おっとりした女性の特徴とは?モテる理由や仕事もご紹介!

あなたは性格的におっとりしているタイプでしょうか。

おっとりした人には、普通の人にはない魅力に溢れています。

そこで今回は、おっとりした女性の特徴やモテる理由についてご紹介していきます。

ぜひあなたや周りの人に当てはまるかどうか確認してみてください。

【目次】



おっとりの意味とは

 

おっとりとは、物事の考え方が落ち着いており、それが行動や態度に表れている様です。

せかせかしているといった、忙しくしている、急いでいるの反語になります。

おっとりした性格、おっとりした人などと使われることが一般的です。

 

おっとりした女性の特徴

 

喋るスピードがゆっくり

 

おっとりした女性は、とにかく喋るスピードがゆっくりというのが特徴です。

あまりにスローなので、つい相手もそのスピードにつられそうになるでしょう。

おっとりとした女性は、急がないといけないような場面でも決して焦ることはありません。

どんな時でもマイペースにゆっくり話をしています。

しかし、本人には喋るスピードが遅いという自覚は一切ありません。

いたって普通に話をしているつもりなのです。

「おっとりしているよね」と言われても、自分のどこがおっとりしているのか分かりません。

おっとりしている女性の家族も、きっと同じようなスピードなのでしょう。

みんながゆっくり喋っている環境の中育ってきたので、全く違和感がないのです。

「話すスピード遅いよね」と他人から指摘されて初めて、自分の話し方がゆっくりだと気付かされるのです。

せっかちな人は次から次へと言葉が出てきますが、おっとりした女性はなかなか次の言葉が出てきません。

しばらく頭の中で考えてから、やっと次の言葉が出てくるのです。

おっとりした女性の話し方は、一語一句をとても丁寧に喋っているように感じるでしょう。


情緒が安定している

 

おっとりした女性は情緒がとても安定しています。

いつも気持ちが穏やかなので、激しく怒るようなこともありません。

頭に血が上ってすぐにキレる人がいますが、おっとりした女性にはそのようなことがないのです。

内心では不快に思っていたとしても、その気持ちを自分でしっかりコントロールすることができるのでしょう。

決してその場で取り乱すようなことはありません。

予想外のことが起きた時でも、パニックになるようなこともないでしょう。

どんな時でも常に情緒が安定しているので、気持ちが大きく乱れることがないのです。

その為、おっとりした女性に会うと、いつも同じようなテンションで変わらないはずです。

周りの人からは「怒ったことあるの?」「イライラすることとかないの?」と不思議に思われることも多いでしょう。

普通なら、その時々で機嫌が悪かったりテンションが下がっていたりするものです。

しかしおっとりしている女性には、周りが見て分かるような気分の浮き沈みがないのです。

その為、おっとりしている女性に会うと、どこか安心できるような癒される気持ちになるでしょう。


上品な雰囲気がある

 

喋り方や行動がゆっくりしているので、どこか上品な雰囲気に見えるのでしょう。

一つ一つの言動が丁寧なので、より女性らしさを感じるのです。

自分にはない魅力だと、惹かれる人も多いです。

また、おっとりした女性は笑顔もとても素敵です。

いつもニコニコしていて、周りをホッとさせるような優しいオーラを放っているのです。

笑顔が素敵な女性を嫌いな人はいませんよね。

慌ただしい空気の中仕事をしている人は、おっとりした女性のその柔らかい雰囲気に癒されるのでしょう。

感情の起伏が激しい女性の場合は、長く一緒にいると疲れてしまいますよね。

仕事で疲れているところに、彼女からも責め立てられたのでは参ってしまいます。

おっとりした女性はいつも心が穏やかなので、一緒にいて安心できるのでしょう。

また、おっとりした女性はとても聞き上手な一面があります。

その為、何気ない話にも優しく耳を傾けてくれるのです。

おっとりした女性は、多くの人から癒されたいと思われる存在なのでしょう。


おっとりした女性がモテる理由

 

一緒にいると癒される

 

おっとりした女性がモテる理由として、一緒にいると癒されることがあげられます。

男女問わず、現代社会で人は常に強いストレスを与えられています。

その結果、人は精神的に余裕を無くし、イライラしたり闘争本能が強くなります。

特に男性は女性に比べて攻撃性が高いので、相手が異性同性かを問わず闘争心を抱きがちです。

そのため有能で美人な魅力的な女性でも、競争相手だと認識されれば男性に攻撃されたり嫌がらせをされることがあります。

しかし、おっとりした女性は現実世界の競争やえげつない足の引っ張りあいなどとは無縁です。

おっとりした女性と一緒にいると、競争や闘争といった必要がなく、攻撃性や闘争心も消えてしまいます。

そうすると、神経の休まらない世界から自然に距離を置けるようになるのです。

結果的に心にゆとりが出来て、時間や仕事に終われるストレスフルな日常を忘れられます。

ストレスから解放されるので、おっとりした女性と一緒にいると男性は癒されます。

そして一緒にいると心地よく癒されるので、ますます一緒にいたいと思われます。

そのため、おっとりした女性は人気が高くモテるのです。


新鮮さを感じて惹かれる

 

おっとりした女性がモテる理由として、新鮮さを感じて惹かれることがあげられます。

人が異性に惹かれるパターンの一つとして、自分に似ていない人間に惹かれるというケースがあります。

もちろん、自分と同じような性格の人を好む人も多くいます。

こういった似た者同士のカップルは相手が考えていることが分かるため、疲れることもなく相性が良いとも言えます。

しかし、優しい男性と気の強い女性や、善良で献身的な女性と攻撃的な男性などの正反対に見える人同士がカップルになることもよくありますよね。

これは自分に似ていない相手に惹かれるというケースに当てはまります。

一般に男性は競争心・闘争心が旺盛で攻撃性が高いとされます。

その点で、おっとりした女性は一般的な男性の特性とは全く似ていない特性を持っているといえます。

全く自分に似ていない異性に対しては、理解できないというストレスを感じる場合もあります。

しかし自分にないものを相手が持っているとも言えますから、性質の違う相手に無意識に惹かれることもあります。

また、相手が何を考えているのか分からないため、もっと知りたいと思ったり刺激的に感じるということもあるのです。

そのため、おっとりした女性は多くの男性から新鮮に感じられて人気が高くモテるのです。


隙がある

 

おっとりした女性がモテる理由として、良い意味で隙があることがあげられます。

おっとりした女性は穏やかで優しい人も多く、人を攻撃したり強い拒絶をするといったこともあまりありません。

そのため、異性として近づきやすいという面があります。

これは異性に媚びているという訳ではなく、分け隔てなく穏やかな態度が異性を含めて自然と人を惹き付けるからです。

神経が過敏で攻撃的な女性は、自分の好みでない異性に対してきっぱりと拒絶をしたり攻撃したりします。

これは相性の悪い異性や悪意のある異性から自分の身を守る処世術とも言えます。

そのため一概に悪いこととは言えません。

しかし、こういった振る舞いは悪気のない男性を傷つけたり萎縮させてしまうこともあります。

特に若い人や恋愛経験の浅い人は深刻に受け止めがちなため、はっきりした攻撃的な女性は避けてしまうのです。

一方でおっとりした女性は、興味のない異性や好意に応えられない場合も、不必要に人を攻撃したりはしません。

そのため、男性から好意を抱かれやすいだけでなく、好意を素直に打ち明けやすいのです。

おっとりした女性は良い意味で隙があるため、男性からモテるのです。


おっとりした人に向いている仕事

 

保育士

 

おっとりした人の最大の特徴は、細かいことを気にしないということでしょう。

この性格が最もプラスに働く仕事は保育士です。

小さな子どもを相手にする仕事をする際に大事なのは、あまり神経質になりすぎないということ。

子どもは不潔なことを平気でしますし、大人がやらないようなことをしてもまったく意に介しません。

それが子どもというものですし、子どもはそういう経験を重ねながら成長していくものでしょう。

ですから、あまりに神経質に子どもの一挙手一投足を気にしすぎて、いちいち子どもに注意をしたり、しかったりすると子どもはまっすぐに育っていくことができません。

常に大人の顔色を窺うような卑屈な子どもになってしまうのです。

その点、おっとりした人は子どもの犯す小さな失敗には目をつぶり、大所高所から子どもの成長を見守ることができますから、子どもはまっすぐに育っていくことができるはずです。

神経質で、ぎすぎすした性格の保育士さんと、おっとりした性格の保育士さんのどちらに自分の子どもを預けたいかと親に聞けば、後者を選択する親が多いのは間違いないでしょう。

親もおっとりした保育士さんを望むものですし、また、ある程度おっとりした性格でなければ保育士は務まりません。


研究職

 

おっとりした人は、人との競争を好みません。

また、ノルマを課せられるような仕事にも不向きと言っていいでしょう。

おっとりした人は、自分のペースで自分のやりたいように仕事をすることが得意なのですが、そんな人に向いている仕事の一つが学者、研究員です。

学者や研究員は自分の興味のある分野の研究を、ある程度、自分のペースで進めることができます。

もちろん、指導者や先生の指示によって、ある程度、時間的なリミットのある研究をすることもありますが、そのリミットを守ることが、研究者を続けるための必須要素ということはあまりありません。

研究分野にもよりますが、時間的な余裕を持って、じっくり専門分野の研究をすることができるのが、学者の仕事と言っていいでしょう。

ですから、若いうちはそれほど評価されなくても、年を取って評価されるというケースも少なくありません。

いわゆる「大器晩成型」の学者も、世の中にはたくさんいるのです。

ものを売り込むような商売では、目先の実績がなによりも重視されますが、学者の場合、時間をかけて研究を深めた結果、優れた業績を残すこともできるため、おっとりした性格の人に向いている職業ということができるでしょう。


地方公務員

 

民間の仕事と地方公務員の仕事を比べると、民間の仕事の方がスピードが重視されたり、すみやかな対応を求められることが多いと言っていいでしょう。

たとえば、民間の営業マンはノルマを課せられ、そのノルマを達成するために時間的な制約の中であくせく働くことが少なくありません。

つまり、おっとりした性格だと、求められる成果を上げられないことがあるのです。

地方公務員の仕事の中にも、スピードを要求されるものはありますし、すみやかな対応を求められるものはあるでしょう。

しかし、民間の仕事に比べ、そういう種類の仕事の割合は小さいに違いありません。

地方公務員の仕事は自分のほうから出向いて、顧客を開拓するということがあまりなく、受け身で処理するものが多いと考えていいでしょう。

受け身の仕事が多いほど、おっとりした人には向いていると考えられます。

民間企業の営業マンなら、常に自主的に動き回ってより大きな成果を上げることを求められますし、国家公務員も民間と同じような積極的な仕事を求められることが少なくありません。

その点、地方公務員なら、おっとりした性格の人でもむりなく勤めることができるのです。


おっとりした性格を直す方法

 

おっとりした性格には2種類ある

 

おっとりした性格を直すためには、なぜ周囲からおっとりしていると思われるのか原因を知ることが大切です。

本人は一生懸命に考えて行動しているつもりであっても、時間感覚が本人と周囲で異なることが少なくありません。

おっとりしている原因には、優柔不断で考え込んでしまうタイプとマイペースなタイプの2種類が存在します。

外部から見た時には、動きが緩慢に見えたりぼーっとしている時間が長かったりしがちです。

しかし、本人にとっては納得した上で行動したいと考えているために、何も考えずに動くことを嫌っていることが多いわけです。

おっとりしているからといって、必ずしも穏やかな性格をしているとは限りません。

本人にしか分からない強い拘りを持ち、何事にも真剣に取り組む結果として芯が強く頑固な性格をしている人が多いです。

優柔不断な性格とマイペースな性格に対して同じ解決方法を提案しても、原因が全く異なるためにどちらか一方のタイプにしか効き目が無いという状態になります。

そこで、おっとりした性格を改善するためには、なぜ周囲からおっとりしていると見えるのか原因を判別してから解決方法を見つけると良いわけです。


優柔不断タイプなら時間制限を設ける

 

おっとりした性格の原因が優柔不断タイプならば、考える時間を与えなければ良いと考えられます。

1つの作業が終わって次の作業に移るまでに時間がかかる状態を避けて、次の仕事を先に与えておけば良いわけです。

予め正解が分かっていれば悩む必要が無く、物事に集中する力は高いので悩むだけの時間さえ無ければおっとりした性格とは周囲に思われなくなります。

人生を左右する重大な決心が必要な時には、時間制限を設けずにじっくり考える必要があります。

しかし、料理の注文や正解が無い判断項目については、考える時間が無い限りおっとりしたとは思われないわけです。

例えば、5秒ルールとして何かを判断したり行動しなければならない時には、5秒以内にすぐ行動に移すことを決めるだけでおっとりした性格と思われない効果が出ます。

本来の5秒ルールは、やる気が出ない時に脳が理由を考える前に行動すればやり遂げられるというものですが、優柔不断を直す時にも応用可能です。

正解が無いタイプの選択では、5秒以内にどちらか判断するだけで即決即断力が身に付きます。

日頃からすぐに決断して実行する練習を行えば、おっとりした性格だとは思われなくなります。


マイペース型なら視野を広げる

 

マイペースに仕事や物事の処理をしていると、おっとりした性格をしていると思われがちです。

本来はじっくり考えた上で着実に仕事をこなすタイプの人であっても、採算ベースを考えると時間を掛けすぎとなりかねません。

自分で担当している仕事のみを見ていると、1区切りついた時点で次に何をすべきか分からずに周囲を見回してしまうことがあります。

おっとりしている性格の原因がマイペース型ならば、本人の仕事以外の部分まで視野を広げて考えてもらうと良いです。

本人の仕事が終わり次の部署へ引き継ぐ様子が確認出来れば、時間に対してルーズな状況が生まれません。

全体の仕組みや流れを理解した上で本人が担当する部署の役目を把握すれば、次に何をすべきかすぐに判断可能です。

いつまでに担当している仕事を終わらせて引き継ぎしないとどうなるのか、全体像を把握出来る状態となるためには視野を広く持つ必要があります。

視野を広げる努力は、自ら行うことが出来るので割り当てられた範囲以外は興味無しという状況を避けて、全体を見て自分の役割を把握するよう努めれば自然とおっとりした性格は改善されているはずです。


おっとりした人を嫌いな人も多い

 

いかがでしょうか。

おっとりした人には多くの人に好かれるイメージかあることでしょう。

しかし、万人ウケするわけではありません。

中にはおっとりした女性にムカつく、嫌いだと感じる人もいるのです。

そういう人は大抵せっかちであったりするなど真逆の性格でしょう。

または、ものすごく情熱をささげていて、今すぐにでも結果を出したいと思っている時に、のんびりマイペースで行動されたらむかつくこともあります。

おっとりした性格だからといって状況関係なく、なんでも許されるというわけではないということは注意しましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク