仕事が辛い時の対処法

仕事が辛い
by Mad Wraith

 

毎日、毎日仕事が辛い。

あなたはそう感じていないでしょうか。

仕事が辛くて会社辞めたいと感じていながらも、
日々の業務に追われ、解決方法を見いだせずにいる人が多いのが現状です。

そこで本日は仕事が辛いと感じることが続いた時の考え方や対処法をご紹介します。

【目次】
仕事が辛いとき
仕事が辛い人に共通する働き方
仕事が辛い人にかける言葉
人間関係で仕事が辛いときの改善方法
新入社員・新人が仕事を辛いを感じたときの乗り越え方
仕事が辛い時に聴きたい曲

スポンサーリンク


仕事が辛い

出典

 

仕事が辛い時は昨対比200%を目指してみる

 

200%の達成は、110%の達成とはまるで意味が変わってきます。

頭の中身も変わり、目つきや表情や行動もすべて変わってきます。

110%の達成を目指すより、
200%の達成を目指すほうが楽しいです。

 

仕事が辛いと感じる原因の一つとしてマンネリ化が挙げられます。

やることは同じなのに、
目標やノルマは常に先月よりも、昨年よりも少し上を求められることが多いです。

それでは仕事のモチベーションを維持するどころか、
もうここでは働きたくないと思ってしまうでしょう。

もし現在、マンネリ化が続いていたとしたら、
一気に目標を跳ね上げて設定してみましょう。

今までも同じやり方では絶対に達成できない目標であれば、
頭をフル回転させなければいけないし、話し合わなければいけないし、学ばなければいけないし、行動しなければいけません。

まるっきり行動が変化するはずです。

仮に200%達成できなくても、
110%よりも上になるケースが多いので、新しい発見がたくさん見つかり、仕事が楽しいと思えるはずです。

スポンサーリンク


仕事が辛いと感じた時はロングセラービジネス書を読んでみる

 

長期間にわたって増刷を重ねているロングセラーは信頼できることが多いです。

できれば別の3人以上の著者から学ぶことです。

社内で頭を抱え込むだけでは、
気付かされないことに気づきます。

本の内容はもちろん、
本が売れ続けている事実からも学べます。

 

読書をする習慣がないビジネスマンが増えているようです。

よく言われていることですが、
読書はとても費用対効果が高いです。

あなたが時間をかけてやらなければいけないことも、
すでに先人たちがやっておりその情報を残しておいてくれています。

打開策が何も見つからず辛い日々を過ごしているのであれば、
本を読んでみましょう。

 

仕事が辛い時にドロップアウトすると洗脳から解放される

 

ドロップアウトは早ければ早いほど有利です。

時間を味方につけることができるからです。

エリートコースを走っていて、
定年間際に後悔するのは悲惨です。
ドロップアウトは、
奴隷でいる洗脳から解き放たれる瞬間です。

 

目標をきちんと達成しているのに全く評価されないという人も中にはいます。

目標を達成することであなたが幸せと感じているのであれば全く問題ありませんが、
そうではない場合はその場所から離れることを前向きに検討するべきです。

大事なのはあなたが幸せと感じるかどうか。

そして幸せではないと気づいたら、
早めに行動するべきだと本書では伝えています。

一度でも転職や独立した経験がある方なら分かると思いますが、
大抵の場合「どうしてもっと早くこうしなかったんだろう」と感じるものです。

仕事辞めたいと感じながらイヤイヤ働く時間も、
スパッと決断して新しい場所で経験を積む時間も
同じ「時間」ですが、価値がまるっきり違います。

時間は有限なので早め早めを意識した方が良さそうです。

スポンサーリンク


仕事が辛い日々が続いてもふて腐れない

 

本人がふて腐れたら、
もはや周囲は救いようがありません。

(中略)

いかなることがあっても、
ふて腐れないと決めましょう。

ふて腐れた時間は、
死んでいたのと同じです。

 

どんなに周りがケアしても、カバーしても、気にしても、
本人が腐っていたらすべて無意味です。

ふて腐れて、何も考えず、ただ仕事が辛い、仕事行きたくないと感じる日々ほど無駄なものはありません。

それを理解した上で、
ふて腐れるか、ふて腐れないかはあなた次第です。

 

仕事が辛い経験をした人ほど転職や独立で成功している

 

とことん理不尽な目に遭った人は、
運の悪い人ではありません。

幸運な人しか、
とびきりの理不尽な扱いを受けることはできません。

転職や独立で成功している人は、
理不尽な扱いを受けていた人です。

例外はありません。

 

「なんで自分だけ・・・」
そう感じる瞬間があります。

しかしそれはあなたの運が良いことを表しています。

なぜなら、
いつまでもこんな退屈な職場でつまらない仕事をしている場合ではないと気づかせてくれるからです。

大抵の人は、仕事が辛いと感じていても何も行動しません。

しかし理不尽な扱いを受けると、その行動するエネルギーが生まれてきます。

その行動の差が、将来を大きく分けるようなので
理不尽な扱いを受けたときは転職や独立の合図と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


仕事が辛い時は抱え込んでいるものを1つ手放してみる

 

イライラしないためには、
荷物を減らすことです。

荷物を減らすと、
抱え込んでいる悩みも一緒に減っていくのです。

荷物を1つ手放すたびに、
トラブルも1つ離れていきます。

荷物を1つ増やすたびに、
トラブルも1つ近づいてきます。

 

仕事が辛いと感じている人だけでなく、
悩みがある人や常にイライラしている人などは色々なものを抱え込んでいます。

一つ一つ解決していくのが難しいようであれば、
手放す勇気を持ちましょう。

トラブルが少なくなればなるほど、
余裕が生まれ、あなた本来の力が発揮できるようになります。

 

仕事が辛い人に共通する働き方

 

残業が多く、仕事だけの日々を送っている

 

仕事が辛いと感じている人の多くは、残業が多くいつも仕事に追われています。

勤務時間が長すぎると、趣味にあてる時間や友人と食事に行く時間がとれなくなり、仕事だけの日々を送ることになります。

リフレッシュする時間がないと、「毎日仕事ばかり…私は何のために生きているんだろう」と、もやもやした気持ちを抱えてしまいがちです。

時間に余裕がなくなると、悪循環が生まれ、仕事がどんどん辛くなってしまうのです。

残業が常態化してしまうと、睡眠時間が短くなったり、ストレスでよく眠れなくなったりと、健康面に悪影響を及ぼすことにもなります。

スポンサーリンク


自分が本当にやりたい仕事をやっていない

 

仕事が辛くなってしまう人は、今の自分の仕事が好きではありません。

本当は別の仕事がやりたかったのに、就活が上手くいかなかったり、生活のことや体面を気にして今の仕事を選んでしまってします。

自分の仕事に誇りを持っていれば、多少仕事がしんどくても、それに耐えられるものです。

しかし自分の仕事が好きでなければ、少し嫌なことがあると「辛い、もう辞めたい…」という心理状態になってしまいます。

最初は自分の仕事が好きでなくても、好きになる努力をすればだんだんと好きになれることもあります。

また、その仕事が好きでなくても、得意なことを生かせたり適性があると、そこまで辛くはなりません。

 

職場の人間関係が悪い

 

人間のストレスの大半は人間関係が原因だと言われています。

パワハラのきつい上司、足を引っ張ってくる同僚、プライドの高い後輩…など、ストレスを与えてくる人がいると、職場に行くのが辛くなってしまいます。

仕事をする以上、人と関わることは必ずありますし、人間関係のトラブルが一番仕事が辛くなる原因となります。

ソリが合わない人と毎日顏を合わせコミュニケーションをとり仕事をするのは、相当な苦痛です。

勤務時間が長い人だと、家族よりも職場の人の方が会っている時間が長い、ということもあります。

頻繁に会う職場の人だからこそ、人間関係は仕事が辛くなる原因にもなりやすいのです。

スポンサーリンク


家から遠いところで働いている

 

家から遠いところで働いている人というのは、仕事が辛いと感じている人であることが多いです。

一般的には家から職場が離れるごとに、幸せ指数が離れるものです。

ですから、極端な話をすると、家から遠いという理由だけでその仕事を辛いと感じている可能性もあるという事です。

疲れた体にムチうってわざわざ遠くの街まで通い、そこからまた疲れた体にムチ打って、同じく疲れている人たちを見ながら帰宅するのです。

それは、誰だってその仕事辛いと感じてしまうでしょう。

同じ仕事でも良いので、今の自宅から近い職場の仕事に転職するというのは一つの手です。

 

仕事に目標を持っていない

 

仕事が辛いと感じている人のほとんどは仕事に目標をもつ働き方ができていません。

人は目標があれば大抵のことは頑張ることが出来るものですが、目標がなければあまり頑張ることができません。

目標とは言いかえれば希望です。

希望がないとだんだんとやる気がなくなるというのは、誰でも想像しやすいのではないでしょうか。

当然それは仕事にも当てはまることです。

仕事の目標、つまり仕事に対しての希望がなければ、どんな仕事でも次第に辛いと思ってしまうでしょう。

小さなことでも良いので、日々の仕事の中に目標を見つけて、それを希望にすると良いです。

スポンサーリンク


真面目に働きすぎている

 

真面目に働きすぎている人も、仕事を辛いと感じてしまう傾向にあります。

大前提として、当然真面目に働くという事は素晴らしい事ではあります。

しかし、それも度が過ぎると自分で自分の首を絞めてしまうことになるのです。

たとえば誰かの指示には絶対に100パーセント応えたいと思って、寸分の妥協もしなかったり、そうして自分を追い込んではいないでしょうか。

仕事が楽しいと感じている人は、抜くところは抜き、締めるところは絞めてメリハリをもって仕事をしているものです。

適度に不真面目な部分を作らないと、仕事の辛さにつぶされてしまうかもしれません。

 

仕事が辛い人にかける言葉

 

「頑張り過ぎないようにね」

 

とっても仕事が辛い人にかける言葉は、「あんまり、頑張り過ぎないようにね」です。

仕事が辛くてストレスを抱えている人に「頑張って」と言ってしまうと、余計にプレッシャーになり、疲れてしまいます。

でも、逆に「頑張り過ぎないようにね」と言ってあげれば気が楽になり、ストレスも解消します。

辛いと思っているから、人から楽になるような言葉を掛けられるだけでとっても気持ちが明るくなります。

明るくなると元気が出て、頑張ってみようと思うようになります。

頑張り過ぎなくていいのなら疲れてないな、苦しくないなと思うようになります。

スポンサーリンク


「良かったら手伝うから」

 

仕事が辛くて仕方がないという人に言いたい言葉とは、「何でも聞いて、よかったら手伝うから」です。

仕事が辛くて仕方がないという人は、1人でその辛さを抱えていることが辛いのです。

誰かに打ち明けて、もっと楽になりたいと思ってもいます。

そんな時に、「何でも聞いて」と言ってくれるだけでも心が明るくなります。

更に、「よかったら手伝うから」と言ってくれれば、もっと心強さを感じることができます。

1人ではない、誰かが自分を助けてくれると思うと、辛い気持ちも解消できるのです。

ドリンクでも差し出しながら言ってあげたり、ニコッと笑いながら言うと、もっと気分が明るくなります。

 

「もっと楽しく仕事をやるといいよ」

 

気の毒に仕事が辛い人に言ってあげたい言葉は、「もっと楽しく仕事をやるといいよ」です。

仕事が辛い人というのは、どうしてもプレッシャーを感じながらやっているところがあります。

どうも責任感が強く、人よりも真剣に考えてしまうところがあるのです。

そんな人には、もっと楽しく仕事をしてみようと言ってあげるだけでも辛い気持ちが解消します。

言われた人にとっては、「楽しくやればいいだ」と気が付き、そのプレッシャーを抱えなくなります。

人からこう言われるだけでも疲れなくなります。

仕事をもっと楽しくやっていいと気が付き、やる気がわいてくるのです。

スポンサーリンク


人間関係で仕事が辛いときの改善方法

 

時間が経てば状況も変わる

 

毎日のように通う職場での人間関係がうまくいかないと、仕事も辞めたくなってしまいますね。

けれどグッと堪えて、時が経つのを待つといいでしょう。

どんなに喧嘩をしても、嫌われてしまうような出来事があっても、たいていは時間が経過すれば少しずつ心も落ち着いていきます。

月日が経てば冷静になった相手から許されたり、いつの間にか普通の関係に戻れていたりするものです。

何人もの人間が集まれば気が合わない人間だっているでしょう。

人間関係なんてうまくいかなくて当たり前なのです。

他の職場で働いてもそれは変わりません。

逃げてしまうのは簡単ですが、次の職場でも同じように人間関係に悩む可能性はあるのです。

だったら少しだけ、時間が解決するのを待ってみるといいでしょう。

 

関係が悪化した相手に良好な関係になりたいことを伝えてみる

 

人間関係に悩んでしまって、仕事も捗らなくなるようでは問題です。

あんまりにも悩んでしまって夜眠れなくなったり、仕事に集中できなくなってしまうのならきっちり対処しなければならないでしょう。

そういう場合は関係が悪化している相手に気持ちをぶつけてみるといいですね。

あなたとの関係を修復したいからできることがあるなら言ってほしいなど、好意を持たれるような言い方が望ましいですね。

相手の性格さえ良ければ、きちんと話をしてくれるでしょう。

お互い素直な気持ちを伝えることができたなら、以前よりもずっと良好な関係を築けるかもしれません。

スポンサーリンク


職場に友人や理解者は必要でしょうか?

 

職場はあくまで仕事をする場所です。

友人をつくる必要なんてありませんし、理解者がいる必要だってありません。

そういう相手はプライベートな時間でつくればいいのです。

仕事なのだからやるべきことをしてお金を稼げばそれでいいはずです。

たとえ人間関係が悪化しようと、本来なら気にすることはないのですよ。

社会人としての振る舞いはしっかり意識しつつ仕事さえしていればいいのです。

人間関係が辛いと感じたら、なんのために職場に行って仕事をしているのかよく考えてみましょう。

職場で人と仲良くなろうなどと考えることをやめてしまった方が、気持ちが楽になりますよ。

 

新入社員・新人が仕事を辛いを感じたときの乗り越え方

 

先輩から話を聞いたりする

 

仕事が辛いと思う時期は、新しく社会人となった人であれば必ず1年以内に1回ほどはあるかと思います。

その原因としては様々あるかと思いますが、多い理由としては「人間関係が上手くいかない」「どのように仕事をしたらいいのか分からない」ということが多いのです。

このような壁に当たり、仕事を辛いと感じ始めたら同じ職場の先輩に相談してみるのがおすすめです。

瀬同じ職場の先輩であれば、その先輩も同じ壁にぶつかりながら経験を重ねてきているので、新入社員が悩んだり、仕事を辛いと思う気持ちに共感してアドバイスをもらうことができるでしょう。

スポンサーリンク


仕事においての目標を決める

 

仕事を辛いと感じるとき、仕事をしていても「辛い」「苦しい」という気持ちがほとんどを占めてしまうので、やりがいや自分の中で「楽しい」という気持ちを起こすことが難しくなっています。

ですから、辛い状況を乗り越えるために、自分で仕事をするにあたっての目標を決めてみてください。

例えば「今月中に○○をできるようになる」「誰よりも元気にあいさつをする」など、自分ができそうだと思うことや、モチベーションを上げるのにつなげることなど、いくつかピックアップしてみて、まずは1つ始めてみましょう。

目標が決まると、その目標に向かって頑張ることができます。

 

ご褒美を用意してみる

 

仕事が辛いことばかりでは、プライベートの時間も楽しむことができなかったり、気持ちが沈みがちになってしまうことが多いでしょう。

ですから、頑張った自分へのご褒美を1つでもいいので決めてみてください。

「今週を乗り切ることができたら、週末は美味しいご飯を食べる」「欲しかったものを1つ買う」など、自分のやる気につながるようなプラスのご褒美を自分に与えることにより、モチベーションを上げて仕事に臨むことができますし、辛い状況を乗り越えることができたということで、自分の成長や自信にもつながってくるのです。

スポンサーリンク


仕事が辛い時に聴きたい曲

 

言わずとも知れた名曲、ZARDの負けないで

 

ZARDの名曲負けないで。

あまりにも名曲ですが、耳に残る分励まされます。

サビがダイレクトに応援してくれているので、負けないでというフレーズが強く心に残る事でしょう。

心に残るのでいつでも頭にメロディーが浮上し、負けないで頑張ろうという思いに切り替わります。

ZARDの綺麗な声と、負けないでという応援を込めたメッセージの相乗効果で心にスッと入っていく事でしょう。

また、ZARDご本人が事故で他界していることもあり、なんだか天使からのメッセージのような気がします。

生きていればきっといいことがある、そう思わせてくれる一曲です。

 

SMAP、山崎まさよしのセロリ

 

SMAPのセロリ。

軽快な音楽と軽快な歌詞になんだか楽観的になれることでしょう。

なんとかやってみたらいいことあるかな?という気持ちになれます。

がんばってみるよ、やれるだけというフレーズが心に残ります。

やれるだけやってダメなら仕方ないと割り切れる気持ちがもてることでしょう。

明るい軽快な音楽なので気持ちも気が楽になり、やれるだけやってみようかな?という前向きな気持ちになれます。

きっとやる気も元気も出てくるに違いありません。

やはり、楽観的で気が楽になるような曲は人を励ましてくれます。

山崎まさよしバージョンもアンニュイな感じがしておすすめです。

スポンサーリンク


中島みゆきの「ファイト」

 

中島みゆきのファイト。

最近はCMで満島ひかりがカバーしています。

なんだか心に強く励ましを感じる曲です。

中島みゆきの独特な歌声と独特な曲調。

力強さを感じ、聴いているだけで引き込まれてしまいます。

戦うのは自分1人ではない、もっと辛い思いをしても前をむいて頑張っている人がいるんだと思い、背中を押される事でしょう。

戦う君の、というフレーズが、自分は充分戦っていて頑張っているんだ、前をむかねばと奮い立たせてくれるのです。

かなり耳に残る曲なので、何度も聴いているとずっと頭を駆け巡るほど。

常に応援されている気持ちになれて、仕事での失敗も次へのチャンスと捉えて前を向ける事でしょう。

 

仕事が辛い人は常時、転職エージェントに登録しておく

 

精神的にゆとりを持って出世する方法があります。

常時、転職エージェンシーも登録して自分を客観視しておくのです。

(中略)

私もサラリーマン時代、
転職エージェンシーに登録していました。

相手はプロですから、
こちらの市場価値を見事に分析してくれます。

 

こうしたエージェントを上手に活用して、
キャリアアップをされた著名な方は実は意外とたくさんいます。

例えば、勝間和代さんやドラゴン桜で有名な三田紀房さんは著書でも転職エージェントには複数登録しておくべきだとご自身の経験から伝えています。

また、ディー・エヌ・エーの創業者である南場智子さんも起業前、エージェントの力を頼って自分に合う職場を見つけたと講演でお話をされています。

自分の力だけで何でもかんでもやろうとするよりも、
外部の力をうまく使うほうが、精神的にも余裕が生まれ、物事がスムーズに進むことが多いです。

さらにあなたの市場価値というのはあなたが決めるわけではありません。

全て第三者が決めます。

そのため、仕事が辛いからエージェントを使ってみたという人ほどスカウトがたくさんきたり、「オレは仕事ができる!」と少し傲慢になっている人ほど誰からも相手にされなかったりするのです。

勝間さんや三田さん、南場さんのように早い段階で自分の市場価値を理解したり、自分にピッタリの仕事を見つけるためにエージェントはとても役立ちます。

また、いざ何か起きた際に頼る相手がいるという安心感は、
思い切った行動を起こしやすいですし、エージェントの大きなメリットの一つと言えます。

スポンサーリンク


仕事が辛い人が使うべき匿名スカウトサービス

 

あなたは仕事が辛いけれど、それを解決するための行動ができていないのではないでしょうか。

すぐに行動ができない、すぐに決断できないという人はひとまずエージェントのスカウトサービスを使うのがオススメです。

あなたと同じような人が利用している代表的なサービスは次の2つになります。

もちろんお金は一切かかりません。

すぐに仕事を辞めたりするわけではないけれど、
「自分の市場価値や自分に合う仕事を確認してみたい」
という人はリクナビNEXTが最適です。

リクナビNEXTは匿名で利用できるので、
あなたにスカウトのオファーがあったからいって話を聞かなきゃいけないなんてことは全くありません。

お金も時間もかからずに使えて、
おまけにいつでもやめることができるので、
得することがあっても、損することはまずありません。

これがキッカケになって仕事が辛い・・・と毎日感じながら職場に向かっていたあなたから、楽しくてワクワクしながら仕事をするあなたへと変えるかもしれません。

間違いなく確実に言えることは
「行動しないといつまでも結論は絶対にでない」
ということ。

つまり、リクナビのスカウトサービスでいえば、ただ見てみるだけでなく、実際に企業からのスカウトオファーを待ってみたり、どれか1つでもいいから試しに応募してみるという第一歩が全ての始まりであり、あなたの環境を劇的に変えることにつながるのです。

周りの人が仕事が辛いと感じていながらも行動しない中で、
あなただけは一足早く自分の市場価値や自分に合う職場や仕事を認識することで間違いなく他の人よりも一歩先に進むことができます。

このようにあなたの同世代の人たちは仕事が辛い・・・という状況からさっさと抜けだして、日々楽しく仕事をして過ごしていますよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク