天職の見つけ方とは?おすすめの方法6選

あなたは天職を見つけた人でしょうか。

天職とは、自分にピッタリあっていると心の底から感じられるような職業のことです。

残念ながら、大多数のは天職を見つけることができていません。

しかし、せっかく仕事をするのであれば天職に就きたいですよね。

そこで今回は天職の見つけ方についてご紹介していきます。

【目次】



天職の見つけ方

 

得意なことに重点を置く

 

天職の見つけ方としては、何が得意かに重点を置くということがあげられます。

天職と適職は違うと言われることもありますが、自分の素質を考えて得意なことを仕事に生かせば、結果も自ずとついてくるものです。

いくらやってみたい仕事であっても、人は結果が出ないとその仕事を続けることはとても困難に感じるのです。

結果が出なければ仕事のスキルも上がらない上に、モチベーションも低下します。

素質のないことに力を入れるのは、時間と労力の無駄になりかねません。

もちろん、どうしてもやりたいという固い意志があるのなら、それは本人にとって価値のあることです。

しかし自分の持てる力を効果的に使えなければ、自分の将来性も潰してしまうことに繋がります。

しかし、やはり結果がついてこない仕事というのは天職とは言いがたいものです。

結果がついてくるというのは、自分に合っている仕事と言えますからモチベーションも維持しやすく、更に努力して上達していきます。

結果とモチベーションが伴う仕事は天職と言えます。

もし天職を見つけたいと思ったら、自分の好きなことだけを考慮するのではなく、得意なことが生かせる仕事の中から考えてみるのが近道と言えます。

参考:得意なことを見つける方法とは?得意なことと好きなこと違うことを理解しよう!



苦手なことを避ける

 

天職の見つけ方として、苦手なことを避けるということがあげられます。

苦手を克服することは自分の人材的な価値を上げる上に、その後の人生を豊かにするために大切なことです。

しかし、どうしても苦手なことを仕事に選ぶことも、ましてや天職とする必要もありません。

苦手だと感じることは、人よりも結果を出せないケースが多く、仮に結果を出せても多大なストレスを感じてしまうものです。

もし自分の気質や素質に合っていないなと感じるのであれば、無理をする必要はありません。

そういった仕事は精神的にも負担が大きく中々天職になりづらいため、避けた方が良いと言えます。

苦手なことや人よりも劣ることというのは、プライドの高さによっては中々認められないかもしれません。

確かに、苦手を克服するのは立派なことです。

しかし、苦手なことばかりに力を注ぐよりも、自分の持っている才能を最大限に生かすことの方が生産性が高いと言えます。

苦手なことについては自分だけが分かっていれば良いため、誰かに明かす必要もありません。

生産性が高い天職を見つけるためには、苦手なことを避けるというのが効果的です。


収入に繋がるかどうかを考慮する

 

天職の見つけ方として、収入に繋がるかどうかを考慮することがあげられます。

お金を稼ぐというと、あまり良いイメージがないかもしれません。

しかし仕事で大きな収入を得られるというのは中々出来ることではなく、それだけでも天職と言えます。

また、人が生きていく上で財産を築くことはとても大切なことです。

豊かに生きていくために大きな財産を築くには、やはり仕事で収入を増やすことが重要です。

もちろん、お金のためではなくやりがいのために仕事をするというのも素晴らしいことであり、天職と言えます。

しかし、大多数の人は自分で稼ぐ収入がなければ生きていけません。

そのため、どんなに好きなことでも収入が得られないというのであれば、それは天職とは言いがたいものがあります。

もし自分の好きなことが収入に繋がるのであれば、やりがいも得られるだけでなく、生活とモチベーションを維持できます。

生活を続けられるのであれば、人は一時的にモチベーションが下がった時でも、その仕事を続けることが出来ます。

好きなことをおいかけて収入が得られなくなれば、仕事を続けることは出来ません。

気持ちを優先してあまり生活をないがしろにすると、自分が困るのはもちろん周囲からも理解を得られません。

こういった点からも、天職を見つけるために収入が得られるかどうかを考慮することはとても大切なポイントとなります。


できるだけ多くの職種を経験する

 

自分にとってその仕事が天職かどうかは、そうかんたんにわかるものではありません。

たとえば、「学生時代に初めて経験したアルバイトをしていて、『この仕事は自分にとって天職だ』と確信した」というような人は、かなりのレアケースと言っていいでしょう。

初めて経験した仕事が天職である確率は、きわめて低いわけです。

ということは、経験する仕事の数が増えれば増えるほど、天職に巡り合う確率が増えるということ。

ですから、天職を見つけたいと思ったら、できるだけ多くの種類の仕事を経験してみるといいでしょう。

ポイントは、業種ではなく職種をたくさん経験することです。

同じ業種でも、たとえば営業の仕事と人事の仕事、商品開発の仕事では、まったく仕事の内容は違ってきます。

できるだけ多くのセクションで多種類の職種を経験していく中で、「これは自分の天職ではないか」という仕事が見つかる確率が上がっていくわけです。

学生時代には、とにかく多種類のアルバイトを経験べきです。

社会人になってから天職を見つけたいと思ったなら、できるだけ若いうちに何度か転職をして、まったく違う種類の仕事を経験するといいでしょう。

2つ目の仕事が天職かもしれませんし、5つ目の仕事で天職に巡り合うことができるかもしれません。


趣味や好きなことを仕事にする

 

「趣味は仕事にしないほうがいい」という考え方をする人が少なくありません。

自分にとっての大切な楽しみを仕事にしてしまうと、プライベートの楽しみが減じてしまったり、趣味自体があまり好きでなくなったりするリスクがあるからです。

しかし、自分の好きなことを仕事にして、仕事自体が好きになり、それに生きがいを感じることができれば、これほど幸せなことはないでしょう。

それこそが、まさに「天職」であるはずです。

その仕事をしている時間にほかにない充実感を抱くことができ、その仕事をすること自体が大好きであれば、仕事が人生にとって一番の生きがいになるにちがいありません。

「この仕事をやっている時が、何より幸せ。損得抜きで仕事をやっていることに大きな喜びを感じ、生きがいを感じる」と思えるのが、つまり天職です。

大好きな趣味、なによりも好きなことを仕事にすれば、自然にモチベーションが上がりますし、情熱をもって仕事に取り組めることでしょう。

生きがいを感じることが天職の条件である以上、趣味や自分の好きなことを仕事にするというのも、天職を見つけるための一つの方法なのです。

参考:



今の仕事に全力投球する

 

こういう例があります。

「今の仕事を始めた時は、特に自分に合っている仕事とは感じなかったし、仕事に生きがいを感じることもなかった。ところが、仕事をまじめに続けていくうちに仕事がだんだん面白くなってきて、仕事が生きがいになった。今ではこの仕事こそ自分にとっての『天職』だと思っている」というケースです。

こういう例は決してレアケースではありません。

「知っている人にそういう人がいる」という人も少なくないでしょう。

つまり、人間は、一つの仕事にまじめに取り組み、ある程度継続していくうちに、その仕事が自分にフィットしてきて、「天職」と感じることがあるのです。

『青い鳥』の物語ではありませんが、「天職を探しに旅に出たけど見つからず、戻ってきたら、自分のやっている仕事こそが天職だと気づいた」ということも、人生にはあります。

ですから、天職を見つけたいと思ったら、今の仕事にまじめに取り組んでみたらどうでしょう。

今やっている仕事を「天職かもしれない」と思いながら仕事に打ち込むうちに、仕事が自分になじんで、ほんとうに天職と思える時が来るかもしれません。

ようするに、一つ一つの仕事に全力投球するというのが、天職を見つけるための方法なのです。


天職を見つけた人は少数派

 

いかがでしょうか。

自分に合うピッタリの職業、いわゆる天職を見つけることができる人はほとんどいません。

その理由はとても簡単です。

多くの人は心のどこかで不満を持ちながら働いているのにも関わらず、その状況を打破しようと努力をしません。

仕事を辞めたい、もっと自分が輝ける場所があるはずだと本気で思っているのなら、転職活動などをすぐに始めるものです。

しかし、そこまで行動を起こすには労力や時間、未来へのリスクなどがのしかかってきます。

それを考えると、「まあ不満もあるけどそれなりにやっていけてるからいいか」と満足し、何もアクションを起こさないため、自然と天職を見つける可能性が消滅してしまうのです。

この事実が分かれば、天職を見つけるためにやるべきことは明確です。

それは「見つけるまで行動し続けること」です。

興味があることを片っ端からやっていって、本当に心から楽しめることを見つけることができるまでそれを継続するのです。

言葉で言うのはとても簡単ですが、続けることはかなり困難を極めるでしょう。

天職を見つけるためにはリスクも時間もかかるので、一度きりで諦めない忍耐も必要になります。

どうしても天職を見つけたいという人は頑張ればいいですし、ある程度のところで満足した人はそこでストップしてもいいでしょう。

どちらが良いかという話ではなく、自分の中での満足感がどれぐらいあるのかを確認して判断することが大切です。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク