職場で挨拶しない人の心理や特徴は?対処法も徹底解説!

挨拶をすることは、年齢に関係なく人としての常識であり、とても大切な行動です。

しかし、社会人になって職場で挨拶をしない人もいますよね。

今回はそんな、職場でちゃんと挨拶しない人にフォーカスします。

挨拶をしない理由や気持ちを解説するほか、そういった非常識な行動が起こりやすい職場の特徴や対策もお伝えします。

悩んでいる人はぜひ最後までお付き合いください。



職場で挨拶しない人の心理

職場で挨拶されなかったら、気分を害しますよね。

「いい大人なのに、どうして?」と思う人も多いことでしょう。

最初の項目では、挨拶しない人の内面に迫ります。

相手の気持ちが理解できず、困っている人は必見です。

人と関わるのが怖い

人と話したり関わったりすることに恐れを感じて、自分から人にコンタクトが取れない人も多いです。

嫌われたり馬鹿にされたりして、嫌な気持ちになるんじゃないかと不安で、挨拶さえもできないのです。

これは見た目以上に深刻な問題で、本人としては非常にストレスを感じています。

忙しい

忙しくて誰かと話す無駄な時間を省きたいと思っているパターンも多いです。

どんなに忙しくても挨拶くらいするべきですが、時間も心理的な余裕もないのでしょう。

本人は多大なストレスを感じており、誰かに八つ当たりしたり感情を理性で抑えられなかったりする人が多いです。

常識がないだけで他意はない

社会人としての経験が浅く、常識が身についていない場合も多いです。

学生時代、きちんとした礼儀を学ばなかった人は意外にも多いです。

社会人になって久しくても、本人に学ぶ気持ちや機会がなかったせいで、非常識なままずるずる時間ばかり過ぎていくパターンもあります。

自分本位な考え方をする

相手に嫌な思いをさせても、自分さえよければいいという浅はかな考えをしている人もいます。

自分のことしか考えていないので、たとえ挨拶を自分からしなくても、無視してもどうでもいいのです。

自分の気分が一番なので、人の都合や社会的なルールのことは、何も考えていません。

新しい環境になじめていない

新しい環境や人間関係になじめていない人も多いです。

このタイプの人は転職や就職、または部署の移動などで、環境や人間関係が変わると、どうしていいのかわからなくなるのです。

自分からなじんだり適応したりする努力や意欲もないので、挨拶さえできないのでしょう。



職場で挨拶しない人の原因

同じ職場で働いている人に挨拶をするのは、社会人として当然の常識ですが、どうしてできないのでしょうか。

この項目では、挨拶ができない理由と原因を紐解いていきます。

具体的な理由や背景を知りたい人は、ぜひチェックしてください。

自分と関係ない人だから

あまり自分の仕事や人間関係に関わりのない相手なので挨拶しないというパターンは多いです。

このタイプの人は損得で物事を判断するタイプで、得がなければ動きません。

たとえ非常識だと言われても、自分にとって利益がない無関係の人間に、わざわざ挨拶する気はないのでしょう。

プライドが高すぎる

自分は相手より上だと思って、挨拶もせずに無視しているパターンも、少なくありません。

このタイプの人は基本的にプライドが高く、人を自分の上か下かで判断しています。

自分よりも下だと思った人は、平気でバカにしたり無視したりします。

人によって態度を変えるタイプです。

関連記事はこちら▽

人によって態度を変えるおばさんの特徴や心理と対処法を徹底解説!

ストレスを抱えている

ストレスを抱えており、いつもイライラし、人に八つ当たりしてしまうのも原因です。

朝から晩までイライラしており、人に優しくしたり気遣いをしたりする余裕がないのです。

むしろ、挨拶をせず人を無視をすることで、ストレス発散をしている可能性が高いでしょう。



挨拶しない職場の特徴

挨拶をしない人がいる職場にも、共通する特徴や傾向があります。

この記事では、そんな職場の雰囲気や特有の傾向を詳しくお伝えします。

挨拶しない人の性格や本質と併せて、そんな人を作りだす環境や背景についても、理解を深めましょう。

コミュニケーションが少ない

職場で他愛のない話をしたり冗談を言い合ったりするようなコミュニケーションが少ないのも原因です。

和気あいあいとした職場であれば、誰もが自然と挨拶します。

しかしろくに会話もなく、もくもくと仕事だけしているような職場では、挨拶をしない人が増えます。

排他的

一部の人だけが仲がよく、それ以外の人はスルーされるような排他的な職場も多いです。

特に長年働いている人同士で仲が良く、新人をつまはじきにするようなパターンが多いです。

仲良し同士では当たり前のように挨拶をしますが、そうでない人は無視されてしまうのです。

ドライな社風

会社そのものが、人との関わりを求めていないドライな社風なのも特徴です。

会社の理念とは無関係に職場の上司が ドライで、 コミュニケーションや人との関わりを重視していない場合もあります。

そういった職場では、よそよそしい雰囲気が漂い、仕事で結果を出すことだけを求められます。



職場で挨拶しない人への対処法

最後に、同じ職場で挨拶をしてこない人への上手な対応や対処の仕方をご紹介します。

挨拶せずに無視されると腹が立ちますが、こんな時こそ上手に対応し、うまくコミュニケーションを取りましょう。

取り入れやすい方法をお伝えしますので、試してみてください。

広い心で接する

どんな理由があっても、相手が幼稚なのは確かなので、いちいちショックを受けていては対応しきれません。

心を広く穏やかに保ち、責めたり攻撃したりせずに優しく接してください。

子供を見るような目で対応することで不思議とストレスを感じにくくなり、あなたの大人の対応や落ち着きが引き立つでしょう。

思いきって話しかけてみる

いっそのこと、話しかけてみるのも一つです。

相手が大人しいと思い込んで、軽い気持ちで無視していた人は、コミュニケーション能力の高さや積極性に焦って、対応するはずです。

その際、嫌な顔をしたり無視したりするなら、ハラスメントとして報告してもいいでしょう。

周りの人を巻き込んで改善する

周囲の人たちと協力して、空気を変えていくのも一つです。

一人だけを変えようと厳しく注意しても、そもそも挨拶さえできない非常識な人は、素直に聞き入れることができません。

周りの人間全員に声をかけ、挨拶やコミュニケーションに力を入れると、その人もつられて対応を変える可能性が高いです。

人伝に注意してもらう

自分から話をするのに抵抗がある場合は、人伝に気持ちを伝えるのも有効です。

特に、人を選んで挨拶をスルーしている場合、相手に注意してもそのまま無視されるか好き勝手やるはずです。

その人と同等か、それ以上の立場の人間から注意されると、すんなり態度を改めることがあります。

人に相談する

その職場においてどのように対処するのがベストなのか、第三者に相談し、対策に役立てましょう。

挨拶しない人は、社会人としてかなり未熟で問題があるため、自力で解決するのが難しい場合も多いです。

上司などに相談して指示をもらったり、注意してもらったりするのもおすすめです。



挨拶しない人は未熟なところがある!寛容になるのが上手くいく鍵

挨拶はどんな年齢や環境でも、人としての常識です。

それができない、またはしないのは、その人に未熟な面があるからだと言わざるを得ません。

残念ですが、指摘しても自己正当化してなかなか直せるものではないため、上手く対処していく必要があります。

あまりストレスを溜めないように気をつけつつも、広い心と余裕を持って対応していきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。



▼おすすめ記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ