仕事の不安を解消する方法6つ

仕事の不安
by bark
 
仕事をしていると不安に付きまとわれてしまうことはありませんか。

何をしていても、どんなことをやっていても不安を感じてしまうとマイナス思考に陥ってしまい、消極的になったり、自分の殻に閉じこもってしまいがちになります。

するといつしか仕事だけでなく、プライベートなどの日常生活にまで影響を及ぼしてしまい、周りに心配をかけてしまうこともあるでしょう。

そうなる前にできればさっさと仕事の不安を解決させて、いつも通りの生活に戻りたいものですよね。

そこで本日は仕事の不安を解決する方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク


仕事の不安

 

仕事の不安を解決させる方法としては次のようなものがあります。

  • 不安なことを書き出す
  • いいイメージを思い描く
  • 好きなことや趣味を楽しむ
  • 上司や先輩、同僚に不安を打ち明ける
  • 家族や友人に不安を打ち明ける
  • 本やインターネットを活用する

それでは具体的に確認していきましょう。

 

不安なことを書き出す

 

仕事のことで悩んでいて不安になるときは、そのことばかりが頭の中をぐるぐる回ってしまうことでしょう。

しかも、そのことを考えているとますます情報が整理できなくなり、さらに不安が大きくなるといったような悪循環になってしまうこともよくあることです。

そんな時は紙に不安なことを書き出してみましょう。

どんなことを不安に思っているのか、なぜ不安なのかを書き出すと、こんなことで悩んでいたのかと意外と不安を小さく感じたりするものです。

そうならない場合でも不安なことが明確になるだけで、自分で解決できる問題なのか、誰かに相談しないと解決しそうにないのか、相談する場合は誰が良いのかなど、不安に対して分析ができるようになります。

また自分一人では解決できそうにない場合、その書き出したメモを持って相談に行くのも良いでしょう。

相談される側もなにも材料が無いより、なにかあった方が相談に乗りやすいものです。

スポンサーリンク


いいイメージを思い描く

 
仕事が行き詰まり不安になるとき、ほとんどの人は悪いイメージしか持てなくなってしまっているのでは無いでしょうか。

イメージすることは仕事をやるうえでなかなか重要な作業の1つと言えるのですが、あまり意識されていない人が大多数でしょう。

イメージを思い描くことができるということは、プロジェクト全体や自分の仕事の目標地点を考えることができるということです。

思い描いている悪いイメージを、良いイメージに変えてみましょう。

自分本位の勝手なイメージでも構いません。

目標地点を定めると、その目標を達成するためには何が必要かを自然と考えるようになります。

何をすべきかという行動が明確になると仕事の不安も解消されていくでしょう。
 

好きなことや趣味を楽しむ

 
仕事のことを考えると不安になったり、仕事のことを考えるのも嫌だという状況になってしまった場合は、仕事のことを考えないことも1つの有効な解決策です。

友人や仕事仲間と飲みに行く、スポーツなどで体を動かす、趣味のバイクに乗ってツーリングなど、好きなことだったらなんでもいいでしょう。

好きなことで頭の中をいっぱいにして、思いっきり楽しむことに一生件目になることが大切です。

一時的な処置になってしまうかもしれませんが、リフレッシュして負のオーラから抜け出しましょう。

気分がスッキリすると仕事へ臨む姿勢も変わり、不安なことの解決策があっさりと出てくることもあるかもしれません。

スポンサーリンク


上司や先輩、同僚に不安を打ち明ける

 

仕事に関する不安を抱えてしまったときの解消法として、

多くの人が最初に考えるのは、職場の上司や先輩、同僚にその悩みを打ち明けることではないでしょうか。

実際の自分の仕事のことをよくわかっていて、毎日一緒に仕事をする人たちに相談するのは、たしかに効果的な方法です。

ただし、職場内の身近な人だからこそ、打ち明けにくいということもあるのではないでしょうか。

また、人間関係に起因する不安である場合は、適切な解消法とは言えませんので、

不安を感じたからといって誰かれ構わず相談するというのは注意が必要です。

 

家族や友人に不安を打ち明ける

 

先述の続きで、そこで考えられるのが、仕事と関係のない親しい人、つまり家族や友人に不安を打ち明けるという方法です。

これは仕事そのものに対するアドバイスをもらうのが目的ではなく、一種のカウンセリング効果を期待するものと考えたほうがいいでしょう。

社会人に共通するような不安であれば、できるだけ社会経験が豊富な年長者に相談するといいでしょう。

しかし、仕事の内容ややり方が当時と今とでは劇的に変化していることもあり、「それじゃあダメなんだよな・・・」と思いながら長い話やお説教を受けてしまうこともあります。

なので仕事場の人でも、仕事以外の人でも相談する場合は全てを鵜呑みにせずに、ポイントを掻い摘んで自分の中に取り入れるようにしましょう。

スポンサーリンク


本やインターネットを活用する

 
具体的な仕事の内容について不安を感じている場合は、ビジネス書や関連のハウツー本を読むという解消法があります。

漠然とした不安ではなく、たとえば、新しい職場に移って新しい仕事を始めるときに抱く不安の解消に、有効な方法と言っていいでしょう。

そして、仕事そのもに関する具体的な不安ではなく、漠然とした仕事上の不安の場合は、ビジネス書ではなく、メンタルヘルスケアの本を読むといいでしょう。

仕事のありようは変えられないのですから、自分のメンタルを変化させることによって、不安を解消するのです。

ただし、本によって書かれている内容にかなり大きな違いがありますので、1冊だけではなく、複数の著者による多くの本を読むことをおすすめします。

また、本ではなくインターネットを使って、ハウツーを学ぶ方法もあります。

今は多くのサイトで「こんなときはどうする?」という疑問・質問に答える記事を紹介しています。

ビジネス関連のサイトもありますし、より幅広い社会生活、人間生活に関するハウツーを紹介しているところもあります。

いつでもどこでもチェックできますので、すぐに解決したい場合などはおすすめです。

ただし情報量が多すぎて返って混乱してしまうこともありますので、その時はあなたの状況に当てはまるものだけにフォーカスして取捨選択したり、インターネットではなく、本から解決方法のヒントを見つけるようにしましょう。
 

仕事に対する不安とは

 

給与が周りと比べて低い

 
自分のことだけ、自分の仕事だけをまっすぐに見ることができていれば良いですが、実際はなかなかそのようにはいきません。

どうしても周りと比べてしまいがちです。

特に、久しぶりに友人と会うことになったりすると、近況報告や仕事のことなどを話すことがどうしても多くなるものです。

そして、親しい友人であればあるほど、給与面などの聞きづらいことも聞き合うようになります。

そうして言い合った結果、自分の方が給与が低いと、仕事に対して一気に不安な気持ちが押し寄せるのです。

同じ時間だけ働いているのに、自分の方が大変な仕事なのに、という気持ちがあれば尚更そういった気持ちになります。

全く問題ない給与だとしても、周りより低かったり周りより損をしていることがわかった瞬間、不安が芽生えてしまうのです。

スポンサーリンク


仕事に失敗して叱られるのではないか

 
仕事をこなす日々の中では常に不安を抱えているものです。

その不安とは、仕事をミスしてしなうのではないか…という不安です。

仕事をミスすると、自分で自分の行動が悔しくなりますし、周りから指摘されたり慰められたりすると恥ずかしい気持ちになります。

これだけでも嫌ですが、更にはそういった気持ちを感じた後、更に上司に叱られるのはとても嫌なものです。

一度でもそういった経験があるだけで、毎日緊張して不安が収まらない…ということになってしまいます。

つまり、いつ失敗するかと思って仕事に集中することさえできなくなってしまうのです。

また、ミスしないようにミスしないように…と思っている時に限ってミスもするものです。

そうしtr、その経験が増えれば増えるほど仕事への不安は増していくものなのです。
 

出世できないのではないか

 
周りが褒められたり認められたり出世したりしているなか、自分だけがなかなかその声がかからないときは不安になるものです。

仕事への取り組みも大切ですが、職場内の人間関係も良好にしておかないと不安になるものです。

自分よりも若いのに出世している社員をみてみると、上司との話が盛り上がっていたりといった、仕事とは直接関係のないことが理由としてあげられていることもあります。

自分がそういったことができない場合は特に、自分は忘れられているのではないか、自分は出世できないのではないか、と、どんどん悪い方悪い方に考えてしまって、不安は大きくなっていくものです。

出世できない自分と出世していく後輩を比べてどんどん不安になっていくということもあります。

また、マイホームを買ったなどの大きな買い物をした場合、出世する前提で考えていた場合は大変なことです。

そういった場合、更に不安は大きくなるでしょう。

スポンサーリンク


いつかクビにされるのではないか

 
公務員の場合は心配ありませんが、普通の民間の会社の場合に常に頭にあるのが、倒産やクビというものですよね。

普段仕事に集中している間は思わなくても、ふとした瞬間に考えて不安になるものです。

仕事でミスをした時、上司に叱られた時、自分より仕事のできる後輩が入社してきた時、誰かがクビにされた時、ライバル会社に抜かされた時、会社の悪いニュースが流れた時…。

また、プライベートで大きな買い物をした時や、プライベートがうまくいっていなくれネガティヴな気持ちの時、知っている会社が倒産したり知人がクビになった時など、直接仕事と関係のないことでも考えてしまう瞬間はたくさんあります。

基本的には簡単に倒産したりクビになったりはしないものですが、やはり頭のどこかに常に不安として残っているでしょう。
 

仕事が不安で眠れないときほどすぐに対策する

 
いかがでしょうか。

仕事に対する不安感が大きすぎて満足に眠れない人もいます。

そういう人ほど頭の中だけであれこれ考えてしまい、実際の行動に移す時は急激に腰が重くなる傾向があります。

これではいつまでたっても解消することはありませんよね。

「わかってはいるんだけど・・・」という言葉もよく使われます。

まずは不安を確認したら、できる限りの解消方法をピックアップして1つずつ試してみましょう。

もちろんあなたにとってハードルが低いもので構いません。

この実際に行動すること事態がとても大切なことで、一度動き出せば自然と次の行動へもしやすくなります。

どんどん動いていって、少しずつ不安を無くしていきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク