人をバカにする人の心理や特徴4つ

あなたの周りには人をバカにしたような態度をとっている人はいないでしょうか。

どんなコミュニティにも「人をバカにする」人は必ずいるものです。

そのような人は聞いているだけで気分が悪くなるようなことを言ったり、見ているだけでイライラするような態度をとったりするなど、悪い意味で目立っています。

関わりたくないと思ってもどうしても目立ってしまうのですが、いったいどのような心理で人をバカにするようなことを言うのでしょうか。

そこで今回は人をバカにする人の心理についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


人をバカにする人

 

他者の評価を下げることで、自分が優位に立ちたい

 
自分の評価を周りの人より高くするために、他者の評価を下げて、相対的に人より優位に立ちたいと思うタイプです。

プライドが高く自己評価を基準にするタイプの人が、人をバカにする心理になります。

本人の能力が高いのであればともかく、本人の能力が低いのに他者をバカにしている場面もしばしばあります。

このタイプは基本的に「自己評価」で動くタイプです。

自分が優秀だと考えていて、他人を見下しているという言い方がしっくりきます。

他人にどう思われようが自分は正しいと思っているため、プライドが高く説得が難しいです。

とにかく自分は優秀だとアピールしたいがために人をバカにしたり、人をバカにする態度をとっています。

褒められるとやる気を出しますが、プライドだけ高くて能力が伴わないタイプだと対処が難しいです。
 

自尊心を守るために人を攻撃する

 
人に嫌われたくない、人に認められたいという「他者評価」を基準とする人が、自分より立場が下の人をバカにすることによって自尊心を守る心理です。

自分で自分の価値を決めることが苦手で、あまり責任感が強くない人もこのタイプに該当します。

他者からの評価が絶対であるため、人から認められている時はあまり人をバカにした言動をとりません。

しかし自分が人から認めてもらう環境がある時、その環境を変えようとする人に対してバカにしたような態度をとるようになります。

具体的には自分が自信を持って取り組んでいた仕事を、新人が自分より上手くこなした時などです。

自分が他者から認められていたことを奪われそうになった時に、このタイプは人を攻撃し始めます。

基本的に他者からの評価が絶対なので「確かこの人は、人をバカにするようなこと言わない人だったよなぁ」と思った時は新たに活躍できるポジションを用意してあげると良いでしょう。

仕事上の関係ではなく友人や家族だと接し方が難しくなりますが「そんなことないよ」という風にその人を認めてあげるような言動をすると満足するでしょう。

スポンサーリンク


その人のためになっていると思っている

 
本人に考えがあってもなくても、この言い方がその人のためになっていると考えているタイプです。

このタイプは「こんな言い方をするのもお前のためなんだ」という心理で人をバカにする態度をとっています。

反骨心を鍛えるなど、きちんと考えがあってバカにしたような態度や言動をとっているならばいいです。

しかし何の根拠もなく「お前のためなんだ」と言って人をバカにする言動をとっている人物からはできれば距離をおきたいところです。

本人に悪気が無いので、対処のしようがないです。

逆にきちんと考えを持っている人は、精神的に大人になっている人かもしれません。

こういう人からは何かを学べる機会があるかもしれないので、バカにする言動にいらついても、少し様子を見て接してみましょう。

自分の意見を話すと意外と汲み取ってくれたりします。

いずれにしても「バカにした言動をとったらどうなるだろう」と面白半分の場合もあります。

こういうタイプには一度「その言い方はどうにかならないだろうか」と伝えて、その後の展開次第で付き合い方を考えると良いでしょう。
 

好意を持っていて、構ってほしいと思っている

 
寂しがり屋で、自分を見てほしいと思う気持ちから人をバカにするタイプです。

小学校の頃、好きな女の子にちょっかいを出していたり、いわゆる「ツンデレ」と呼ばれるタイプでもあります。

このタイプは自分を見てほしいと思って人をバカにする態度をとります。

攻撃対象は本人であったり、その周囲の人であったり様々です。

構うと喜んでもっとバカにしてくるし、構わないでおくとエスカレートするなどちょっと対処に困ります。

このタイプの特徴は「子供っぽいところ」です。

気になるからバカにしたような態度で気を引くというのは、せいぜい中学生ぐらいまででしょう。

大人になっても同じような方法で気を引こうとするのは、少し子供っぽいと言わざるを得ません。

もちろん小学校からの付き合いでそういう仲でも問題ない場合もあります。

しかしこれはいい意味で「バカにしている」場合です。

あまり仲良くないのにバカにする言動をしてくる相手は距離感等もつかめていない可能性もあるので、友達や彼女の場合は少し付き合い方を考えた方が良いでしょう。
 

人をバカにする人の対処の仕方を覚えておこう

 
いかがでしょうか。

人をバカにした言動や態度をとっている人は、その気持ちを察してあげることでいい仲間やチームとなるかもしれません。

どのような考えで人をバカにした態度をとっているのか、それはその人のいい部分を見つける手がかりになりえます。

人をバカにしている言動を見た時、その人がどのような考え方の人なのかを考えて、付き合い方を考えてみてください。

人をバカにする人と関わる機会があった時、この記事を思い出して役立ててくださいね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク