にしている行為です。

仕事そのものが、言ってみれば極めてプライベートな理由から行っている行為にも関わらず、それをキッチリ分けると言う言動は仕事すら出来ないと言う事になるのです。

仕事とプライベートを分けると言う主張は、本来「プライベート重視ですから」と言うことと同義でしかないのですが、主張が強い人間には理解出来ません。

また、自己主張が強い人の論理は飽くまで自分本位です。

自分に権利や権限だけは守る、だが義務は最低限でしか果たさないし、その義務の果たし方の基準も自己診断で行うと言うのが彼等の論理なのです。

しかし、ここに社会的正当性は、全くと言っていいほどありません。むしろ反社会的とでも言える主張なのです。
 

自己主張が強い部下の鼻っぱしらを折る

 
こういう人物に遠慮はいりません。人間性や、これまでの人生を完全に否定して出鼻を挫くことがベストです。

正しい主張や、正しい行いも多少あるでしょうが、そこは全く無視して、全否定するのです。

自己主張が強い人間は芯も強いと思われがちですが、実は間逆である場合が多いのです。

自分に自信がなく、一本筋が通っていないから、強い自己主張で武装しているに過ぎません。よって、この様にボキっと自身の全てを折られると全く対処が出来ない人が多いのです。

もちろん、この方法では消え去っていく人も多いでしょうが、使えない自己主張だけの人間を身近に置いておくより、去ってくれたほうが双方のためとも言えます。

この方法をやって、それでも残る人物は見込みがありますし、主張の是非はともかく、主張するだけの権利が多少はあると認めてあげることも出来ます。

逃げる人間は、その資格すら有していない事を自分で気付く事すら出来ない人物なので、今後も同じ失敗を繰り返すでしょう。

ただ、最も大切なのは、それを行う自分自身がどれだけ自分を律し、どれだけ自分に厳しく生き、言葉でもそういう手合いに負けない気概を持っているかが必要なのです。
 

自己主張が強い部下には遠慮しない

 
いかがでしょうか。

自己主張が強い部下には、つい言いなりになってしまう上司も少なくありませんが、それは一番やってはいけないことです。

それでは組織というものが壊れてしまいますし、周りの人を混乱させてしまうきっかけにもなります。

組織よりも個人が大事だ!と考えている人は、さっさと会社を辞めればいいだけの話なので、わざわざお互いが身を削って話すようなことではありません。むしろ時間の無駄だと言えるでしょう。

なので、とにかく遠慮はしないことです。それが最も効果的な自己主張が強い部下への対処法です。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク