人を見下す人の特徴や心理と対処法とは?

あなたの周りに人を見下す人はいるでしょうか。

仕事場での上司や先輩、同僚に恵まれないとそういった人に出くわす可能性は高くなるものです。

そして会話などをするとイライラして何も手につかなくなるケースもよくあります。

そこで今回は人を見下す人の特徴や心理についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

また、人を見下す人への対処法にも触れていますので、ぜひ今後の参考にしてみましょう。

【目次】

スポンサーリンク

人を見下す人の特徴や心理

 

相手を精神的に支配することで優越感にひたりたい

 

人を見下す人には、「優越感にひたりたい」という心理があります。

見下す人と見下される人の精神的な立ち位置を考えてみましょう。

人から見下されても、それをなんとも感じない人、あるいは逆に「人を見下すような言動するかわいそうな人」と、相手に憐れみを感じる人もいます。

その場合は、見下された人の精神的立ち位置は、見下した人よりも低くはなりません。

見下された側が、むしろ精神的な優位性を感じることもあるでしょう。

しかし、人を見下す人は、相手に対して見下すような言動をすることで、「精神的な立ち位置は、相手より自分の方が高い」とまちがいなく思っているのです。

上から目線になることが、すなわち自分の優位性を示すことになると信じて疑わないのが、人を見下す人の意識と考えていいでしょう。

マウントを取るという表現がありますが、人を見下す人は、そうすることによって、精神的に相手のマウントを取ったつもりになっているわけです。

「つもりになっている」というところがポイント。

実際には、精神的にマウントを取れていないケースが少なくありません。

先ほど説明したように、むしろ相手から憐れみを持たれてしまうこともあり、その場合は、まったくマウントを取ったことにはなっていないわけです。

それには気づかず、相手を精神的に支配することで、優越感にひたろうとするのが、人を見下す人の心理と言うことになるでしょう。

スポンサーリンク

自信家で自分の存在をアピールしたい

 

自信家というのも、人を見下す人の特徴と言っていいでしょう。

自己評価が大変に高いため、相手を見下すような言動をすることで、自分をアピールしようとしているのです。

この心理から人を見下す場合は、自分では、人のことを見下すような言動をしているという自覚を、ほとんど持っていません。

別に、相手に対して高飛車な態度をとって、そのことで自分の優位性を示そうという、明確な意志があるわけではないのです。

自分に自信があり、自分は優れていると信じているために、人に対して無意識に見下すような言動をしてしまうと考えたほうがいいでしょう。

その自信には、実は確かな裏付けがないケースが少なくありません。

つまり、周囲の評価はそれほど高くないのに、自己評価が不当に高いということがよくあるのです。

ほんとうに自分に自信のある人は、むしろ謙虚にふるまうことが多いでしょう。

内面が真の意味で充実している、本当の自信家は、人を見下すような言動はしません。

自己評価ばかり高く、実は他者からの評価はあまり高くないのが、人を見下す人なのです。

根拠のない自信家というのが、人を見下す人の悲しい特徴ということになるでしょう。

スポンサーリンク

コンプレックスがあり、劣った自分を隠そうとしている

 

自分よりも弱い人、立場が低い人に対してだけ、人を見下すような言動をする人には、「コンプレックスがある」という心理的特徴があります。

上から目線な高飛車な言動をしていても、実は劣等感を抱いているのです。

人を見下す人には、ですから、自信家のタイプと、逆に自信がないタイプがいると考えていいでしょう。

コンプレックスを抱いているのが、つまり自信がないタイプということになります。

自分がひそかに抱いている劣等意識を人に見せまいとすれば、どうしても意図的に強い態度に出ることになるでしょう。

自分の強い面を強調し、それを相手に見せたいと思うがために、結果として、人を見下すような言動をするようになるのです。

人に対してからえばりをする人がいますが、それは、弱い自分、人よりも劣った自分をはっきりと認識しているからにほかなりません。

こうしたタイプの人は、相手によって態度や接し方を変えます。

よく、下の人にはえらぶった態度を見せ、上の人にはおもねったりゴマをすったりする人がいるでしょう。

そういう人が、コンプレックスを持っていて、それを隠そうとしているタイプの、人を見下す人なのです。

スポンサーリンク

相手にジェラシーを感じている

 

人を見下す人は、すぐに人と自分を比べるという傾向が強くあります。

人と自分を比べて、相手にジェラシーを感じてしまうために、人を見下すような言動をするのです。

そもそも、相手と自分の力関係を考えなければ、人を見下すことはしないでしょう。

「人は人、自分は自分」と考えるような人は、人にジェラシーを感じるということはありません。

ジェラシーを感じることがなければ、人に対して見下すようなことをする必要もないわけです。

人を見下す人は、違います。

すぐに人と自分を比べて、たとえば「なんで、この人はたいした容姿でもないくせに、あんなハイスペックな男性と結婚できたんだろう」と妬むのです。

あるいは、「あいつは運だけで、あんな出世ができた。自分はこんなに努力しているのに、なかなか出世できない」と憤ります。

そこにあるのも、出世した相手に対する妬ましい感情にほかなりません。

そうしたジェラシーを感じると、なんとか自分の中で気持ちの折り合いをつけるために、その相手に対して、人を見下すような言動をするのです。

つまり、ジェラシーを感じやすいため、その不快感を解消するために上から目線で人に接するのが、人を見下す人の特徴ということになるでしょう。

スポンサーリンク

打たれ弱く、傷つきやすい

 

人を見下す人は、そのことによって相手をしばしば傷つけますが、逆に人から攻撃されると、人一倍傷つきやすいという特徴も持っているのです。

人を見下すような言動というのは、「攻撃的な言動」と言っていいでしょう。

相手を不快にさせたり、傷つけたりするような言動をして、相手を攻撃しているわけです。

そこにあるのは、「自分は傷つきたくない」という心理にほかなりません。

先にこちらから相手を攻撃すれば、相手から攻撃されるリスクを回避できると、人を見下す人は考えます。

自分が人にするような言動を、人からされたくないのです。

人から見下されると、自分が人一倍深く傷ついてしまうことを知っているため、「先制攻撃」をするわけです。

もちろん、中にはそのように攻撃されたことに怒って、反撃してくる人もいるでしょう。

しかし、人から見下されても反撃はせず、がまんしてしまうケースが少なくありません。

経験上、そのことを知っているために、先に人に攻撃的な言動をして、自分が傷つくリスクを減らそうとするわけです。

意外に感じられるかもしれませんが、人を見下す人には、「打たれ弱く、傷つきやすい」という特徴もあるのです。

スポンサーリンク

甘やかされて育った

 

人を見下す人には、「甘やかされて育った」という特徴もあります。

これは、ほんとうに育ちの良い人のことを考えてみると理解しやすいでしょう。

ほんとうに育ちの良い人は、相手本位の言動をすることができますから、相手を不快にするような人を見下す言動をすることはありません。

人を見下す人は、それとは逆で、常に自分本位なのです。

甘やかされて育った人は、周囲の大人を見下すような意識を持っているものです。

ちやほやされ、王様や女王様のように育てられれば、自分本位で自己中心的になり、周りの人に対して上から目線になるのも当然でしょう。

「三つ子の魂百まで」ということわざがありますが、子供のころに身に着いてしまったそうした意識は、なかなか改まることがありません。

大人になっても、心のどこかに、自分は王様や女王様だという意識を持っているために、どうしても人を見下すような言動をしてしまうのです。

もちろん、甘やかされて育って人のすべてが、そのような意識を持つわけではありません。

しかし、親や周囲からちやほやされて育つと、自然に自己中心的になり、その結果、人を見下すような人間になりやすいということはできるでしょう。

スポンサーリンク

人を見下す人への対処法

 

見下されても気にしない

 

人を見下す人の対処法として、おすすめしたいのが「気にしない」という方法です。

あなたの近くにいる、人を見下す人のことを観察してみてください。

おそらく、その人は、あなた限定で、見下すような態度や言動をしているわけでなないでしょう。

あなた以外の人にも、おなじような態度や言動をしているのではないでしょうか。

相手がだれであっても、人を見下すような言動をする人も少なくありません。

つまり、その人は「そういう性分の人」なのです。

また、あなたの周囲にいる人がすべて、あなたに対して人を見下すような態度や接し方とするわけでもないでしょう。

あなたに対して、人を見下すような接し方をする人もいれば、そうでない人もいるに違いありません。

ということは、別にあなた自身になにか問題があるわけではないということになります。

あなた自身に問題がないのですから、ある特定の人に見下されたからと言って、それを気に病む必要はありません。

先ほども言ったように、人を見下す人は「そういう性分の人」なのですから、何を言われても放っておけばいいのです。

こちらが気にしたり、悩んだりすると、人を見下す人は「いい気味」と感じるに違いありません。

ですから、気にしないのが一番の対処法ということになるでしょう。

スポンサーリンク

できるだけ関わらないようにする

 

そうは言っても、人から見下されれば、いい気持のものではありません。

ストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

ストレスを感じるのは、あなたにとって決していいことではありませんから、できれば、そういうことがないようにするのがベストです。

こちらの意識を変えることでストレスを感じないようにするという方法もありますが、より確実なのは、そういう人と関わらないという対処法。

関わらないようにすれば、その人から見下されるようなこともありません。

見下されることがなければ、不快な思いをしたり、不要なストレスを感じることもないのです。

ですから、身近に人を見下すような人がいるなら、できるだけその人と距離を置くようにし、近づかないようにしましょう。

たとえば、その人が参加する飲み会やイベントには参加しないようにするのです。

どうしても、いっしょの飲み会に参加しなければならないような場合は、できるだけその人から離れた席を選ぶようにしましょう。

少人数の会で、遠い席を選ぶことができない場合は、「顔が見えない席」をチョイスするのがおすすめ。

顔が合わなければ、見下されにくくなるのです。

スポンサーリンク

相手のことを「かわいそうな人」と認識する

 

「相手が会社の同僚でデスクが隣りどうし」など、どうしても日常的に関わらないわけには行かないというケースもあるでしょう。

その場合は、関わらないようにするのは、現実問題として不可能です。

そこでおすすめしたいのが、「人を見下す人を『かわいそうな人』と認識する」という対処法です。

「相手から見下されるのがムカつくから、こちらも相手を見下すような言動をする」というのは、NG。

それでは相手と同じレベルの人間になってしまい、あなたに対する周囲の評価を下げてしまいかねません。

そこで、心の中で相手を憐れむようにするのです。

人に対して見下すような言動をする人には、いくつかの原因がありますが、いずれにしてもネガティブな原因です。

人間的に問題があるからこそ、人を見下すような態度や発言をすると考えていいでしょう。

つまり、人を見下す人は、人間的に劣った、かわいそうな人なのです。

そのように認識すれば、相手に対し、あなたの方が精神的に優位に立つことができるに違いありません。

人間、自分が精神的に相手よりも優位にあるという意識を持つと、気持ちに余裕が生まれます。

その結果、見下されるような言動をされても、それほど不快に感じなくなるのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク