頭悪い人の顔つきとは?頭が悪いと思われる顔つきにならない方法!

人は見た目が全てというわけではありませんが、なんとなく見た目や顔つきでどんな人か想像することができますよね。

ここでは、頭が悪い人の顔つきについて見ていきたいと思います。

実際のところはどうあれ、周りから頭が悪そうだと思われてしまう人の顔つきとは、どんなものなのでしょうか。

また、顔つき以外の特徴やならないための方法についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。



顔つきで頭が悪いかどうか分かる理由

そもそもなぜ、顔を見ただけで頭が悪い人かどうかを判断することができるのでしょうか。

もちろん、あくまでも見た目や印象であるため、頭の善し悪しが顔つきだけで決まるというわけではありません。

顔つきで頭が悪いか分かる理由には、以下のようなものが挙げられます。

第一印象を気にしていないから

顔つきというのは、パッと見で最も目に付くと言っても過言ではありません。

そして、第一印象というのは見た目で大半が決まります。

頭が悪い人は、「見た目で第一印象が決まる」ということを分かっておらず、それゆえ見た目に気を使いません。

これがまさに、頭が悪い人の顔つきだと言われる理由なのです。

覇気がないから

顔つきを見れば、その人が何を考えているか大まかに分かるもの。

特に視線からは、相手が何を考えているかを読み取ることができますよね。

頭が悪そうな顔つきの人は、目に力がなく覇気もありません。

やる気がなさそうに見えることからも、顔つきで頭が悪いかどうかが分かると言われる理由でしょう。

目は口ほどに物を言うから

顔つきといっても色々ですが、特に印象に残るのはやはり目ですよね。

日本には、「目は口ほどに物を言う」という言葉があります。

言葉にしなくても相手の目を見れば本心がわかるという意味ですが、まさにその通り。

頭が悪い人は、頭の悪さが目つきや視線に表れてしまっているのでしょう。

そのため、顔を見ればわかると言われるのです。



頭悪い人の顔つき

絶対とは言いませんが、頭の悪い人というのは顔つきを見れば大まかに区別することができます。

一体どんな顔つきの人は、頭が悪いと思われてしまうのでしょうか。

一般的に、以下に挙げるような特徴のある顔の人は、周りから頭が悪そうだと思われていることが多いです。

ぼーっとしている

頭の悪い人は、顔つきからやる気を感じることができません。

集中していないように見える、というとわかりやすいでしょうか。

常にぼーっとしていて覇気がなく、仕事も勉強もただ机に向かっているだけという感じなのです。

ぼーっと一点を見つめているだけで、一気に頭が悪そうな印象を与えてしまいます。

視線が泳ぐ、定まらない

人から何か言われたとき、まっすぐ相手の目を見ることのできない人もいますよね。

何かやましいことでもあるのかな、と周りは感じてしまうでしょう。

このように、視線が泳いだり視線の定まらない人というのは、真面目さや真剣さを感じることができないことからも、頭が悪いんだろうなと思われてしまうのかもしれません。

口が開きっぱなし

何かあったとき、口がぽかんと開いたままになってしまう人っていますよね。

口が開きっぱなし、半開き状態のままになっていると、それだけでバカっぽく見えてしまうもの。

特に、人と話すときに口が開く癖のある人は、周りからは頭が悪そうというよりも、バカっぽいと思われているかもしれません。

メイクが濃い

これは女性特有と言えるかもしれませんが、仕事に来るのにやたら濃いメイクの人もいますよね。

もちろん、メイクはその人の自由ですし、職場で特に決まりがないのなら、どんなメイクであっても問題はありません。

しかし、どこかのパーティーにでも行くかのような見た目では、場違いな人と思われるのも当然です。

しまりのない口元

口が開いていることとも似ていますが、口元がきゅっと閉まっていないと、それだけで頭が悪そうな印象ではありませんか?

しまりのない口元の人は、やる気がなさそう、適当そうという風に見えてしまうもの。

仕事であっても、とりあえず話を聞いてるだけ、手を動かしているだけであり、何も頭に入っていないんだろうなと思われるでしょう。



顔つき以外の頭の悪い人の特徴

頭が悪い人には、顔つき以外にも様々な特徴があります。

実際にはあまり関わりのない人であっても、見た目から「あの人は頭が悪い」と判断されてしまうこともあるでしょう。

頭が悪い人の顔つき以外の特徴には、以下のようなものが挙げられます。

清潔感がない

頭が悪い人は、自分が周りからどう思われているかを気にしません。

それはある意味、堂々としているとも言えるでしょう。

しかしそれは、言い換えれば清潔感がないとも言えるもの。

見た目を一切気にせず、周りからの印象を悪くしていることに気づかないのは、頭が悪いからだと言わざるを得ませんね。

場違いな格好

仕事に行くのに、やたら派手な服装やカジュアルな服装で来る人もいます。

もちろん、たとえば美容師などであれば、職業柄カジュアル服装のときもあるでしょう。

そうではなく、明らかに場違いな格好で出勤していたのでは、周りからどう思われるかは明らかですよね。

そういう予想ができない人は、頭が悪いと言われるわけです。

何度も聞き返す

人の話を聞いているのかいないのか、もしくは聞いていても理解できないのかは分かりませんが、人の話を何度も聞き返してしまう人もいますよね。

「え?今なんて言ったの?」「もう1回言って」などと何度も言われたら、理解力がないのかな…と感じてしまうもの。

何度も聞き返すのも、頭が悪い人の特徴だと言えるでしょう。

語尾を伸ばす

頭の悪い人は、人と話すときに語尾を伸ばす傾向にあります。

「そうなんですかぁー」「わかりましたぁー」などの話し方は、バカっぽい話し方の典型とも言えるもの。

一昔前のギャルのような話し方、というとイメージしやすいでしょうか。

こういう話し方は、バカっぽく見えるだけでなく、頭がいい人は絶対にしない話し方とも言えるでしょう。

姿勢が悪い

そして、基本的に頭が悪い人というのは自分に自信がありません。

自信のなさはそのまま見た目や態度にも表れるため、猫背になるなど姿勢が悪くなることも多いもの。

なるべく相手と視線を合わせないようにするため、あえて姿勢を悪くしている人もいるほどです。

自信なさげに見えてしまうのも、頭が悪い人の特徴と言えますね。



頭悪い人の顔つきにならないためには

顔つきというのは、その人の内面など気持ちがそのまま表れると言われています。

悲しいことがあると顔つきも暗くなりますし、楽しいことがあると無意識に笑顔になっているでしょう?

頭が悪い人の顔つきにならないためには、内面を磨くことが欠かせません。

自信を持つ

頭が悪い人の顔つきになってしまうのは、自信がないことも関係しています。

その自信のなさが、そのまま顔つきに出てしまっているわけです。

それを防ぐためには、小さな成功体験を重ねて自信をつけていきましょう。

自信があるのとないのとでは、顔つきには天と地の差が出ると言っても過言ではないのです。

笑顔を意識する

頭が悪い人は、ぼーっとしていることが多いなど、明るい笑顔とはかけ離れた表情をしています。

だからこそ、何を考えてるか分からない、頭が悪そうと思われるわけです。

人と話すときには、できるだけ笑顔になることを心がけていきましょう。

ただし、ヘラヘラするのではなく、笑うときにははっきり笑うことが大切ですよ。

メリハリをつける

なぜ頭が悪そうだと思われるのかというと、それは行動にも言動にもメリハリがないから。

何も考えず、ただダラダラと過ごしているため頭が悪いと言われてしまうのです。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、日々の生活で常にメリハリを持つことを意識していきましょう。

意識を変えるだけでも、顔つきは大きく変わってくるものですよ。

学ぶ姿勢を忘れない

頭が悪い人の中には、残念ながら本当に頭が悪い(勉強ができない)人と、頭が悪そうに見えるだけという人がいます。

どちらであっても、学ぶ姿勢を忘れてはいけません。

本当は頭がいいとしても、学ぶべきことはたくさん残っているはずです。

常に向上心を持ち、何かを習得しようとする姿勢があれば、頭が悪い人の顔つきになることはないでしょう。

感謝の心を持つ

そして意外だと思うかもしれませんが、頭の悪い人の顔つきになりたくないのなら、人に感謝する気持ちを持ちましょう。

感謝の気持ちを持てない人は、人として成長することができません。

それではたとえ仕事ができても、人として頭が悪いと言われてしまいます。

本当の意味で頭のいい人になるには、相手に感謝する気持ちが欠かせないのです。



まとめ:頭が悪い人の顔つきにならないようにしよう

顔つきで全てが決まるわけではないものの、見た目の印象というのは非常に重要だと言わざるを得ません。

なぜなら、第一印象でその人と関わりたいと思えるかどうかが決まってしまうからです。

ここでいう頭が悪い人の顔つきというのは、努力や意識で改善できるものばかり。

頭が悪そうという印象を持たれたくないのであれば、ぜひ普段の顔つきや表情などを意識して行動してみてくださいね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。



▼おすすめ記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ