ヘッドハンティングされる人の特徴とは?ヘッドハンティングされる方法もご紹介!

ヘッドハンティングとは、企業が求める優秀な人材を別の企業から引き抜いたり、スカウトして自社に来てもらうことです。

つまりヘッドハンティングされる人というのは、かなり価値がある存在だと言ってもいいでしょう。

そのため、あなたがヘッドハンティングされたいと願っていても、需要がなければいつまでたってもスカウトされることはありません。

ではどうすればいいのか。

そこで今回は、ヘッドハンティングされる人の特徴とヘッドハンティングされる方法をご紹介します。

ぜひ今後の参考にしてみてください。

【目次】



ヘッドハンティングされる人の特徴

 

ヒューマンスキルが高く人間関係を作るのが得意

 

ヘッドハンティングされる人というのは、つまり、ヘッドハンティングする側の人から「ぜひあの人といっしょに仕事をしたい」と思われる人と考えていいでしょう。

では、どういう人がそう思われるのか、それはヒューマンスキルが高い人です。

ヘッドハンティングされる人というと、多くの人は仕事のスキルが高い人をイメージするに違いありません。

もちろん、仕事のスキルが低ければヘッドハンティングされることはないでしょうが、仕事のスキルと同じくらい大切なのが、人と上手に人間関係を構築することのできるヒューマンスキルなのです。

社外の人からヘッドハンティングしたいと思われるためには、その人と良好な人間関係を構築していなければなりません。

「あの人は仕事はできそうだけど、人間的にどうも好きになれない」と感じる人と、いっしょに仕事をしたいと思う人はいないでしょう。

仕事ができるというのは大前提ではありますが、人間関係を作るのがうまく、先方から「人間的にも魅力がある」と思われて初めて、ヘッドハンティングされるのです。

ヒューマンスキルの高い人は、社外に幅広い人脈を構築することができますから、その点でもヘッドハンティングされやすくなると考えていいでしょう。



一つ一つの仕事に全力投球する

 

どんなに仕事のスキルがあっても、仕事で手を抜くような人は、「ぜひわが社に来てほしい」と、他社の人から思われることはありません。

たとえば、営業マンが得意先の人から「彼は営業トークはじょうずだけど、ちょっと仕事で手抜きするところがあるな」と思われてしまったなら、けっしてその会社にヘッドハンティングされることはないでしょう。

得意先の人が「ぜひあの人にわが社に来てもらいたい。そして、営業職で活躍してほしい」と思うのは、その営業マンが常に全力で仕事に取り組んでいる姿を見ているからです。

「やればできる人」というのは、結局「やらない人」で終わってしまうケースが少なくありません。

それよりも、いつでも仕事に全力を尽くし、ベストの成果を上げようと努力するのが、ほんとうの意味で「できる人」なのです。

ヘッドハンティングする側は即戦力を求めていると考えていいでしょう。

即戦力になってもらうためには、一つ一つの仕事に全力を尽くしてもらわなければなりません。

他の会社の社員の仕事ぶりに接しながら、「この人はいつでも手抜きすることなく、ベストを尽くしている」と感じられた時に、人はその人をヘッドハンティングするわけです。

 

意欲的でチャレンジ精神がある

 

地道にコツコツ仕事をするのは得意でも、仕事に対して積極的でない人、新しいことにチャレンジしようとする意欲に欠けている人は、なかなかヘッドハンティングされないでしょう。

ヘッドハンティングされてほかの会社に移るというのは、人生の大きなチャレンジです。

必ずうまく行くとは限りません。

ですから、「冒険するよりも、現職にとどまっていた方がいい」と判断する人もいますが、そういう人はヘッドハンティングされにくいと考えていいでしょう。

誠実な人柄で、仕事ぶりもていねいだったとしても、積極的に仕事に取り組もうとしない人は、他社の人から「魅力的な人材」とは思われないのです。

転職するという人生の大きなチャレンジに積極的に取り組むことができる人の方が、他社の人から見ると魅力的な人材です。

そうしたチャレンジ精神というものは、日ごろの仕事ぶりを見ているだけでも感じられるものでしょう。

もちろん無謀なチャレンジをする人も困りますが、仕事や人生に対して積極的になれなければ、他社の人から「ぜひほしい人材」と思われることはありません。

意欲的で積極的な人がヘッドハンティングされるのです。



指示待ちせず自分で考えて動く

 

仕事をする時にはそれぞれの役割を業務命令に従って実行することになりますし、何の疑問も持たずに指示されたとおりに動くことで満足しているかたが多いでしょう。

与えられた仕事をどれだけ確実にこなせるかは確かに重要ですし、精度が高い仕事は信頼を勝ち取ることができます。

ですが、指示待ち人間のように言われたことだけ行っていては、そのポジションにいつまでも甘んじてしまいがちで、周囲から見ても向上心を感じさせません。

ヘッドハンティングをされるようなタイプというのは、もちろん命じられた自分の仕事をしっかりとこなしていますが、それ以上に仕事の意味や自分に求められていることをよく考え、どういった成果が期待されているかを想像して、100できればいいものを120、150といった結果が出るように考えて行動をすることができます。

指示待ちをしているだけでも、頼まれたことをやっていれば会社の中でコマとして上手く立ち回ることはできるでしょうが、迅速に判断をし、自分で考えて行動ができる人がいなければ、組織として行き詰ってしまうものです。

この人は与えられた仕事以上のことをこなせる能力を持っている、そう周囲に示せる行動に出られる人が注目されます。

 

勤勉で気持ちの切り替えも上手い

 

どんなに優秀な人であっても、力及ばずに思うような成果が出ないこともありますし、思わぬところで想像をしていなかった失敗をしてしまうことがあるでしょう。

仕事を続けていれば誰もが少なからず挫折を味わうものです。

大切なのは、ここで落ち込んでばかりいてどうせ自分なんかと卑下し、縮こまってしまわずに、タフな精神力でもって素早く立ち直り、諦めずに努力をしていくことになります。

仕事に対して勤勉で常に向上心を持ち続けており、粘り強く結果が出るまで頑張り続けられる心の強い人というのは、ヘッドハンティングをされて新しい職場に身を置くことになってもすぐに馴染めるというのがメリットです。

スイッチの切り替えが上手く、失敗をしても立ち止まらず、どんな状況でも適応能力を発揮してバリバリ仕事をこなしていけるバイタリティを感じさせるようなタイプだからこそ、可能性を見い出されます。

一緒に仕事をしていきたいと思わせる、頼もしさと安定感が魅力なのです。

こうした人はリーダーとしてというよりも、優秀なサポート役として非常に重宝をされることになります。



人より優れたスキルを持っている

 

勤務年数が少ない、経験が浅いなどで重要な仕事を任されていない人であっても、何かに特化した技能を持っている場合にはそれが大きな強みになります。

その能力を認められて遊ばさせておくのはもったいない、自分の会社であれば経験などは関係なく能力の有用性を認められるとヘッドハンティングをされるケースが少なくありません。

特にエンジニアなどの技術職の場合にはその傾向が顕著で、何か一つでも他者と比較して優れているものを持っていた場合には、それに目をつけられて評価されることが多いのです。

人材が枯渇気味の業界であればなおさらでしょう。

学歴や職歴といった紙の上の経歴に目立つところがなくても、実務を遂行する能力が優れていて、それを正等に評価してくれる人と出会うことができれば、いい環境で働いていくことができます。

手に職をつけてそれを極めるというのは、現代でも十分に有効な手段なのです。

何かの能力に秀でている場合、年若いかたでもヘッドハンティングされる可能性が非常に高くなり、ヘッドハンティングで転職を繰り返して高収入を実現させているかたも少なくありません。

 

ヘッドハンティングされる方法

 

誰が見てもわかりぐらい成果・実績を上げる

 

ヘッドハンティングされるためには、優秀な人間になる必要があります。

優秀と呼ばれるレベルにも色々ありますが、目立って優秀でなければ、ヘッドハンティングはされません。

同じ課や部署の中で、先輩や後輩を押しのけて1番の成績をとれるくらいに、精進していきましょう。

またヘッドハンティングを狙う時には、日々の仕事からしっかりとアピールしていくことも大事になります。

社内でコツコツ仕事に励み、スキルを少しずつ習得して上を目指すというのは、普通に出世を狙う上では効果的な方法ではあるのですが、ヘッドハンティングを目的に行うこととしては相応しくありません。

外部から見えるくらいに実績を上げ、活躍することで、ヘッドハンティングへの道は開けます。

大きな仕事に関われない内は、担当の仕事をしっかりこなしつつ、他の人の仕事を積極的に手伝って、企画の組み方やプレゼンテーションの仕方をしっかり学んでいきましょう。

小さなプロジェクトでも進んで参加し、経験を積んでいけば、やがては大きなプロジェクトにも参加させてもらえるようになります。

後は大舞台で実力を全力で発揮し、社外にアピールできればヘッドハンティングチャレンジは成功です。



社内・社外問わず人脈を広げる

 

外部からのスカウトといっても、ヘッドハンティングは全く関係性のない所からいきなり行われるわけではありません。

見ず知らずの人間に声をかけられ、気付いたら一流企業のエリートサラリーマンになっていた、などというのはフィクションの中だけの話です。

実際のヘッドハンティングは過去に名刺を渡した相手や、仕事で関わった取引先など、色々な人脈の繋がりを通して行われます。

つまりヘッドハンティングされるためには、社内・社外問わず、できるだけ多くの人との関わりを持っておくことが重要になるということです。

どこでどんな縁が転がっているかわかりませんから、思わぬ所に繋がる縁を逃さないように、積極的に人と出会い挨拶を交わして、名前を売っておきましょう。

いずれはヘッドハンティングされて、職場を移ることになるのだから、現状の職場の人間との付き合いは適当でよいだろうということもありません。

上司や先輩の中に、大きな会社を立ち上げる人物が現れる可能性もあります。

職場の人間とも良い関係を築いておけば、起業の際に誘われたり、相手が別の大手企業に就職した時に、人事の人間に紹介してもらえたりとするかもしれません。

社外でも社内でも、人脈は広げておくに越したことはないのです。



SNSで発信して売り込む

 

ヘッドハンティングされる方法として、SNSを活用して自ら売り込むことがあげられます。

今や誰でも使っているSNSですが、プライベート専用にするのは勿体ない話です。

もちろん、コネクションをひろげる為に仕事で活用している人も多いでしょう。

ヘッドハンティングしている人がどのように人材を見つけているかというと、優秀な人材が隠れていそうな企業などの人材を調査して見つけます。

当然ですが、むやみやたらに探しているという訳ではありません。

形はどうであれ、人材を見つけやすいところで探しているのです。

SNSは世界中どこからでも見られるため、スカウトの目にもとまることがあります。

自ら自分の能力や仕事について発信していれば、それがきっかけでヘッドハンティングされることもあります。

そのとき使用するSNSは実名かつ信憑性が高いものを選ぶことが大切です。

匿名性の高いものはそもそも情報の精度も低く個人が特定できないため、あまり向いていません。

さらに、自分の気持ちや精神論などの主観を書きつらねるのもやめましょう。

あくまでスカウトする側の立場にたって、優秀な人材であることが分かるような情報を発信することが重要なのです。



資格を修得する

 

ヘッドハンティングされる方法として、資格を修得することがあげられます。

ヘッドハンティングされるには、過去の仕事の実績やコネクションが大切です。

しかし、そういったものが足りなくても諦める必要はないのです。

ヘッドハンティングされる人の条件としては、優秀で確保されるだけの価値があることが最も大切なことだからです。

そのため、ヘッドハンティングされるために自らの優秀さを証明する手段として、資格を修得することが効果的なのです。

どのような資格をとれば役立つかは、ヘッドハンティングされたい企業が欲している人材を予測して決めましょう。

多くの企業で求められる資格をいくつか紹介すると、キャリアコンサルタント、ITパスポートなどIT系の資格、中小企業診断士などです。

外資系の企業にヘッドハンティングされたいなら、TOEICやTOEFLなども効果的でしょう。

この他、難関資格などを修得すれば、人材的なポテンシャルをアピール出来ます。

資格の修得は現在の仕事や転職にも役立つというメリットもあります。

ヘッドハンティングされるためには、能力の裏打ちにもなり優秀である証拠になる資格を修得することが効果的です。



効率よく仕事して人間的な魅力を上げる

 

ヘッドハンティングされる方法として、効率よく仕事して人材的な魅力を上げることがあげられます。

ヘッドハンティングされるには、コネクションや優秀さをアピールする必要がありますよね。

もし抜きん出た成果や実績がないから自分には無理だと思う人は、いつもの仕事を効率よくすることを実践してください。

ヘッドハンティングされるには、大きな成果を出すだけがアピールポイントという訳でもないのです。

同じ仕事でも効率よく仕事している人は人材的な魅力が高くなります。

効率よく仕事するというのは、論理的で合理的な思考能力を持つことの証明にもなり、どんな仕事でも応用が効きます。

単に効率よく仕事するというだけでも、人材的な魅力が高まり、能力の高さもアピール出来るのです。

また、実際に仕事の能力を高めることにも繋がります。

ヘッドハンティングされるには地味な方法ですが、既に働いている場所での仕事や評判は大変重要です。

それは、スカウトする側は必ず仕事の評判が良い人材をヘッドハンティングするからです。

その職場で効率よく仕事して人材的な魅力を高めることで評判が高まれば、ヘッドハンティングされる可能性を上げることが出来るのです。



転職サイトのスカウトサービスに登録するのが一般的

 

ヘッドハンティングを狙う上での、最も手っ取り早い方法として、転職サイトなどの人材紹介会社への登録があります。

転職サイトへの登録によって、ただヘッドハンティングされるのを待つというだけではなく、それより1歩進んだ、自分から大手企業に売り込むという行動が果たせます。

自分から何もモーションを起こさず、大手企業から声がかかるのを、ただ待っているだけで望みのままの転職を達成できている人間は、世の中でも一握りです。

そもそも相手主導の完全なるヘッドハンティング頼りでは、転職したい時に、タイミングよく声をかけてもらえるとも限りません。

転職や人材紹介等のサイトのサービスには、利用者が自分から履歴書を送って求人への応募を行うというものだけではなく、登録している利用者に企業の方から声をかける、スカウト系のシステムも導入されています。

転職サービスへの登録がそのまま、企業へのアプローチになるということです。

もちろん名前や年齢や簡単な職歴を登録しているだけでは、企業の担当者の目を引くことは到底できません。

企業から声をかけてもらえるように、サイトにはしっかりと経歴や実績を登録しておき、自分をアピールしていきましょう。



ヘッドハンティングされたいならスカウトサービス一択

 

いかがでしょうか。

ヘッドハンティングされた人のほとんどが、よくある一般的な転職サイトからのスカウトです。

スカウトサービスとは、あなたのキャリアや実績、希望する仕事や年収などを予め入力しておくことで、ヘッドハンターが声をかけてくる、というものです。

もしヘッドハンティングされたいのであればすぐに活用したほうがいいでしょう。

しかし、注意が1つあります。

それはあなたが自分自身に感じている人材としての価値と、企業から見た人材としての価値に乖離があるケースがあるということです。

「俺は頑張っている!」「もっと優遇されてもいい!」と感じている人でも、外部のヘッドハンターからすると普通の人材だったということもあるのです。

しかし、もちろん逆のパターンもあります。

つまり、「自分なんてまだまだです」と自己評価が低くても、企業からの視点だと喉から手が出るほど欲しい人材だったなんてことも少なくありません。

このあなたの価値は残念ながら自分で判断できる問題ではありません。

需要があるかどうかは企業が決めるということをしっかりと理解しておきましょう。

なので、まずは自分の価値を確認するためにも、スカウトサービスを利用してみることをおすすめします。

そこからどのぐらいあなたに声がかかるのかを今後の判断材料にしてみてましょう。

多くの人が活用しているスカウトサービスは「リクナビNEXTのスカウト」です。

無料かつ匿名で利用できるので興味がある人は一度気軽に試してみましょう。

自分の価値を知っていることと、知らないことでは今後の仕事の仕方にも影響がでるので、他の人と圧倒的な差をつけることができますよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク