仕事が遅い人の特徴とその対処法6つ

あなたの周りに仕事が遅い人はいるでしょうか。

そんな人と一緒に仕事をやらなければいけないと思うと毎日気が重いですし、イライラしてストレスがたまるものです。

できることならそのような人とは関わりたくないものですが、仕事となるとそういうわけにはいかないこともあるでしょう。

では、どのような人が仕事が遅い人だと言われてしまうのでしょうか。

そこで今回は仕事が遅い人の特徴とその対処法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


仕事が遅い人の特徴

 

仕事の工程が見えていない

 

仕事が遅い人の最たる特徴は、その仕事にかかる時間や労力を見きわめたり、想定することができない人であることが多いです。

例えば資料などの作成においては、情報の収集、データの裏付け、それから資料の草稿を作り、内容を吟味するなどのいくつかの工程にわかれます。

この時にそれぞれの作業にどのくらいの時間が掛かるか、あるいは労力が必要か計算し、進行プランを立てて効率よく進めていかなければなりません。

しかし、この見積が甘い人は想定外のトラブルが発生したり、作業自体に無理が生じたときに、非常に手間と時間が掛かってしまい、結果として、仕事の遅れに繋がっている場合があります。

 

仕事を後回しにするくせがあるのが仕事が遅い人

 

日常的にさまざまな仕事を抱えていると、簡単と思われる仕事や重要度の低い仕事を後回しにすることがあります。

しかし、手間や面倒を考えてこうしたささいな仕事を後回しにする人は、だいたい仕事が遅いです。

その原因は、きちんと仕事の内容が把握できていなかったり、後回しにした仕事まで辿り着くのに時間が掛かるためです。

また、こちらもそれほど時間が掛かる作業を依頼しているつもりもないので、後回しになった結果、実際は期限内であっても、納期が遅いと感じてしまうこともあります。

スポンサーリンク


仕事が遅い人はアウトプットが苦手

 

このパターンは、資料やプレゼン作成などで多く見られます。

非常にまじめでしっかりと仕事をしてくれるのは確かですが、

集めた情報が多すぎたり、それをまとめたりするのに時間が掛かるタイプです。

一言で言えば効率が悪いということになりますが、よく観察するとインプットが得意だけれども、それを整理してまとめる作業が苦手な人が多いです。

作成物はいつもしっかりとしているのですが、中には情報の取捨選択が苦手なタイプもいて、机の上や鞄の中を書類でいっぱいにしている特徴があります。

「まじめなんだけどな・・・」と感じる部下が入れば、このタイプであることが多いのではないでしょうか。

 

仕事が遅い人は何事にもマイペースで周りを気にしない

 

会食時のマナーの基本は周りの人と食べるペースを合わせることです。

しかし、マイペースの人はそんな周りの雰囲気を気にせず、すごく早く食べ終わってみたり、逆にみんな食べ終わっているのにまだ一人だけ食べていたりして周囲の人を困惑させます。

その行動パターンは仕事ぶりにも反映されます。

作業が遅れていてもそのことに気付かず、あくまでマイペース。

その結果、職場の同僚にも迷惑を掛けることになるのですが、本人にはそんな自覚がないので悪びれたところがありません。

スポンサーリンク


仕事が遅い人はまじめで自分に厳しい

 
まじめな人ほと細部まで気にします。

そして自分に厳しい人ほど完璧を目指す。

このこと自体は決して悪いことではありませんが、時としてその性格が仕事が遅いことに繋がります。

仕事の速い人の考えることは、いかに楽に効率よく仕事をこなすかなのですが、性格がまじめな人ほど色々考えすぎて手が止まります。

そこまで気にしなくていいような所が気になり、完璧を目指して時間をかけてしまうのです。

本人は真剣に仕事に取り組んでいるつもりなのですが、周囲の人から見ればそんな光景は手間取っているとしか見えないのです。
 

整理整頓がへた

 
机の上に書類が積みあがっていると、何がどこにあるのか解りません。

ですから、急に上司から資料の提出を求められても、ガザガザ探すのに時間がかかるのです。

更には、自分の仕事を始めようにもなかなかペンが見つかりません。

このように整理整頓がへたな人は仕事をするより探す時間の方が長くなり仕事が遅くなります。

また、自分の頭の中の整理整頓も苦手です。

煩雑に情報が溜まり動きが重くなったパソコンに似ていますが、仕事に対する情報はたくさん入っているのに頭の中がごちゃごちゃになって
必要な情報を引き出すのに時間がかかるのです。

整理整頓は仕事の効率化を図るために必要不可欠な要素。

ですから、整理整頓がへたな人はいつも時間に追われて忙しそうにしている人が多いですね。

スポンサーリンク


仕事が遅い人にイライラしても意味がない

 

いかがでしょうか。

今回は仕事が遅い人の特徴をいくつかご紹介しましたが、

このような人は職場に一人ぐらいはいるものですよね。

そして、そんな人と付き合わなければいけないときは、その仕事の遅さにイライラしてしまうことがよくあります。

イライラするとあなたの仕事の効率も悪くなりますし、

相手のペースに巻き込まれてしまうので、良いことは何一つありません。

なので、あなたのペースを保ち、仕事が遅い人とは早めに線引きするようにしましょう。

もしくは、その人に適した仕事をお願いするようにするとより効果的です。

これは相手が上司でも効果的です。

ストレートに遅いです!なんいうと角が立ちますので、

自分がやります!任せてください!といった言い方をして、仕事が遅い人にはあまり重要でない仕事が回るように工夫しましょう。

そうすると自分の負担が増えると思うかもしれませんね。

仕事がどんどん回り始めるため、結果的には負担が軽くなることが一般的ですので、ぜひトライしてみましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク