詰めが甘い仕事をする人の特徴6つ

詰めが甘い人があなたの職場に一人ぐらいはいないでしょうか。

仕事に対する詰めが甘いことで、大切なクライアントに迷惑をかけてしまうこともあります。

これは深刻なトラブルのきっかけになりかねません。

そこで今回は詰めが甘い仕事をする人の特徴をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


詰めが甘い仕事をする人

 

確認を疎かにする

 
例えば報告書、提案書、プレゼン資料など人に見せるものを作成するときに、一通りまとめ終えた後の最終確認が大切なことは言うまでもありません。

詰めが甘い人というのは、その作成までに労力を掛けていても、確認が疎かになっている場合がよくあります。

誤字脱字のチェックは勿論ですが、同じ内容が重複していたり、資料の添付漏れがあったりすると、せっかく作ったものも他人からはクオリティが低く映ります。

また、締め切り直前などで急いでいるときにはよく起こりがちのミスです。

最後の最後に、ゼロになった気持ちで最初から最後まで目を通す作業が必要です。
 

情報に疑念を持たない

 
さまざまな部署や資料を参照して進める仕事では、入手した情報が常に中立で、正しいものかをチェックする必要があります。

このチェックの際には、客観的な立場になって、そのデータの正確さを推し量らなければなりませんが、その情報の吟味が中途半端になっているものをよく見かけます。

客観的視点に欠ける資料は、見た目こそとりあえずまとまっているように見えますが、そのデータの不備に突っ込まれると途端にボロが出てきます。

隅から隅までチェックが至っていないものは、ただその人に取って都合のいい情報を並べただけの文章と捉えられてしまいます。

入手したデータなどは、最後まで疑念を持って確認し、不確かなものに関しては、きちんと裏付けを取るようにしなければなりません。

スポンサーリンク


自分の仕事に自惚れる

 
自分の仕事に自信があり、自分の作成物に疑いの目を向けることができない人は、仕事の詰めが非常に甘いです。

このタイプの人のデメリットは、中立的な判断ができていないことと、チェックを怠るという致命的なものです。

完璧な人間などいないと思い、常に自分をチェックしつつ、最後にもう一度確認する習慣をつける必要があります。

本当に自分の想定通りであればよいのですが、そうでない場合はまったく役に立たず、仕事の出来の差が激しくなるのが特徴です。
 

計画性がない

 
物事を成し遂げるためには、ある程度最初に計画をし順序だてて処理、対応していく必要があります。

詰めが甘い人は基本的には計画はある程度できるものの、その計画や準備が不十分なため、予期せぬ展開になってしまったときや、仕事が大詰めになったときに、いっぱいいっぱいになってしまって臨機応変に対応できません。

よって結果やっつけ仕事になり、詰めが甘い状態になってしまいます。

こういったタイプの人は基本的には自分に自信があり、プライドも高めだったりします。

そのため、周りが注意するにもできず、振り回されてしまうこともしばしばあります。
 

前向きでプラス思考

 
「なるようになるさ」「きっと大丈夫」「なんとかなる」と、基本的には前向きでプラス思考なので、詰めが甘いことにも気づきません。

叱られても「次から気をつけます」となんとなく反省はしてみるものの、プラス思考なあまりすぐに忘れてしまい、同じ間違いを何度も繰り返すタイプです。

ちょっとした数字のケアレスミスや、タイピングミスなど、少し注意をはらっていれば防ぐことができそうなミスが多いです。

見直しや再確認という概念がほぼないのです。

人としてはとてもよいのですが、仕事の仲間、パートナーとしては少しつらいです。

悪気があって詰め甘いというわけでもないので、周りもあまりきつくいうことができません。

スポンサーリンク


「ほう・れん・そう」ができない、独りよがりな性格

 
何か困ったことや分からないことがあってもあまり人に相談せず、自分だけの判断で進めようとします。

普通ならばちょこちょこ進捗を報告し、変更があれば連絡をし、相談をし、臨機応変に対応していくべきなのですが、報告、連絡、相談という概念があまりないため、独断でできるかぎりすすめてしまいがちです。

最後の大詰め、仕上げの段階になったときに周囲にみせて問題が大きくなった状態で見つかり、「詰めが甘いね」と言われるタイプです。
 

詰めが甘い人の性格は克服しにくい

 
いかがでしょうか。

詰めが甘いと言われるような人はどこにでもいるものです。

プライベートな時間であれば、笑ってすますことができるかもしれませんが、仕事となると詰めが甘いことで、大きな問題になってしまうことも決して少なくありません。

できることならその性格をすぐにでも改善したいと思うものですが、それで今までずっとやってきたので、どうしても習慣としてしみついてしまっています。

よって、すぐに克服しようとしても、長い時間を要するものです。

しかし、詰めが甘いことで仕事に支障が出るようであれば、早急に克服するようにしましょう。

常に第三者の目を入れて、詰めが甘くなることを防ぐのです。

これを継続していけば、悪い習慣からは抜け出すことができるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク