上司がそばに置きたい女性部下の特徴とそばに置かれる女性部下になる方法

仕事ができて、上司が常にそばに置きたくなるような、そんな部下になりたいと思う女性も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな理想的な女性部下の特徴や、そんな女性を目指す上で大切なポイントをご紹介します。

仕事への姿勢や上司との向き合い方など、さまざまな角度から解説しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

上司がそばに置きたい女性部下の特徴

まず最初に、上司がそばにいて欲しくなるような女性部下の特徴を5つご紹介します。

理想的な女性部下とは、いったいどんな人なのでしょうか。

その特徴を紐解いていくと、必要なスキルや、仕事への向き合い方もわかるので、参考にしてみてください。

仕事が早い

仕事をスピーディーにこなしてくれる部下は、上司に重宝されます。

仕事を計画通りに進めるには、時間を無駄にすることなく、数多くのタスクをこなすことが大切です。

仕事を素早くこなせる女性は、チームや会社全体の利益に貢献してくれるため、上司にとってありがたい部下だと言えるでしょう。

確実に仕事をこなす

指示やルールをしっかり守り確実に仕事をこなしてくれる女性部下は、上司からの信頼が厚いです。

優先順位を理解し、ミスをせずに仕事を進めてくれる部下には、安心して仕事を任せることができます。

積み重ねた信用があるからこそ、サポート役として、欠かせない存在になるのです。

コミュニケーション能力が高い

正確に情報共有をしたり、場の雰囲気を和ませたりできるコミュニケーションスキルの高さも特徴の1つ。

相手の意図を正確に汲み取って、必要な場面できちんと質問ができる女性は、スムーズに仕事が進められます。

社内の人間関係の潤滑油になってくれるため、チームの連携も良くなります。

的確な意見を出してくれる

的確な意見を出してくれる女性部下は、上司にとって頼もしい存在です。

適切な場面で自分の意見を出してくれると、新しいアイディアが生まれたり改善点がわかったりして、仕事にいい影響が出ます。

上司が最も信用して頼りにしている部下は、このタイプの人かもしれません。

いつも冷静

いつも冷静な女性部下は、気分に左右されず、常に仕事に集中しています。

トラブルが起きた時や、難しいプロジェクトでプレッシャーを感じる場面でも冷静な判断ができるため、着実に困難を切り抜けます。

感情的にならないので、周囲の人間が安心して話せるのも信頼されるポイントです。




上司がそばに置きたくない女性部下の特徴

次に、上司がそばにいてほしくない女性部下の特徴を3つご紹介します。

一緒に仕事をしたくない、近くにいてほしくないと思われる部下とは、一体どんな人なのでしょうか。

気になる人や、反面教師にしたい人は、ぜひお読みください。

すぐ感情的になる

感情をすぐに態度に出すタイプの女性とは、一緒に仕事をしたくないという上司が多いです。

このタイプの女性は自分の気分に流されて判断力が鈍るため、安定的に仕事をこなすことができません。

批判や注意に過敏に反応するため、腫れ物扱いで仕事の指示すらまともに出せません。

女を出しすぎる

ことさら女であることを引き合いに出し、気を使わせたり優位に立とうとしたりする女性も上司に敬遠されます。

具体的には「女だからできない」とすぐ弱音を吐いたり、男性に甘えて利用しようとしたりすることです。

性別を武器にしたり言い訳にしたりする部下を、頼りになると思う上司はいないでしょう。

ミスが多い

仕事でミスばかりする部下も、上司に信用されません。

仕事の細かい部分に気が回らなかったり、大事なところでミスしたりする部下は、そこにいるだけでトラブルの元です。

締切を守れなかったり、重要なことを見落としたりするので、上司を含め周囲の人に負担をかけてしまいます。

非常識

社会人としてのルールや仕事の決まりを守れない非常識な部下の対応に悩む上司も多いです。

常識に欠けた人は、本人が思う以上に周りに迷惑をかけています。

仕事に直接関係ないようにも見えますが、不適切な態度で仕事に支障がでたり、取引先とのコミュニケーションに失敗したりします。

仕事が遅い

仕事が遅くてモタモタしているのも特徴です。

このタイプの女性は非効率な仕事の仕方をしているため、一つ一つの作業が遅く、任せたものがいつまでも仕上がってきません。

計画性もないので他の人との連携もうまく行かず、上司としては苦労する相手だと言えるでしょう。




上司から恋愛対象として見られないためのコツ

上司から好意を向けられてしまい、仕事に支障が出て悩んでいる人も多いことでしょう。

そこでこの項目では、上司に恋愛対象として見られないポイントを詳しく解説します。

自分の身を守るためにも、ぜひチェックしてください。

敬語で話す

上司に異性として見られたくないなら、常に敬語にしましょう。

上司との距離が縮まると、言葉遣いが乱れたり、友達のように親しげに話したりすることもありますよね。

しかし、言葉遣い一つで相手に誤解を与えたりトラブルになったりするので、勘違いされたくないなら敬語で話しましょう。

プライベートなことはあまり話さない

プライベートな話をすると、仲良くなったと上司に勘違いさせてしまうかもしれません。

プライベートの話をきっかけに、デートに誘われたり仕事外で私的な連絡をされたりすることも多いです。

そのため、恋愛対象になりたくないなら、プライベートな話は控えた方がいいでしょう。

適切な距離をキープする

一定のラインから踏み込まないで、適切な距離を維持することも重要です。

たとえば、上司が困っていても仕事に関係ないことであれば、あまり深入りするべきではありません。

特に、プライベートな問題にはあまり触れないように気をつけて、一定の距離をキープしてください。




上司が「そばに置きたい!」と思う女性部下になるには

最後に、上司がそばにいてほしくなるような、必要とされる女性部下になる方法をご紹介します。

仕事の取り組み方や態度など、具体的に5つのポイントを解説します。

上司と良好な関係を築きたい人や、仕事で成果を上げたい人は、意識してみてください。

どんな時でも冷静さを忘れない

仕事で忙しい時やイライラした時も、常に冷静でいることが大切です。

不機嫌になって周りに当たり散らしたりパニックになったりする人とは、誰も一緒に仕事をしたいとは思いません。

仕事中は嫌なことがあってもグッとこらえて、落ち着いて振る舞うようにしましょう。

任された仕事をきっちり仕上げる

欲張らずに任された仕事を確実にこなすことも重要です。

上司にそばにいてほしいと思われるためには、必ずしも人より優秀で目立つ成果を上げる必要はありません。

自分をよく見せるために無理をするよりも、上司の指示通りに確実に仕事を終わらせた方が信頼されます。

自分から積極的に動く

指示を待つだけではなく、自分から積極的に仕事をするのも大切です。

上司に言われたことだけをやるのではなく、仕事の質を高めるために自分で考えて行動してください。

任せた仕事をこなした上に、さらに期待していた以上の働きを見せれば、上司から高く評価されることでしょう。

常に正確な情報共有をする

会社での情報共有は、常に正確に行いましょう。

基本的なことですが、説明不足だったり、知ったかぶりしたりすると、必ず仕事に支障が出ます。

わからないことはきちんと聞き、人に説明する時はわかりやすく丁寧に話して、正確な情報をやりとりするように心がけてください。

注意をされたら素直に聞き入れる

仕事をしていれば誰でもミスや失敗をするもの。

大切なのは、注意を受けた時の態度です。

ここであなたが不機嫌になって拗ねてしまったら、上司もあなたに指摘したり仕事を教えたりしたくなくなります。

たとえ嫌な気分になっても我慢して、素直に聞き入れましょう。




常に向上心をもって仕事に取り組もう

理想的な女性部下を目指すには、目の前の仕事をきっちりこなすことから始めてみましょう。

具体的には、まず指示をしっかり聞いて期日通りに仕事をこなし、報・連・相を怠らないことが重要です。

向上心をもって一つ一つの仕事に真剣に取り組むうちに、自然とスキルも磨かれるはずです。

上司に必要とされるような、プロフェッショナルを目指して、こつこつ成長し続けましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。