ケアレスミスをなくす6つの方法とは?

ケアレスミスとは、本来であれば未然に防ぐことができるミスを、自分の不注意でミスしてしまうことです。

言い換えれば、「凡ミス」というやつですね。

普段の状況であれば、そこまで深刻になることはありませんが、大切な仕事や試験でケアレスミスをしてしまうと、あなたの人生が大きく傾いてしまうような致命的なミスにつながりかねません。

そこで今回はケアレスミスをなくす方法についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


ケアレスミスをなくす方法

余裕を持って取り組むこと

 

仕事にしてもプライベートで頼まれたことにしても、ケアレスミスをすることで自分までもがっかりした気分になってしまいます。

ケアレスミスは基本的に、物事を軽く見ていたり、余裕がない状態で取り組んでいたりと、そこにある関心度や精神状態が関係していることが多いです。

関心が低く、「どうにかなる」「どうなってもいいか」という程度で取り組めば、当然ケアレスミスは多くなる。

また時間にも気持ち的にも余裕がないとなれば、焦ってしまったり、注意を怠ったりと、ケアレスミスに繋がる原因となってしまいます。

例えば上司から「これ1週間後までに仕上げて」と言われた仕事であっても、前もって終わらせる余裕を持つとケアレスミスをなくすことができます。

仮に前日までにこなすことができれば、期限の当日には、一度すべてを確認してから上司に報告したり提出することが可能となり、自分でミスに気付くことができます。

「あと1週間あるから大丈夫でしょ」という気持ちでいるのではなく、できるだけ早めに片付けておくことで、後々の精神的な余裕に繋がり、またミスを事前に防ぐことができるため、余裕を持って取り組むことがケアレスミスをなくす方法となるのです。

[参考記事]

スポンサーリンク


記憶を頭の中だけに留めないこと

 

要領よく物事をこなすため、あるいは記憶力に自信があるからと、記憶を頼りに行動していることはないでしょうか。

特に何かにメモを取る訳でもなく、頭の中の記憶だけに留めておく人は、ケアレスミスをしやすい人でもあります。

確かに頭の中だけですべてのことを記憶し、計画も立てられ、スムーズに物事を進めることができれば、手っ取り早く効率の良い方法です。

しかし、その「物事」が1件だけではなく、2件3件、10件と増えていけば、必ず忘れてしまうことや、記憶違いが起きてきてしまいます。

ケアレスミスをなくすためには、記憶を目で見て確認できるようにしておくこと。

箇条書きや、ミスをしやすい点だけをまとめても良いので、紙やスマホにメモし、頭の記憶が曖昧な時、または自信がない時には、必ず目で見ながら確認するのです。

新しい情報を頭に入れていたはずなのに、後になって「そうだった、忘れてた」となってしまっては、せっかくの自慢の記憶力も台無しです。

プライドの高い人や効率を求める人、あるいは面倒くさがりな人は、このように頭で記憶することだけに頼ってしまいケアレスミスをしてしまいます。

メモを取る、随時確認する、といったワンクッション取りいれることだけでも、ケアレスミスをなくすことができるでしょう。

スポンサーリンク


知ったかぶりをしないこと

 

ケアレスミスには、話をきちんと最後まで聞いていないがために起こっているミスや問題もあります。

例えば「これを明日までにやって○○さんに送って欲しい」と話しているうちに相手の話を折り「分かりました」と取り掛かってしまう。

理解したつもりでこなし、○○さんにメールで送ったものの、後になって「メールじゃなくて郵送で」という意味だったためにミスをしてしまった、というケースもあるでしょう。

頼まれた時に、送る=メールだと認識したこと自体が間違いであり、きちんと送る手段を聞いていればミスをしなくて済む問題。

知ったかぶりをしたり、疑問に思っても相手に聞かず自分で解決してしまうと、このようなケアレスミスに繋がってしまいます。

特に仕事に慣れてきた頃や、同じような頼みごとをされたことがある場合は、このような知ったかぶりをしてしまうことがあります。

慣れているからと勝手に決めつけたりするのではなく、相手の要望や方法を理解した上で取り掛かるように注意しましょう。

知らないこと、疑問に思うこと、複数の意味を持つ言葉に対しては、詳細を聞き納得した上で取り掛かるようにすると、ケアレスミスをなくすことができるでしょう。

 

作業の前にしっかりと確認すること

 

ケアレスミスをなくすためには作業の前にしっかりと確認する必要があります。

失敗してしまう理由の一つに、確認を怠るというものがあります。

作業内容や手順を確認せずに、あやふやな状態で行ってしまうから、思いもよらないミスを誘発してしまうのです。

なのでミスをなくしたいのであれば、作業をする前に一度何をやるべきなのかをチェックしておきましょう。

一回だけでなく、何度も確認すれば、それだけケアレスミスをしてしまう可能性を減らすことができるのです。

また毎日似たような作業をする場合、段々とそれに慣れてきます。

一見すると慣れてくればミスが減るように思いますが、実はその逆で慣れてくるからこそ、ついつい気が緩んでしまうことがあるのです。

その気の緩みが本来なら成功していたはずの作業を失敗に導いてしまうのです。

ですので慣れてきたときこそ、初心に帰ってしっかりと作業内容や手順を確認するようにしましょう。

そうすればケアレスミスの発生確率を最小限に抑えることができるようになります。

とはいえ人間ですから、ケアレスミスを確実にゼロにするのは難しいでしょう。

ですが確認さえすれば、減らすことができるのもまた事実です。

[参考記事]

スポンサーリンク


集中しやすい環境を作ること

 

人はなぜうっかりケアレスミスをしてしまうのでしょうか。

それは目の前の物事に集中ができていないからです。

特に複数のことを同時にこなすのが苦手な人が、今取り組むべき物事以外に気を取られてしまうとミスはさらに増えてしまいます。

ですからまずは集中しやすい環境作りを心がけましょう。

この集中しやすい環境作りというのは人によって様々です。

静かな環境のほうが良いという人もいれば、多少賑やかなほうが集中できるという人もいるでしょう。

その中で自身がどういった環境なら集中できるのかを考え、快適な環境作りを行ってみてください。

そうすれば今取り組むべき議題のこと以外に気を取られることもなくなりますし、余計な邪魔が入って気が逸れるということも減るでしょう。

こうしてより良い環境を作ることができたなら、後は今なすべきことをするだけです。

余計な雑念を振り払い、集中することでおのずと単純なうっかりミスは減るでしょうし、最後まで気の緩むこともないでしょう。

とはいえもちろん人間である限り、いくら集中していても100パーセントケアレスミスを防げるわけではありません。

しかし少なくとも集中しやすい環境作りをし、それに慣れておくことでミスが減っていくことは確かです。

[参考記事]

スポンサーリンク


失敗の原因を知ること

 

ケアレスミスをしてしまったときに、それを放置したままではいけません。

なぜそんなミスをしてしまったのか、そして次にどうすればミスをしなくなるのかを熟考することが大切なのです。

人は誰だってどれだけ気をつけていても、ミスをしてしまうのは仕方がありません。

ただできる人とできない人の差は、そのミスをしたときにそれを次にどのように活かせるかなのです。

できる人はそのミスをちゃんと次に活かすことができます。

ですからケアレスミスの原因を探ることで、次に同じ失敗を繰り返さないようにしていきましょう。

この同じ失敗を繰り返さないということだけを聞くと一見難しいように感じるかもしれませんが、案外慣れてしまえば容易なことです。

たとえばついうっかりミスをしてしまうときというのは、集中力が欠けてぼーっとしたときであることがほとんどです。

しかしミスの原因を知っておけば、こういったときにミスが起きやすいと分かりますよね。

そうすれば次はぼーっとしないようにしようなどと思えるわけです。

ただしその原因を探ることは大切ですが、必要以上に自分を責めてしまってはいけません。

そうではなく前向きに「よし次は失敗しないようにしよう」などといった気持ちを持つことです。

スポンサーリンク


ケアレスミスが多い人は原因を見つけて対策しよう

 

いかがでしょうか。

ケアレスミスが多い人の大半は、気の持ちようで改善できるはずです。

ついつい、結果や答えを急いでもとめてしまうために、些細なミスが起こってしまうので、それを予め認識しておけば問題ないでしょう。

肝心なのはその気持ちを本番の環境で思い出せるかどうかです。

心配ならどこか目が届くところに書いておいてもいいですし、常日頃から意識していればそれが当たり前になるので、不安に思うことはありません。

意識だけで改善できない場合は、その原因を究明することに時間をかけるべきでしょう。

やみくもに対策しても効果がないですし、効果が出ないことでストレスもたまり、何もかも嫌になります。

すべての問題には必ず原因があるので、落ち着いて一つずつ原因を見つけて対策していきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク