頭の回転が速い人の特徴9つ

頭の回転が速い人というのは、どのような特徴や共通点があるといえるでしょうか。

そういう人は、当然普段のコミュニケーションでも仕事にもその能力を活かしてくるでしょう。

そこで今回は頭の回転が速い人の特徴をご紹介しますので、ぜひ周りの人と比較しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


頭の回転が速い人の特徴

 

会話の展開が速い

 

概して、頭の回転が速い人は、自分の思考速度に合わせて発話するため、会話の展開が速いケースが多いものです。

他の人が、自分の思考回路についてこれるように、ゆっくりしゃべるようにしている人もいますが、そういう人も家族や気の置けない仲間と話しているときには、普段の1.5倍スピードで話しています。

貴方も、文章を書いていて、アイディアや書きたいことがあふれて、手が追い付かないという現象を味わったことがあるのではないでしょうか。

あれが、口で起きているという事になります。

自分の考えが、口頭表現のスピードを上回っているので、展開がスピーディーになるのです。

 

頭の回転が速い人は話がいろんなところに飛ぶ

 

頭の回転が速い人は、Aという話題について話しているときには、すでにBという話題を考えたり、Cというオプションも考え始めたりしています。

なので、「あ、Cという話もあってね」といった具合に、本人にとってはA→BからのCという流れであって自然なのですが、聞き手からするとA→Cとなっているので、一瞬戸惑ったりします。

後で、Bという行間を補うものを聞き手自身が気づくことで、「ああ、この人2つステップ進んでいたのね」と気づくこともありますが、気づきてもらえない場合は話がいろんなところに飛んで、とっ散らかった印象になってしまう可能性があります。

スポンサーリンク


相手の話をまとめようとする

 

頭の回転が速いと、理解力も当然早いので、他の人が長々と話していると「それって、要はこういう事ですよね」と端的に言ってしまう傾向にあります。

それが、相手によっては感じが悪く受け止められてしまうこともあるので、要注意です。

別に、他人を出し抜こうとか、馬鹿にしようとしているわけではないとは思いますが、自分が話しているときに話の腰を折られていい気分がする人は少ないですよね。

でも、頭の回転が早いたちは、自分の話を「その要点はこうですか?」と突っ込まれるほどダラダラ話したりしないため、逆の立場の経験がないので、それが失礼だという事に気づいていないことが多いのです。

 

頭の回転が速い人は相手の言いたい事をすぐに理解できる

 

頭の回転の速い人の特徴に、相手が何を言いたいのかという事を素早く理解するという事があります。

例えば取引先とのミーティングなどでも、相手の真の要望はどういったものなのかという事を、

早めに理解してそれに対して答えるようにするので、仕事の成果を上げる事ができるのです。

また、同僚が手伝って欲しい時や逆に手を出さないで欲しいといった事も、会話の端々から汲み取りますので、人間関係をスムーズに進める事ができるのです。

相手が本当に言いたい事・望んでいる事を素早く理解できるというのが、頭の回転の速い人の特徴です。

この能力は、仕事においてとても大切なものと言えるでしょう。

スポンサーリンク


人間関係を見抜く

 
頭の回転の速い人の特徴は、職場や取引先の人間関係において誰がキーパーソンであるか見抜く事が出来るという事があります。

例えば、取引先との会議で部長と課長が同席していても、会話のやりとりなどから実際の決定権を持っているのは誰かという事を理解する事が出来るのです。

そのため、取引先とのやりとりにおいて、失敗するという事が少なくなるでしょう。

また、職場においても人間関係をうまくやるために、相手に対してどういう対応が望ましいかという事を早めに見抜きます。その上で適切な態度で接するので、上司や同僚との関係も悪いという事はないでしょう。

頭の回転が速い人というのは、仕事に関わる人間関係を素早く、かつ適切に理解するという事ができるのです。
 

頭の回転が速い人は仕事のペースが速い

 
頭の回転が速い人の特徴として、仕事のペースが速いという特徴があります。

頭の回転が速い人は、仕事の段取りを組み立てるのも速いので、仕事を進めるのも速くなるのです。

その結果、仕事が速く仕上がりますから、見直す時間も充分に取る事ができます。仮にミスをしていても、見逃す事が減り、仕事の結果を出す事ができるのです。

頭の回転の速い人は、仕事のペースが速いので見直しをしっかり行う事ができ、仕事の成果を上げる事ができるでしょう。
 

頭の回転が速い人は早口である

 
頭の回転が速い人は早口です。脳の処理速度が早いため、言葉がよどみなくどんどん出てきます。

脳の回転に合わせて喋るため、どうしても早口になってしまうのです。

しかし、頭の回転が速い人は筋道を立てて論理的に話しますので、早口で話されたとしても聞き手が内容を理解しやすいです。

また、聞き手の頭の回転が極端に遅い場合にはペースが噛み合わず、話がちぐはぐになってしまう場合もあります。

スポンサーリンク


あらかじめ反論を予想し、その答えを用意している

 
頭の回転が速い人は、先回りして準備をしておくのが得意です。

仕事や普段の生活の中で、人に何かを提案するときも無意識に先回りして準備をしています。何かを提案した際に相手から受けるであろう反論を予想し、その答えをちゃんと自分のなかに用意しているのです。

提案を受ける側にとっては、自分の疑問点を一瞬にして解決してくれるのですから、提案者に説得されやすくなります。頭の回転が速い人は、説得が得意なのです。
 

運動神経が良い

 
頭の回転が速い人は運動神経も良いです。

頭の回転が早いということは、神経の中を情報が伝達するスピードが早いということです。

スポーツも、脳からの命令を手足に伝えることで体を動かしています。情報が伝達するスピードが早ければ、自分の体を思う通りに動かすことができます。

また、スポーツの世界では、一瞬の判断が要求されます。野球であれば「バットを振るか、降らないか」サッカーであれば「シュートするかパスするか」テニスであれば「コートの右を狙うか、左を狙うか」などを全体の状況を見ながら一瞬で判断しなくてはなりません。

頭の回転が早い人はこれが得意なのでスポーツも得意なのです。学生のとき、頭のよい子は、だいたいスポーツも万能ではなかったですか?

また、スポーツ界の有名な選手を思い浮かべてみてください。頭の回転が早い人が多いと思いませんか。

彼らは試合後のインタビューなどでも瞬時に言葉を選び、わかりやすく受け答えするため、頭の回転が早いことがわかります。
 

頭の回転が速い人の共通点を参考にしよう

 
いかがでしょうか。

今回は、頭の回転が速い人の特徴や共通点をご紹介しました。

このような人たちは普段の生活でも、仕事においても有利な特徴を持っていると言えるでしょう。

しかし周りがついてこれなくなってしまうというデメリットもあります。とはいっても頭の回転が速いとそれだけ物事を処理するスピードも速いのでやはりメリットの方が大きいものです。

今回ご紹介した内容を参考に、彼らの行動を意識してみてはいかがでしょうか。頭の回転が速くなるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク