人を嫌いになる理由や原因と人間嫌いを克服する方法

人を嫌いになる8つの理由
by Sean MacEntee

 

あなたには今、嫌いな人がいますか?

もし「いる」と考えた方その理由を考えたことはあるでしょうか。

「ただなんとなく」
といった生理的な感覚の方が多いかもしれません。

そこで本日は人が人を嫌いになる理由をご紹介しますので
「なぜ自分はあの人のことが嫌いなのだろう?」
分析してみてはいかがでしょうか。

その部分がなくなる、または受け入れることができれば
お互いにもっと良い関係を築けるかもしれませんし、
今後、嫌いになるであろう人物との出会いがない状況を作り出せるかもしれません。

スポンサーリンク


人間嫌い

 

【目次】
人嫌いになる理由や原因
人間嫌いの特徴
人間嫌いの心理
人間嫌いを克服・治す方法
人嫌いのための仕事・職業とは

 

人嫌いになる理由や原因

出典

 

自分の期待に応えてくれないから

 

あまりにも相手に期待をかけすぎてしまうのはちょっと危険です。

その期待に応えられないとあなたが判断すれば
期待が失望に変わり、いつまでも変化がない相手に対して
嫌悪感を感じるようになってしまいます。

 

自分に危害を加える可能性があるから

 

人には自己防衛本能が備わっています。

粗暴な人、凶暴な人、得体の知れない人には
この本能が働きます。

相手に指摘するのも危険な場合があるので
距離を置くのが良い決断ではないでしょうか。

スポンサーリンク


嫉妬から

 

人を妬むことは大小あれど日常茶飯事にありますよね。

その嫉妬をどう飼いならすかで
人を嫌いになる、嫌いにならないが変わってきます。

ポジティブシンキングな人は
羨ましさから自分を高める努力をし

ネガティブシンキングな人は
妬みから相手を下げる画策をします。

 

軽蔑から

 

道徳に反する行いをする人を見てしまった時などに
人は軽蔑し、嫌いになるケースがあります。

もし身近な人のケースであれば
ある意味、信頼を失うということ。

その信頼を取り戻すのは長い時間が必要かもしれません。

スポンサーリンク


相手から軽蔑されていると感じるから

 

軽蔑されていると感じると
誰だっていい思いはしません。

その気持ちが大きくなり
「私だってあんなヤツのことなんか!」
と嫌いになります。

しかしなんとなくそう感じるだけで判断するのは
少し早いかもしれません。

誰にでもそういう態度をしてしまう人かも知れませんし、
きちんと確証が欲しいところではあります。

 

相手から嫌われていると感じるから

 

こちらも「軽蔑されていると感じる」とほぼ同じです。

もしかしたらあなたがそう感じているだけかもしれません。

 

絶対的な無関心から

 

相手が自分に興味をまったく持ってくれない場合、
様々な感情が沸き起こります。

その中の一つが「嫌う」です。

また逆の立場からみると、
無関心な相手から興味を持って欲しいと言わんばかりに
過度なコミュニケーションを取られ続けたら同じく嫌いになるかもしれません。

スポンサーリンク


生理的な拒絶反応から

 

ここまできてあなたが嫌いな人の特徴に当てはまらない場合は
これに当てはまることになります。

生理的な拒絶反応の多くはその人の
「見かけ」「におい」「会話」「身振り」
などが起因となって嫌いな感情が生まれます。

 

本音と建前があり信用できない

 

人嫌いになる原因として、他人への不信感が挙げられます。

不信感を抱いてしまう理由はいろいろありますが、その一つに、日本が本音と建前の文化だからということが言えます。

本音と建前を使い分けることは、本来は人間関係を円滑にするために有効なことです。

なんでもかんでも言いたい放題言ってしまったら、ほとんどの人がギスギスしてしまうでしょう。

しかし、本音と建前の負の側面として、まさに、波風を立てないために嘘を言うところにあります。

それがうわべだけ綺麗に取りつくろっているように見えて不快だと感じる人もいます。

本音と建前は誰でも使うものですから、そんな人たちは自然と他人を避けるようになり、人嫌いになってしまうのです。

スポンサーリンク


裏切りに遭ったことがある

 

裏切りに遭ったことが原因で、人嫌いになってしまっていることがあります。

裏切りと言っても、必ずしも深刻なものでないこともあります。

「友達と思っていた人が裏で陰口を言っていた」といった程度の裏切りでも、十分に人嫌いは起こりえるのです。

一度裏切りを経験してしまうと、それが軽いトラウマとなり、なかなか忘れられません。

また違う人と出会っても、「この人も私を裏切るんじゃないか」と不安になってしまうのです。

その結果、人と深い関係になることを避け、一定の距離を置いて付き合おうとします。

人嫌いは、たった一度の裏切りからでも発生するのです。

 

みんな自分のことしか考えてないと思ってしまう

 

人嫌いの人の中には、他人がみな自分のことしか考えてないと思い込んでしまっていることがあります。

責任を取らず保身に走る人や、お金のことしか考えない人、人気取りのために綺麗事ばかり言う人。

人間のみにくい姿が毎日のようにニュースやメディアで取り上げられています。

そうでなくとも、ネットなどで人の欲望をまざまざと見せつけられることもあるでしょう。

そんな情報に何度も触れるうち、結局みんな自分のことしか考えていない、自分が一番大事なんだと考えてしまうようになります。

その結果、人嫌いになってしまうのです。

スポンサーリンク


人間嫌いの特徴

 

他者に対する劣等感が強い

 

人間嫌いな人は、他人に対する劣等感がかなり強いのが特徴です。

どうして自分はこの人のようになれないんだと、劣等感が次第に憎しみや妬みなどに変化していきます。

そうして自分にないものを持っている相手のことが段々と嫌いになってくるのです。

こうしたことが多くなってくると自分以外の人間に対して鬱屈とした感情を抱くようになり、結果的に人間嫌いになってしまうのです。

他人に対して劣等感を抱くということは、自分に対して自信を持っていないということでもあります。

なので他人だけでなく、自分自身のことも嫌いになってしまうケースもよくあるのです。

 

他人を信用することができない

 

人間嫌いな人というのは他人を信用することができません。

生まれつき人を信用できないのではなく、過去に裏切られたり傷つけられたりなどといった経験のせいで、人を信用することができなくなっているのです。

信頼していた人から裏切られた、あるいは傷つけられた時のダメージは深刻であり、そう簡単に払拭できるものではありません。

こうした苦しい思いを二度と味わいたくないと思う人は多いため、他人と関わることを拒んでしまうのです。

こうしたタイプはすべての人が悪人ではないと頭では分かっていながらも、過去の苦い記憶がフラッシュバックし心を開くことがなかなかできないのです。

スポンサーリンク


一人でいることが何よりも好き

 

人間嫌いな人の特徴は一人でいることが好きということです。

人が嫌いだから一人でいることを好むというよりも、一人でいるうちに他人と関わる機会がなくなり、人間嫌いになっていったというケースが当てはまる人のほうが多いです。

またこうしたタイプはそもそも集団行動を不得意としていることが多く、人と一緒に行動しても何かとうまくいかないのです。

それゆえ一人でいたほうが楽しいしラクだという考えに至り、徐々に孤立していってしまうのです。

そうして一人でいるうちに他人と一緒に過ごすことに嫌気が差してきて、人間嫌いになってしまうのです。

 

人を寄せ付けない生活を送る

 

人間嫌いの特徴として、人に対して非常に辛辣で、誰とでも喧嘩してしまう人がいます。

自分本位で難しい性格なのでこれまでの人生で人付き合いがうまく行かなかった人に多いと言えます。

人付き合いが下手なので人も寄って来ず、それならなるべく関わりたくないという思いで人を寄せ付けない生活を送っている事があります。

勤めていた会社も人間関係がうまくいかず、結局フリーランスとなり家で引きこもって仕事をする生活に。

人間関係はないのですが、一生人と関わらずに生活するなんて無理なのです。

そうして人を寄せ付けないで生活しているとどんどん偏屈になり、優しさが奪われていくでしょう。

時に接した人からも、変な人だなと思われてしまう事でしょう。

そうして悪循環の歯車から抜け出せずに人間嫌いの変わった人として人生を歩んでいくのでしょう。

スポンサーリンク


過去に人間関係でトラウマがある

 

こういった人間嫌いの人はだいたい幼少期または思春期になんかしらの人間関係でのストレスやトラウマがあったといえます。

その頃はグッと我慢してしまって、大人になってから人間嫌いとして表れてしまうのです。

過去に人に裏切られたりいじめにあったりした人は、そのときの傷がなかなか癒えずそのまま全ての人の信用をなくしてしまうのでしょう。

人なんか信用したっていいことないと頭から決めつけており、それはどこか恨みを含んだものです。

自分の不器用さはわかっているけれど、世の中は自分に冷たいと決めつけてもう人との関わりを断絶してしまうのです。

干渉されたり否定されるのなら1人が気が楽だと思っており、親兄弟からも距離を置く人も少なくありません。

人の良さをみようとせずに、いつも疑心暗鬼でいるのでどんどん人との関わりができなくなるのです。

 

人に裏切られるという恐怖がある

 

過去のトラウマなり辛い記憶など、人に対して強くネガティブな感情を抱くことが多い人。

どうせ人に裏切られる、自分は嫌われている、偏屈と思われている、人が寄って来ないなど自分を卑下してしまっているので人間嫌いが加速します。

人に対して過剰にめんどくささや恐怖を抱いているので人を簡単に信用する事はまずないでしょう。

かかりつけの医者にでさえいちゃもんをつけて喧嘩してしまうような人となります。

あまりにも人と関わらないでいるとどんどん人間嫌いとなり、価値観さえも狂ってくるのです。

自分の思った事が正しい、他人は敵だという潜在意識すら抱くようになるでしょう。

人間嫌いの人はなかなか心を自ら開くという事は難しい事です。

スポンサーリンク


人間嫌いの心理

 

八方美人で疲れてしまったため

 

他人と関わり合いたくない、一緒にいても楽しくない、そんな人間嫌いの方はいらっしゃいますか?

私たちは生きている限り何らかの形で常に誰かと関わって生きています。

人間嫌いではこの世の中は生き辛く感じてしまうこともあるでしょう。

ですが人間を嫌いになってしまうのは何も珍しい心理ではありません。

ふとした何かの拍子で他人を疎み、嫌いになってしまうことが誰にでもあることなのです。

ではどのような心理で人間嫌いになってしまったのでしょう?

他人に気を使いすぎてしまうために人間嫌いに陥ってしまうことがあります。

いわゆる八方美人の人は常に周囲に気を使って愛想良く応対するのが特徴ですが、それに疲れてしまって人間嫌いになってしまうのです。

 

人間嫌いなのではなく自分が嫌い

 

人間嫌いの人の心理として、自分が嫌いだから人間も嫌いになってしまうことが多々あります。

自分自身に自信がなく周囲の期待に答えられない不甲斐なさを持ち合わせている方、何をしても誰も誉めてくれず空振りに終わってしまう方など自分のうまくいかない気持ちを周囲の人へ投影してしまうために人間が嫌いになってしまったのでしょう。

この場合どう周囲が変わっても人間を好きにはなれません。

まずは自分が自分を認め、敬い、好きになる必要があるからです。

人間嫌いではなく自分が嫌いなのだと認め、周囲に自己を投影するのを辞めた時に自分自身を肯定することができるようになるでしょう。

スポンサーリンク


裏切られたから、または羨ましいから

 

何度も周囲の人に裏切られたことがある方は人間嫌いに陥ってしまっても仕方ありません。

この場合人間嫌いになってしまった心理としては他人に期待することを辞めてしまったことが大きいでしょう。

また周囲の人が羨ましく妬ましいために人間嫌いになることもあります。

この人のこういう所が嫌い、ああいう部分が鼻につく、そう思ってしまうのはただ単にその人の嫌いだと思っている部分が妬ましいだけなのかもしれません。

自分が持ち合わせていない部分なためにそれができることが羨ましい、でも羨ましいと認めたくないために嫌いだと思い込んでいるのでしょう。

 

自分を否定する人ばかりだと決めつけている心理

 

人間嫌いの心理として、自分を否定されるのが怖いという心理があります。

プライドが高く、異常に人から否定される事を拒むのです。

仕事においても、少しのミスで先輩から怒られたとしてもプライドが高いので言い訳などをして逆ギレする事も。

あまり否定された経験がなかったり、否定されて傷ついた経験などがトラウマとなっていたり。

過去の人間関係のトラブルが原因で心の中に人間嫌いの看板を立てて自分を守ろうとしているのです。

自分を否定する人ばかりだからシャットダウンしてしまおうと心を閉ざすのです。

傷つく前に嫌いになってしまえば、自分のことを守れるという心理でいる事が考えられます。

スポンサーリンク


人間を信用できないという心理

 

過去にいじめをうけたり、人の心に敏感なために疑心暗鬼になって人間関係がうまくいかなかった人。

そんなつらい過去があって、人を受け入れられずに生きてきてしまったので人間を信用する事ができません。

スーパーの店員ですら、かかりつけの医者ですら、信用できないのです。

どうせ金儲けのためだと悪い方へ勘ぐり、人を蔑むのです。

そういった態度は必ず表に出るので余計に人を寄せ付けません。

人を寄せ付けないという事で益々自分の尊厳が失われ、プライドが高いので相手が悪いと大手を振って歩くのです。

ここまで頑固に人を信用できないという心理が植えてつけられてしまうと、人と関わるのはとても難しくなってしまう事でしょう。

 

人を必要としていない、でも実は寂しさを抱えている心理

 

自分には人は必要ないと思い込んでいます。

そういった心理でいるので1人で何でもやっていけると思っています。

1人で生きていくにしても必ず人の手を借りる場面が出てくるのです。

そういった場面も想像せず、独りよがりに生きていくのです。

そうなっては誰も手を差し伸べてなんかくれません。

寂しい人生を送る事に本人も少なからず寂しさは抱えている物の、どうしょうもないし、人なんか必要ないと強がってしまっているのです。

性格は治らないと豪語し、寂しさを隠すように横柄に振る舞ったりします。

人間嫌いな人は、寂しい人なのです。

スポンサーリンク


人間嫌いを克服・治す方法

 

まずは信頼できる人を一人見つける

 

人間嫌いの根底には不信感と不安感があります。

嫌な思いをした経験があり、他人のことを信じられなくなったり、他人に嫌われるのではないかという気持ちになったりします。

そのような気持ちになって、いろいろと面倒くさくなり、人間嫌いになってしまいます。

人間嫌いを治すためには、人間もいいところがある、信用してもいいんだということを体感する必要があります。

そのために、一人でいいので、信頼できる人を見つけましょう。

その人とコミュニケーションをとることで、他人に対して慣れていくのです。

そしてその人をきっかけに、人脈を広げて、人に関わっていくようにするといいでしょう。

 

他人のいいところを探す

 

他人のいいところに目を向けるように意識しましょう。

人間嫌いな状態だと、他人のいいところに目がいきません。

悪いところばかり目がいっています。

悪いところに目がいくから、余計に人間嫌いになります。

関わらないのが正解だと思ってしまいます。

それは偏った考えであると自覚して、いいところを意識的に見るようにしましょう。

他人を観察することで、人の気持ちの動きもわかってきます。

今まで見えてなかったいい部分もわかってきます。

いいところが目に付くようになれば、自然と他人も悪いものではないなと思えるようになりますよ。

スポンサーリンク


あえて人が多い場所に自分の身を置く

 

一度人間嫌いになると、当たり前ですが、人間を避けるようになります。

そして人間を避けるようになると、余計に人間のことが苦手になります。

他人に対して悪い考えが浮かぶようになります。

そこで、あえて人が多い場所に自分の身を置くようにしましょう。

街中を歩いたり、人が集まる施設に行ったり、知人の遊びに積極的に参加したりと、とにかく人がいる環境に身を置くのです。

そうやって人間に慣れていきましょう。

最初は苦痛ですが、繰り返すうちに段々慣れていきます。

意外となんとかなると気づくのです。

悪いイメージが膨らんで苦手意識が強まっているだけのこともあるので、こういった力技もおすすめですよ。

 

相手に過度の期待を抱かないこと

 

人間嫌いになってしまうのは、相手に対して、求めすぎているから。

相手にしてほしいことがたくさんある人ほど、人間嫌いになりやすいです。

例えば、困った時には何も言わなくても助けてほしい、言葉にしなくても気が付いてほしい、自分の表情の変化に気が付いてほしいといったこと。

相手に求めることのハードルが高ければ高いほど、それが叶わなかった時にガッカリしてしまいます。

そして、期待が大きければ大きいほど、相手のことを信じられなくなってしまいます。

人間嫌いを克服したい、直したいと思ったら、相手に期待しすぎるのを止めることです。

スポンサーリンク


相手との程よい距離感を探す

 

人間嫌いになってしまう人の多くは、何か原因があります。

誰かに傷つけられた、何かショックな出来事があったといった具合です。

相手のことを嫌いになってしまうほどの、大きな出来事があったケースがほとんどです。

人間嫌いになる前は、人との距離感が近い人が多いのも特徴です。

他人に心を開いて交流していたからこそ、ショックな出来事があったときに人間嫌いになってしまうのです。

人間嫌いを克服するためには、まずは同じ失敗を繰り返さないこと。

そのために必要なのは、相手との程よい距離感を探すことからはじめていきましょう。

 

信頼できる人たちと接する時間を増やす

 

人間嫌いを直したいからと言って、苦手な人や、多くの人と交わろうと思う必要はありません。

中には、色々な人と接することで人間嫌いは慣れるなんて人もいますが、嫌いなものを無理やり好きになるのは大変です。

「人間嫌いを直したい、でも苦手・・・」という心があるうちは、焦らないことです。

嫌いになった理由や、苦手な理由が自分ではっきりわかっているのなら、まずはその原因を解決することです。

それまでは、信頼できる人との時間を優先しましょう。

信用できる人がいる、人は怖くないということが頭と心で理解できれば、人間嫌いは克服できます。

スポンサーリンク


人嫌いのための仕事・職業とは

 

事務職でパソコンや資料と向き合う

 

人嫌いの人にとって、働いて社会や人とのつながりができるということ自体がとてもストレスになる場合があります。

そのため、事務職に就くことは、人嫌いの人にお勧めしたい職業のひとつです。

事務職であれば、普段向き合うのは人ではなく、パソコンや資料・書類がメインとなります。

パソコンで仕事をするので、自分専用のデスクやパソコンを与えられるのがほとんどで、自分のてえりとりーを確保することが出来ます。

これは、お昼ご飯を食べる場所も困らず、人嫌いの人にとって、嬉しいポイントです。

仕事に黙々と集中し、自分の力を発揮できるでしょう。

 

工場などで作業を行う

 

人嫌いの人には、工場などに勤務して、黙々と作業を行う仕事もお勧めです。

特に食べ物を取り扱っている工場であれば、マスクは必須ですし、仕事に関係ないことでおしゃべりをしたり、無駄口をたたく人もいないでしょう。

ですから、自分の仕事をひたすら行うことが出来ます。

休憩時間も決まっているところがほとんどだと思いますが、自分の好きなところで休憩し、好きなように休憩しても気に留めるような人が少ないのお、工場勤務するメリットのひとつです。

工場で働く人は、人嫌いであったり、コミュニケーションを取るのが苦手という人もいるので、必要以上に人に近づかなくても仕事に支障が出ずにいられるのです。

スポンサーリンク


職人など専門職に就く

 

何か得意なことや、これが好きだ!と思えるものがある人であれば、職人を目指し、専門職に就くこともお勧めです。

例えば、伝統工芸品を作る職人さんであったり、料理が好きであれば料理人を極め、自分でお店を開くというのもひとつの方法です。

料理人でも、自分が厨房にいるのであれば、人とのかかわりは最小限で済むことが出来ますし、職人さんになれば、自分の作業に集中して、目の前のものに向き合うことになるので人とのかかわりがありません。

人間関係のストレスや、飲み会など、人嫌いの人にとってため息が出てしまうようなイベントもなく仕事を行うことが出来るのです。

 

人間嫌いの原因を認識する

 

いかがでしょうか。

誰だって人には嫌われたくないものです。
しかし全ての人に好かれることは難しいでしょう。

そんな時は割り切って嫌われる覚悟・信念を持つことが大切だと
本書では述べています。

あなたの周りに大半の人に嫌われている人はいるでしょうか。

その場合はその人に問題があるかもしれません。

なぜあの人は嫌われているのだろうと考えて認識することで
あなたが同じ立場になる可能性は低くなるということですね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク