器用な人の仕事の仕方6つ

器用な人の仕事の仕方とはいったいどのようなものなのでしょうか。

器用な人と不器用な人とを比較すると仕事の進め方や効率などが大きく変わり、最終的には成果にも大きな影響を与えます。

成果が変われば評価も変わるのが当然ですよね。

そこで今回は器用な人の仕事の仕方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


器用な人の仕事

 

器用な人は仕事のスケジュールをしっかりと立てる

 
仕事が器用な人は、特に複数の仕事をこなさなければならないようなケースでは、まず仕事に優先順位をつけます。

仕事は与えられた順番にこなすのではなく、緊急性が高く重要性が高い仕事を最も早く対応すべき仕事である事を知っているのです。

仕事の優先順位がつけられたら、仕事をこなす上で最も重要な事のひとつである、納期を守るために、スケジュールを引いていきます。

この作業が終わってはじめて、仕事に取り掛かります。従って、器用な人が仕事を受ける場合には、仕事の依頼を受けるときには必ず緊急度と重要度を確認してすすめています。
 

自分自身の仕事のキャパシティを知っている

 
器用に仕事をこなす人は、自分自身が普段どのくらいの量の仕事が自分にとってのキャパシティなのか?を知っています。

そして、仕事の正確さとスケジュールを守る事も重要視しています。

そのため、器用に仕事をこなす人ほど、自分のキャパシティの7割~8割位の負荷で仕事を進め、残りの部分は緊急で何かが起こったときのために、余力として持っておくことを考えます。

余力は自分自身が対応できる作業量でもあり、スケジュール管理上の余力でもあります。

余力を持っておくことで、対応している仕事で思わぬ問題が発生した場合でもスケジュールをずらす事なく、納期を守って仕事が進められる事を知っているのです。

スポンサーリンク


上司や周囲への報告を怠らない

 

仕事が器用な人は、上司や同じ仕事をしているメンバーへの報告・情報の共有を怠りません。仕事を依頼されてから納期までの間で、重要な通過点は常に報告をします。

自分の仕事の進捗を報告しておく事で、突発的に課題が発生してしまったり、新たに別の仕事が発生してしまった場合でも、これまでの進捗報告ができていれば、上司やメンバーから、助力やアドバイスを受けやすくなる事を知っているのです。

また、期間の長い仕事では、仕事の依頼者側から現状どこまで進んでいるのかといった報告を求められるケースがあります。

このような場合でも、常日頃から報告ができる準備をしておく事で、安心感を与えられます。

器用に仕事ができる人は、仕事は自分ひとりでやっているのではないということを理解しているため、報告する事の重要性をしっているのです。

 

器用な人は仕事のタスクに優先順位をつける

 

器用に複数のタスクをこなすためには、一つ一つのタスクに優先順位をつけることが重要です。

マルチタスクプレイヤーの人は、複数のタスクが溜まってきた時に、頭のなかでタスクを整理して優先順位をつけているのです。

無意識にそれをしている人もいるのですが、もし、仕事中に複数のタスクが発生して混乱してしまったら、まず、溜まっているタスクを書き出してみましょう。

箇条書きにしてみて、納期が早いもの、緊急性が高いものから順番に番号を振っていけばいいのです。

慣れてくると、書き出すことなく実践できるようになるはずです。

スポンサーリンク


スケジュール管理ツールを活用している

 

時間内に仕事を完遂出来る人は、スケジュール管理をしっかりとできています。

会社で仕様しているスケジュール管理ツールを活用したり、時間毎に記入ができるスケジュール帳を使っている人もいます。

そのような人は、無尽蔵に仕事をしようとはせず、ある程度時間を決めてタスクをこなしていきます。

自分が見積もった時間で予定通りのタスクが終わらない場合は、スピードを意識したり、時には、他のタスクを翌日に回したりしながら調整をすることができるため、早い段階で他部署間との納期の調整ができるため、「納期に遅れた」などといった事にはならないのです。
 

器用な人の仕事方法は事前にリスクを考える

 
仕事が出来る人は自分の能力とキャパシティーを把握しています。

仕事を任せられるときにできないことはできないと判断できるのです。

「自分はここまで出来るが、ここはできない」と事前に言っておけば、上司やクライアントはそれを承知のうえで仕事を依頼することができます。

結果的にトラブルにならないのです。

依頼されたことをすべて引き受けてしまうことは非情にリスキーです。

一見いい人のように思えますが、結局仕事を完了することができないと他の人に迷惑をかけることになります。

何かの仕事を引き受けるときには、そのタスクにともなって起こりうるリスクや自分のキャパシティーを相手にしっかりと伝えることが重要です。
 

器用な人の仕事の仕方はスマート

 
いかがでしょうか。

器用な人の仕事方法はあなたのイメージ通りで、マルチタスクをこなし、スケジュール管理もばっちりです。

あなたもいきなりそういう仕事をするのは少し難しいはずですので、まずはできるものから少しずつ始めてみましょう。

器用な人もはじめから器用であったわけではないことを知っておくだけでも、チャレンジ精神が保てるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク