仕事ができる人の特徴

仕事ができる人
By ovidiu_tudor

 

仕事ができる人とできない人の違いとは何でしょうか?

もしかしたらそれは
ほんのちょっとした言葉のテクニックや相手に対する気遣いの違いかもしれません。

そこで本日は、
仕事ができる人の特徴や使う言葉の心理テクニック、行動心理学
ご紹介しますので、参考にしたり、あなたの身近にいる仕事ができる人が
使っているか観察してみてください。

スポンサーリンク


仕事ができる

 

【目次】
・仕事ができる人の特徴
・仕事が出来る人の習慣
・仕事ができる女の特徴
・仕事ができる女の見た目
・仕事ができる人とできない人の違い

 

仕事ができる人の特徴

出典

 

仕事ができる人は「理由らしきもの」を用意する

 

仕事ができる人は自分の意見を主張し、
その主張が認められることが多いです。

ここで大事なテクニックは
「理由らしきもの」と一緒に主張するという点です。

少しわかりにくいので
ある実験をご紹介します。

コピーをするために待っている人たちの間に割り込む実験を
したところこんな結果になったそうです。

  • 「理由なし」
    譲ってくれたのは60%
  •  

  • 「コピーを取りたいから、先にコピーを取らせて欲しい」と伝えた
    譲ってくれたのはなんと94%

ハーバード大学のE・ランガー博士によると、
私たちは「理由らしきもの」があると、

すなわち「~だから~してほしい」という形式で頼まれると、
なぜかNOと言えなくなるという。

”論理”ではなく”論理っぽさ”によって
影響を受けるからである。

 

とんでもない理由であっても
「~だから」と加えるだけで人は納得されやすくなるということですね。

スポンサーリンク


仕事ができる人は保険をかけて発言する

 

仕事やビジネスでの発言は責任が伴います。

締め切りの期間を聞かれて
自分の能力以上に見積もって伝えてしまったけれど
結局間に合わなかったら、もう目もあてられません。

仕事で失敗はやっぱり避けたいものです。

仕事ができる人はサバを読みます。

時間、日数、予算、労力、見通しなどを聞かれた場合
「大体これくらいかな」
と予想したうえでさらに多く見積もって伝えるのです。

そうすることで最もやってはいけない
「約束を破る」ということはなくなります。

さらに予定よりも早く、少なく終わらせることができたら
それだけで評価アップです。

 

仕事ができる人は言葉に破壊力をもたせる

 

仕事ができる人は言葉に重みがあったり、
凄みがあったりするなど破壊力があります。

実はこれ言葉の順番を入れ替えるだけで
重みや凄みをだすことができるんです。

  • 「俺の言っていることが、わかるな?」
  • 「わかるな?俺の言っていることが」

いかがでしょう。
後者のほうが凄みが増しませんか?

こうやって普通のセリフや発言を倒置するだけで
捉えられ方がガラッと変わる効果があります。

スポンサーリンク


仕事ができる人は相手に「手ごわい」と思わせる

 

あなたが営業マンだとして

高く買ってもらおうと交渉をしているときに相手が

「そんなに高くないはずですよね?」

といってその証拠を見せられたら、

すごくセールスしにくいものです。

そう、仕事ができる人は証拠を持って説得力を高めます。

予め証拠を持っているか、持っていないかで

仕事を有利に進められるか変わってきます。

もしどうしても証拠が見つからない場合は

このようにしてみましょう。

  • 「・・・というデータがあるようですけど」
  • 「・・・という噂がもっぱらでございますが」

といった具合に、

”証拠らしい”材料を自分でデッチ上げて、相手に迫る。

ズル賢い新聞記者が政治家を追い詰める時のような手法も、

いざという時には役に立つかもしれない。

スポンサーリンク


仕事ができる人は必ず数字をからめる

 

ある程度ビジネスの世界で生きてきた方なら
当たり前のことかもしれませんが、
「物事を定量化させた発言」というのはとても大切です。

例えば、ライバル店の調査に出かけたとしよう。
その様子を上司に報告する時、

「とにかくお客の数がすごく多かったですね。
売り場デザインもおしゃれでしたから、お客は若い人ばかりでした」

などと報告しようものなら、
大きなため息くらいしか返ってこないはずだ。

 

仕事ができない人ほど感覚で話してしまいがちです。

この「すごく多かった」というのはその人の主観であって
上司がその人数を見たら「大したことない」と感じるかもしれません。

また「若い人」もその人の年代によって幅が変わってきます。

仕事ができる人は主観ではなく
数字で判断し伝えます。

「ごくまれに」を「10回中1回」、
「若い人」を「10代~20代前半」など

数字を意識するだけで説得力が増して
相手も納得しやすくなります。

スポンサーリンク


言われた事は直ぐに理解出来る

 

仕事が出来る人の特徴に多いのは上司などから言われた事が直ぐに理解出来て頭の中で整理をする事が早い人と言えるでしょう。

仕事の内容を理解していない人は、いくら時間を掛けても全く仕事がはかどりません。

仕事の内容をしっかりと理解するために人の話は集中して聞き、分からない事が有れば後回しにしないでその場で聞き返し、上司等の行っている事の意味をしっかりと理解してから仕事を開始するようにしなければなりません。

仕事が出来る人は、必ずその場で分からない事は聞き、理解をしてから仕事に取り掛かっているでしょう。

 

ハッキリと物事を言う事が出来る

 

仕事が出来る人の特徴は、仕事をしっかりと理解した上で仕事に取り掛かっている事が多いため、自分に自信を持って仕事をしていると言えるでしょう。

自分に自信を持っていると、人に何かを伝える時も、常に物事をハッキリと大きな声で伝える事が出来るので、勘違いなどのミスを周囲の人にさせる事もないでしょう。

このように、仕事が出来る人は仕事が出来ない人に比べると自信を持っていて、声も大きいと言えるでしょう。

仕事に自身のない人は、どうしても人と話す時でもミスをしているのではないか、ミスをしてしまったらいけない、と常に怯えているために、声も小さくなってしまいます。

仕事を理解し、自分に自信を持っていて、ハッキリと自分の意見を人に伝えられる人は、仕事が出来る人と言えるでしょう。

スポンサーリンク


服装がきちんとしている

 

仕事が出来る人は、それなりに身なりもきちんとしていて、服装にも気を使っているでしょう。

仕事が出来る人の服装は、きちんとアイロンが掛かっていて、シワや汚れもなく、仕事に集中出来るようなスタイルになっているはずです。

服装がだらしなく、普段着のような服装で仕事場に行ったのでは仕事をする姿勢がまだ整っていないはずです。

仕事に掛ける思いも、服装や身だしなみを整える事から変わって来るでしょう。

仕事によって服装を使い分け、仕事のしやすい服装で職場に行っている様な人こそ仕事が出来る人と言えるでしょう。

 

スピーディーに効率よく仕事をこなす

 

仕事ができる人の特徴は、スピーディーに、優先順位をつけて効率よく仕事をこなします。

いくら内容もよくできていて完璧でも、あまりに時間がかかってしまっているとそれは仕事ができるとは言えません。

内容もしっかりしていて、かつ早く仕上げる事ができる人は仕事ができる人です。

そういう人は、仕事の全体像をしっかり把握しており、頭の中で仕上げまでのビジョンができているのです。

なので進むスピードも速く、思い通りに仕事を進める事ができるのです。

頭の回転が早く、次に何をすべきかを瞬時に把握する事ができる人は仕事のできる人でしょう。

スポンサーリンク


覚えが早く、要領がいい

 

仕事ができる人は要領が良いのです。

覚えも早く、吸収力もあり、慣れるのも早いのでどんどん仕事をこなせます。

だいたいどの職種にも言えるのが、やはり覚えの早い人です。

一度した失敗は繰り返さないように努力して一生懸命挑むのです。

一度覚えた仕事は数をこなすごとに磨かれていくので人より成長が早いのです。

周囲は、え?もう覚えたの?というほど、びっくりするぐらいです。

黙々と仕事をこなす中で頭はフル回転、一生懸命仕事を吸収しているのです。

やはりひたむきな努力のできる人は仕事ができるということでしょう。

 

人の使い方がうまく、仕事の振り方がうまい

 

本当に仕事のできる人は、自分が仕事ができてパッパとこなす事ができても、仕事量に押しつぶされては本末転倒。

仕事ができるからとどんどん仕事がくることでしょう。

ですが、優先順位をつけて他の人でもできるような仕事は他の人に頼んだり、割り振れる人は本当の意味で仕事のできる人です。

人をうまく使う事もうまく仕事をする条件となります。

上司になったときにうまく部下を動かせる人に部下や後輩はついていきます。

独りよがりで忙しい忙しいとイライラしていて割り振りの下手な上司は嫌われてしまいます。

なので、仕事の裁量をうまく調整でき、他の人に任せたり優先順位をつけて効率を考えた仕事のできる人は本当に仕事のできる人でしょう。

スポンサーリンク


仕事が出来る人の習慣

 

早めに出勤してじゅうぶんな準備をする

 

仕事ができる人の習慣の一つが、「早めに出勤する」ということです。

どんな仕事でも、よりよい成果を上げるためには、始める前にしっかり準備をする必要があります。

大リーガーのイチロー選手が、誰よりも早く球場入りして、丹念なウォーミングアップをすることは、よく知られているでしょう。

野球に限らず、何をするのでも、ウォーミングアップをきちんとすればするほど、効率や成果が上がるのです。

ですから、仕事ができる人な、人よりも早く出勤し、その日の仕事のスケジュールをチェックしたり、必要な書類を先に用意したり、仕事の手順や段取りを考えたりするのです。

そのことによって、効率がアップしますし、最初からエンジンフル回転で仕事をスタートさせることが可能なのです。

 

休憩を上手に取って、集中力を継続する

 

仕事中の休憩の取り方が上手というのも、仕事ができる人の共通点です。

どんなに仕事ができる人でも、神経を集中させていられる時間には限界があります。

たとえば、どんなベテランでも、同じ仕事を休憩なしに長時間続ければ、そのうち集中力は途切れてしまうでしょう。

そうなれば、作業能率は当然低下しますし、ミスも起きやすくなってしまいます。

仕事ができる人はそのことを知っていますので、随時、自分で小休憩を取り、一息入れることで、集中力を継続させることができるのです。

小休憩の時間は、仕事から完全に離れ、お茶を飲んだり、外の空気を吸ったりして、上手に気分転換をします。

スポンサーリンク


休日も生活のリズムを乱さない

 

仕事ができない人にありがちなのが、「休日をだらだら過ごしてしまい、その結果、休日明けの仕事のモチベーションが著しく低下する」ということでしょう。

休日には昼近くまで寝坊して、そのため、夜眠れなくなって、睡眠不足で出勤するというようなことでは、モチベーションが上がらないのは当然です。

仕事ができる人は、そんな休日の過ごし方をしません。

もちろん、休日なのですから、心身ともにゆっくり休まるようにはしますが、「起床」「就寝」「食事」といった、基本的な生活のリズムは乱さないようにするのです。

少々寝坊することはあっても、できるだけ、いつもと同じ時刻に起きて、同じ時刻に寝るようにします。

そのため、生活のリズムが崩れませんから、休日明けも、高いモチベーションで仕事をスタートさせることができるわけです。

 

今日できることは今日やる

 

仕事ができる人は、余裕がある時に、今日できることがあったら、今日のうちに済ませてしまいます。

明日に回しません。

明日に回すようなタイプの人は、余裕がそこまでない時でも課題をギリギリまで後回しにしてしまうことが多いです。

ひどい場合は、間に合わないこともあります。

ギリギリにこなすようなタイプは仕事が雑です。

とりあえず形になっているために、問題がないまま過ごしている人もいますが、仕事のクオリティは物足りないものになっています。

仕事ができる人はできる時に仕事をこなして余裕を持って仕事の完成度を高めていきます。

スポンサーリンク


公私のメリハリをきちんとつける

 

仕事のできる人は公私のメリハリをきちんとつけます。

仕事をする時は本気です。

真剣に取り組み、ばっちり仕事をこなしていきます。

プライベートの時は、すぱっと仕事のことは持ち込まず、しっかりと楽しみます。

どうしても仕事の量が多い職場だったり、緊急を要することが多い職場だったりすると、こういう風にきっちりわけることは難しいです。

しかしそういう職場でないなら、仕事ができる人はきちんとメリハリをつけます。

休める時に休まないと、仕事に悪影響が出ることを知っているからです。

コンディション管理もきちんとできるのが、仕事ができる人なのです。

 

自分がやる気が出る方法を知っている

 

仕事ができる人は、自分がやる気が出る方法を知っています。

その方法は人によって異なります。

例えば、毎日日誌を書く必要がある職場だとして、それが面倒くさいと思うようになったら、その日誌を書くためだけに高いペンを用意するという方法を取ります。

高いペンは見たり使ったりするだけで気分がいいです。

また、せっかくの高いペンだから使わないとという気持ちになります。

このような工夫をして、やる気を保っているのが、仕事ができる人です。

仕事ができない人は面倒だ面倒だと言いつつ何も工夫をしません。

愚痴をこぼすだけです。

そこに仕事ができる人とできない人の違いがあります。

スポンサーリンク


仕事ができる女の特徴

 

はきはきと発言をする

 

仕事ができる女性は発言をよくしますし、その声ははきはきとして、とても力強いです。

力がない声を聞くと、周りは不安な気持ちになります。

場合によっては不快な気持ちにさえなります。

力ある声ではきはきと喋る女性は頼りになる印象があります。

力強い声だと男性も、その女性をなめるようなことはしないでしょう。

一人の人間として、その女性を認めるようになります。

また、はきはき喋る女性は実際に自信がある人が多いです。

そのため、仕事ができる女性は自信を持ち、はきはきとした声で発言するという特徴を持つようになるわけです。

 

プライドがありながらも助けを求めることができる

 

仕事ができる女性はプライドが高い人が多いです。

特に男性が多い職場の女性はそのような傾向があります。

男性に負けない、女性だからと言わせない、実力で生き抜いてやるといった強い気持ちがあります。

しかし、仕事ができる女性はただプライドが高いというわけではありません。

自分が困った時は、きちんと人に助けを求めることもできます。

ちっぽけなプライドに邪魔されるということがありません。

意地を張ることは愚かなことであるとわかっているわけです。

必要な時は人の助けを借りて、結果を出すことが大切であると思っています。

スポンサーリンク


男の動かし方が上手である

 

仕事ができる女性は、男性の扱い方がとても巧みです。

必要があれば、色んな男性のことを利用します。

自分が手が回らないことをお願いしたり、わからないことを教えてもったり、必要な情報を提供してもらったりと、力のある男性をうまく利用して動かします。

男性も女性の頼られることは嫌な気はしませんから、喜んで利用します。

仕事ができるようなタイプの女性に頼られることは男性も嬉しいものです。

仕事ができる女性はそのような男性の心理を把握しています。

男性のことを上手に動かすことで、自分の利益にしているんですね。

こうした人をうまく動かす力は、仕事を長くやる上でとても大切なものです。

何も自分だけで仕事はやるものではありませんから。

 

上司に対し、反対意見を言うことができる

 

女性は男性よりも、「人に気を使う」という心理的特徴を強く持っているものです。

そのため、自分と人との意見が違う場合、気を使って、人の意見に合わせてしまうことが少なくありません。

仕事のシーンで、相手が上司という場合は、なかなか上司と違う意見を口にできないのが、多くの女性の心理的特徴と言っていいでしょう。

その点、仕事ができる女性は、相手が上司でも先輩でも、さらにその上の上長であっても、自分の意見を言うことができます。

たとえ、上司が自分とは正反対の意見であっても、自分の意見に自信があれば、「それは違うと思います」ときっぱり口にできるのが、仕事のできる女性の特徴なのです。

スポンサーリンク


情緒が安定していて、仕事の出来不出来がない

 

情緒が不安定になって、そのため、仕事に良くない影響を与えてしまうという女性が少なくありません。

女性はどうしても感情的になりがちで、また、感情を表に出してしまうという傾向があります。

仕事ができる女性にも、もちろん喜怒哀楽はあるものの、それを表に出さず、セルフコントロールすることができるのです。

そのため、ほぼ情緒が安定した状態になりますから、その時その時の仕事の出来不出来が少ないのです。

つまり、ある一定レベルの仕事の質を、感情のコントロールによって保つことができるのが、仕事ができる女の特徴と言うことになるでしょう。

また、情緒が安定しているため、周囲の人も安心して、いっしょに仕事をすることができます。

 

「オン」と「オフ」の切り替えが上手

 

仕事ができる女性には、仕事とプライベートをきっちり分けられるという特徴もあります。

よく、仕事を家に持ち帰る人がいますが、あれは、仕事ができない人がやりがちなことと言っていいでしょう。

本当に仕事ができる人は、決められた時間内で仕事を完了することができます。

完了できず、残業をすることがあっても、その時間は必要最低限のものになるのです。

そして、「仕事はここまで」とけじめをつけて、きっちり「オフ」の状態になれるのが、仕事ができる人です。

さらに言うと、「オフ」の状態の時には、仕事中とはまったく違う顔を見せるのが、仕事ができる女の特徴と言っていいでしょう。

スポンサーリンク


仕事ができる女の見た目

 

隙のないファッションや髪型

 

自分に、ある程度の自信やプライドがあり、人よりも出来ると思っていたいタイプの女性は、自分をワンランク上と言うような印象にするファッションということも多いです。

つまり、一点豪華主義と言うとちょっと違うかもしれませんが、普段は安い洋服を身につけていても、財布だけは超高級ブランドだったりする場合が多いです。

ステイタスと言う考え方で言うと、女性でも、仕事ができ、ちょっとミーハーで見栄っ張りなタイプは、ベンツなどの高級車を乗っていることも多いです。

髪型も、しょっちゅう美容院に行き、これと言った特徴はないものの、いつも整えていて、だらしないという印象が少ないタイプの女性です。

 

見た目は気にしない派は、とことん気にしない

 

仕事ができる女性で、なおかつ、肝もすわっていて、いざと言うときに頼りがいがあるようなタイプは、意外にも、他人の目を気にせずに身なりも手を抜くタイプもいます。

仕事ができて、気もまわり、という女性は、ある程度色々なことを乗り越えてきた、既婚者であり、母であることも多く、やはり生活のことが基盤で、地に足もついているので、身なりのことよりも、仕事そのものの方が重要であり、身なりは構わないという考えなのでしょう。

仕事ができても、見た目を気にしないタイプは、本当に気にしないで、髪型もぱっとしないし、ファッションもおしゃれとは言い難いということも多いです。

スポンサーリンク


衛生面はきちんとしている

 

仕事が出来る女性で、見た目が普通だなと言う印象のタイプもけっこういます。

派手にしていたり、高級ブランドで身を固めるというのでもなく、まあ、なんとなくきちんとした印象のある女性も多いです。

そういったタイプは、特に自分が金に執着しているというようなこともなさそうに見えます。

どちらかと言うと、自分自身の清潔感を大事にしているタイプです。

普段持ち歩くバックはきちんと整理されており、バックの中もポーチ等でしっかり管理されているようなイメージがあります。

衛生面に関してもしっかり管理していそうで、昼食後の歯磨きを怠らないという場面も多く目にするでしょう。

 

仕事ができる人とできない人の違い

 

今だけ見るか先を見据えているか

 

仕事ができない人は今のことしか考えていません。

これから自分がどのようにステップアップしていくのかだとか、この仕事は後々どのような意味を持つのかなどということを全く考えません。

とにかく言われたことをこなし、時間まで働き、家に帰ることができればいいと思っています。

今のことしか考えていないため成長が遅いです。

家でもなまけてばかりでだらだらしています。

仕事ができる人は今だけでなく先のことまで見据えて動きます。

自分の将来についてよく考えているので、今の仕事をしつつも、しっかりと勉強をしています。

休日も休む時はもちろん休みますが、有意義な時間がとれるように工夫しています。

仕事ができる人は意識が高いです。

スポンサーリンク


モチベーションの維持が上手かどうか

 

仕事ができない人はすぐにやる気をなくします。

面倒なことがあると嫌がりますし、嫌なことがあると文句をぶつぶつと言うだけでどんどんやる気をなくしていきます。

それに比べて、仕事ができる人は、モチベーションの維持がとても上手です。

やる気がなくなるようなことがあると、息抜きをうまくやります。

また頑張ろうと思えるように、スイッチのオンオフをうまく切り替えます。

また、普段の仕事でもやりがいを見つけることが上手です。

やりがいを見つけるとやる気も出ますよね。

仕事ができない人は仕事とよく向き合うことができていないため、やりがいにも気づくことはなく、やる気をなくしていくだけです。

 

仕事に優先度をつけるかどうか

 

仕事ができる人は仕事の内容に優先度をもうけて、それに基づいて今何をするべきか、どの仕事からやっていくべきか考えます。

仕事の優先度を考えることは、自分が任されていることの確認になります。

やるべきことを把握できるので、慌てずに仕事に取り掛かることができます。

とても効率がいいやり方であると言えるでしょう。

反面、仕事ができない人は優先度も何も考えずにとりあえず目についた作業からやっていきます。

とりあえずやればいいとしか考えていません。

なので急いでやるべきことを後回しにしてしまい、そのせいで失敗してしまうことがあります。

スポンサーリンク


すべきことのゴールが見えているかどうか

 

仕事ができる人とできない人の違いは、仕事をしている間にゴールを意識しているかどうかです。

最終的にどうなればゴールかを理解して、それに向かって段取りを組めるのが仕事ができる人。

ゴールが分からないままとりあえず目の前の仕事をこなすだけだと仕事ができない人とみなされてしまいます。

その場の仕事をただ単にこなすだけでは、トラブルがあった時や、方法が2つ出てきた時に、どう対処していいのかが分かりません。

イレギュラーな時に対処できるかどうかで、仕事ができるかどうかが大きく分かれると言って過言ではありません。

 

仕事をするべき環境が整っているか

 

仕事ができる人というのは、職場の環境が整っています。

机の上が整理されている、趣味のものをあちこちに置いていない、今使っているものだけが机に置いてある。

つまり、仕事をするための環境が整っているので、集中力が維持しやすく、作業に無駄がありません。

一方、仕事ができない人というのは、仕事の準備ができる状態になっていません。

仕事中に気が散るようなものが机の上に有ったり、必要な資料と必要ない資料がゴチャゴチャになっていたりします。

小さなタイムロスの差が、仕事のできる、できないを左右してしまうのです。

スポンサーリンク


時間の使い方の違い

 

仕事ができる人というのは、時間のメリハリを持って生活しています。

この時間は仕事に集中する、昼時間はしっかり休憩を取るといった風に、仕事のオンオフのモードを自分で切り替えられるのです。

人間の脳は一日中フル稼働することはできません。

1日のうち、オフできる時間があるからこそ、そのほかの時間で仕事に注力できるのです。

一方、仕事ができない人はダラダラとメリハリがないまま仕事をしています。

その結果いつまでたっても仕事が終わらないのです。

最近多いのはスマートフォン。

ついつい手に取ってしまうというのなら、見えないところに片づけておきましょう。

 

仕事ができる人になれる

 

いかがでしょうか。

ちょっと意識するだけでできる
テクニックばかりだと思います。

仕事ができる人とできない人だったら
やっぱりできる人と思われた方が仕事がしやすいし
作業効率が上がって働きやすいですよね。

また仕事が嫌で会社を辞めるなんてこともないので
メンタルストレスも少ないはずです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク