仕事ができると勘違いしている人の対処法を徹底解説!

仕事ができると勘違いしている人が身近にいると、「イタい人」という感想を持つと同時にどう接するのが良いのかと悩むものです。

「好きではないけどできれば平穏な関係を築いていきたい」と思う人もいれば、「仕事ができてないと気づいてほしい」と望む人がいるでしょう。

そこで今回は、仕事ができると勘違いしている人の対処法を徹底解説していきます。

仕事ができると勘違いしている人の特徴や、勘違いする原因なども紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。



仕事ができると勘違いしている人の特徴

ではまず、仕事ができると勘違いしてる人の特徴について見ていきましょう。

自惚れの強い人は、他者をイラっとさせる言動をとることが非常に多いです。

自分は「何を言ってもいい立場」と思い込んでいるので、人の気持ちを考えることがないのでしょう。

口だけで何もしない

仕事ができると勘違いしてる人は、往々にして口だけで何もしないのが特徴的です。

話しを誇張してまで自慢話したり、偉そうに人に指示やアドバイスはするけど、行動が全く伴っていません。

自分のことを“努力はしない天才肌”とでも思っていそうですが、実際そこまで能力が高くもないため、当然周りからは白い目で見られます。

自分の間違いを認めようとしない

仕事ができると勘違いしている人は、ミスをしても絶対に認めようとはしません。

間違いを認めたらプライドが深く傷つくので、人に指摘された時にはあれこれ言い訳ばかりを並べるでしょう。

また、基本的に自分の能力に根拠のない自信がある人ほどミスを繰り返すので、その度周りと衝突する傾向があります。

誰にでもマウントをとろうとする

自分がいかに優秀であるかをアピールするために、誰にでもマウントをとろうとするのも特徴の1つです。

特に自分より仕事ができないと思う相手には、かなり強気な態度で接します。

「上司に褒められた」「自分は今こんなに凄い仕事を任されている」など、思いつく限り自分自身の凄さをアピールしていきます。

できないことでも引き受ける

自分は仕事ができると過信してる人に限って、できないことでも引き受けてしまうものです。

また、自分から率先して「やります」と自信満々に言っておきながら、結局大幅に時間が掛かってしまったり、中途半端に仕上げて、周りに迷惑をかけることもざらにあるでしょう。

人のせいにしがち

自己評価が高すぎる人は、基本的に努力を惜しまない向上心のあるタイプではありません。

そのため、自分ができないことに関しては誰かのせいにしてしまう傾向があります。

事ある毎に「そこまで教えてもらっていない」「あの人のやり方を真似ただけ」など、聞いている方がイライラしてしまうような発言ばかりするでしょう。



なぜ?仕事ができると勘違いする原因

仕事ができると勘違いしてしまう要因は、その人の性格的な部分が大きく影響していると言えます。

自分中心に物事を考えることが癖付いていることや、もともと自信過剰なことが、思い込み・勘違いを引き起こすのです。

では、仕事ができると勘違いする原因について具体的に見ていきましょう。

良くも悪くもポジティブ思考だから

仕事ができると勘違いする原因として、あまりにもポジティブ思考すぎることが挙げられます。

考え方が前向きなのは決してダメなことではありませんが、それが悪い方向に作用すると実際より自分の評価が上がってしまいます。

また、それによって周りにも悪印象を与えてしまうのです。

視野が狭いから

実際の能力よりも自分を過大評価する人は、基本的に視野が狭いと言えます。

自分より仕事ができる人が見えていないからこそ、自分の本来の実力をしっかり把握することができないのでしょう。

また、自分が見てる世界が全てなので、たとえ人から指摘されても一度思い込むとなかなか抜け出すことができません。

そもそもポテンシャルが高いと思い込んでいるから

仕事ができると勘違いするのは、自分のそもそものポテンシャルが高いと思い込んでいることも要因の1つでしょう。

「自分は何をやっても上手くこなせるタイプ」と思っていて、もちろん人からもそう評価され期待も持たれていると考えています。

こういった思考を持つ人は、自分が思った以上に仕事ができてないと気づいた時に、激しく落ち込むのも特徴的です。



仕事ができると勘違いしている人を仕事ができないと気づかせるメリット・デメリット

仕事ができると勘違いしている相手に、思い切って「実際そこまで能力は高くない」と指摘しようと考えている人もいるでしょう。

ただしそうすることには利点もあればマイナス面もあるため、どちらも考慮した上で実行すべきです。

では、仕事ができると勘違いしてる人を仕事ができないと気づかせる“メリット”“デメリット”を、それぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット

周りが嫌な思いをしなくなる

仕事ができると思い込んでる人は、身近な人に対して見下すような発言をしたり、何でも人のせいにしたりして周りを不愉快にさせがちです。

仕事ができないと気づかせることによって、周りが嫌な思いをしなくなるのは大きなメリットと言えるでしょう。

社内の人間関係で悩む人が圧倒的に少なくなるので、環境が非常に良くなります。

業務がスムーズに進行するようになる

仕事ができないと気づかせることで、これまでよりも業務がスムーズに進行するようになるとも期待できます。

自分ができるタイプではないと気づいたら、本人は深く落ち込む可能性が高いです。

ただしその代わり、無駄に出しゃばらなくなって皆がやりやすくはなります。

また、できないことを無理してでもやろうともしなくなるので、ロスがなくなるのも利点の1つと言えるでしょう。

謙虚になってくれる可能性もある

周りから「仕事ができてない」と言われて、それをきっかけに本人が謙虚さを持ち始める可能性もあります。

過剰に自信家の人の場合は難しいですが、純粋さのあるタイプなら意見を素直に聞き入れてくれるでしょう。

これまでの自分の立ち振る舞いを反省し、「協調性を持とう」「もっと真剣に仕事に取り組もう」と考え始める場合もあるのです。



デメリット

そもそも言われても気づかない場合がある

自分の能力を過信している人は、そもそも人から「できてない」と言われてもその事実に気づかない場合があります。

そういったパターンにおいては、もちろんどれだけ一生懸命伝えようとしても分かってくれないので、言った側がただただ疲れるだけなのです。

また、人によっては気づかないどころか、「あの人は自分の能力に嫉妬してる」と歪んだ解釈をすることもあるでしょう。

以前より態度が悪くなる

仕事ができないと指摘すると、不貞腐れて以前より態度が悪くなる可能性もあります。

偉そうに振る舞うタイプに限って人からの指摘を素直に受け入れられないため、更に態度の悪さが加速してしまうのです。

以前よりもっと言い訳がましくなったり、マウントが激しくなるなど、更に周りを困らせる存在へと進化する場合があるでしょう。

一気にやる気をなくす

仕事ができると勘違いしてる人にできてないと気づかせると、一気にやる気をなくし何もしてくれなくなるケースもあります。

思い込みが激しい人は基本的に自分中心で物事を考えているので、思い通りの評価をされないと憤りを感じるのでしょう。

そうすると「絶対にあの人の言うことは聞かない」「もう何もしない」なんて思考を持ち始めて、実際に実行に移してしまうのです。



仕事ができると勘違いしている人の対処法

仕事ができると勘違いしている人が身近にいると、どう付き合っていくのがベストなのかと悩むことが少なくないでしょう。

そこで、ここでは適切な対処法を5つ紹介していきますので、「これならできる」と思うものがあればぜひ実践してみてください。

ある程度共感してあげる

仕事ができると勘違いしてる相手と、それなりに上手く関係を築いていくしかない場合もあるでしょう。

そういったケースにおいては、ある程度相手の考えに共感してあげるのがベターです。

プライドが人一倍高いので、ちょっとでも否定的な意見を言うとへそを曲げてしまう可能性があります。

思ってもないのに褒める必要はありませんが、何か言われたら「そうだね」「分かる」と言っておくのが無難でしょう。

適当に付き合う

身近な相手が自惚れ屋でしんどいなら、「この人とは適当に付き合っておこう」という意思を持っておくのが良いでしょう。

真剣に向き合っていると疲れてしまうだけなので、ある程度は適度に距離を保つことがポイントです。

必要以上に優しくすると「この人は自分の話を聞いてくれる」と思って、グイグイくるので注意しましょう。

冷静に対応する

仕事ができると勘違いしてる人と付き合う上で、あまり感情的にならないことも大切です。

話しを聞いててイライラするのは仕方ありませんが、だからといって勢いでその気持ちをぶつけてもいざこざに発展するだけでしょう。

常に冷静さをキープして向き合うことが、それなりに上手くいくためのコツの1つです。

仕事を丁寧に教えてあげる

そもそも能力がそこまで高くないのに「自分がデキる」と思ってる人がいると、業務がスムーズにいかないことも多いでしょう。

そんな場合の対処としては、改めて仕事を丁寧に教えてあげることが最も良いです。

特にあなたが上司で相手が部下の立場の場合、指導するのはごく自然な行動なので相手も文句は言えないでしょう。

関わりを避ける

仕事ができると勘違いして、その上周りに不快な思いもさせる…そんなタイプとは、なるべく関わりを避けるのがベストな対処法です。

同じ部署・同じチームといった場合には、まず上司に相談して部署・配属を変えてもらうというのもありです。

社員を大事にしてくれる会社なら、そういった要望もしっかり受け入れてくれると期待できます。



仕事ができると勘違いしている人に気づかせる方法

仕事ができると勘違いしている人に自分の本来の能力を気づかせるには、はっきり言うこと・遠回しに伝えるやり方があります。

上手くいけば自惚れていたことにちゃんと気づいてくれるので、「変えることはできない」と後ろ向きに考えずぜひ一度実践してみてください。

では、具体的な方法を3つ見ていきましょう。

ストレートに伝える

仕事ができると勘違いしている人に気づかせるには、ストレートに「できてない」と伝えるのが最も良い方法と言えます。

自信たっぷりな人には、遠回しなやり方で伝えようとしても全く気づかない傾向があります。

「ここできてないよ」「間違ってるよ」とはっきり教えてあげると、徐々に自分で思ってる以上に能力が低いことに気づくと期待できるでしょう。

難しい仕事は任せない

自惚れが強いタイプには難しい仕事をあえて任せないようにすることで、疎外感を感じつつも自分が「期待されてない」と気づく可能性があります。

また、そうすることで仕事がスムーズに回るようになるというのも、大きな利点と言えるでしょう。

たとえ「自分がやります」と言ってきたとしても、キッパリ断って他の人にお願いすることが大事です。

他の人を高く評価する

仕事ができると勘違いしてる人は、自分以外の誰かが評価されたり認められることを面白く思いません。

そしてそういった屈辱的な経験を積み重ねることで、心のどこかで「自分はたいしたことないのかもしれない」と気づき始めることもあります。

あえて本人の目の届くところで他の人を高く評価するのも、とても効果的なのです。



仕事ができると勘違いしている人とは、適度に距離をとるのがベストな対処法

仕事ができると勘違いしてしまう自惚れ屋さんはプライドが高く、自分に非があってもなかなか認めようとはしないでしょう。

それによって周りをうんざりさせることは日常的にありますが、本人は基本的に人の気持ちを考えていません。

なので仕事ができると勘違いしてる人とは、適度に距離をとるのが対処法としては最も良いと言えます。

距離感が近すぎるとイライラするだけなので、何か言ってきても上手くスルーしてしまう術を身につけましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。



▼おすすめ記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ