優しい人が黙って去る理由を徹底解説!

優しい人と一緒に居ると癒しや充実感を感じられますが、そんな時間が突然終わってしまうこともあります。

なぜなら、何も言わずに黙って去っていってしまうことが多いからです。

今回は、優しい人が黙って去る理由について深掘りしていきましょう。

また、黙って去る優しい人の特徴・去られた場合の対処法なども紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事はこちら▽

優しい人が縁を切る理由やきっかけは?優しい人の縁の切り方も徹底解説!



優しい人が黙って去る理由

ではまず、優しい人が黙って去る理由として考えられる5つのことを紹介していきます。

心根が本当に優しい人ほど、何も言わずに去っていくことを選ぶ傾向があります。

余計なことを言って喧嘩したくない・相手に辛い思いをさせたくない…など、基本的にはお互いのことを思っての行動と言えるでしょう。

関連記事はこちら▽

余計なことを言ってしまう原因は?後悔しないための対処法!

言い争いになるのが嫌

優しい人が黙って去る理由としてまず挙げられるのは、相手と言い争いになるのを避けたいからです。

気持ちが穏やかなため、基本的に人との衝突は避けるのがベストだと考えているのでしょう。

本心では言いたいことがあっても、お互いにとってストレスになるくらいなら、何も言わずに離れようという考えに至るのです。

相手を傷つけたくない

自分がわざわざ「離れる」と宣言することで、相手を深く傷つけてしまうのではないか…そう考えて、優しい人は黙って去っていくこともあります。

シンプルに自分のせいで人にショックを与えたり、悲しい思いをさせるのが嫌なだけなのです。

相手の言動によって傷ついたことが原因で離れると決めた場合にも、責めようとはせず最後まで優しさを見せます。

関係に疲れ果てて何も言えない

優しい人が黙って去るのは、相手との関係に疲れ果てて何も言えない状態になってしまったからとも考えられます。

他者に対して常に思いやりを持っている人は、たとえ相手のことが苦手でも限界がくるまで我慢する傾向があります。

そうなると最終的には完全に疲弊してしまい、話し合う気にもなれなくなって黙って去っていくのです。

引き止められるのが億劫

何も言わず去っていく人は、心のどこかで引き止められることを心配しています。

相手が全力で謝ってきたり、悲しそうにされたら、優しいがゆえに許してしまいそうな自分がいて怖いのでしょう。

引き止められてズルズル関係を継続するくらいなら、何も言わずに離れるという道を選ぼうと考えているのです。

完全に関わりを絶ちたかった

「完全に関わりを絶つためには、黙って去るのが最も効果的」中には、そう思う人もいます。

また、優しい性格の人は他人に自分の意見を言うのが苦手なこともあり、突然去っていくことを正当化することもあります。

つまり「完全に離れるにはこうするしかなかった」と言い聞かせることで、自分の気持ちを落ち着かせているのです。



何も言わず黙って去る優しい人の特徴

何も言わず黙って去る優しい人は、誰からどう見ても「いい人」であり、なおかつ我慢強いことが最大の特徴と言えます。

人間関係では自分でも知らず知らずのうちに我慢してることが多く、だからこそ去り際まで自分の気持ちを明かせないのです。

では、具体的な特徴について詳しく見ていきましょう。

基本的に怒らない

相手に対して不満があっても何も言わず去っていく人は、基本的に怒らないのが特徴の1つです。

人との関わり合いの中で相手の何気ない一言や態度にカチンときて、そこから喧嘩に発展することは珍しくありません。

しかし優しい人は、基本何をされても怒りの感情をセーブすることができます。

そのため、周りから八つ当たりの対象にされるなんてこともあるでしょう。

関連記事はこちら▽

怒らない人は優しい人ではない!怒らない人の心理を徹底解説!

怒らない人の育ちは?怒らない人の特徴も徹底解説!

傾聴力がある

何も言わず黙って去る人の特徴には、他者の話を親身になって聞ける傾聴力の高さも挙げられます。

また、それだけでなく共感する能力にも長けているため、周りからは「頼りになる」「気持ちを分かってくれる」と慕われるでしょう。

しかしあまりに聞く力があるため、それが本人にとって負担となっているのです。

自分の本音を言わない

何も言わず黙って去る人は、人の意見や相談事ばかり聞いて自分の本音を言わないのも特徴的です。

「相手に嫌われたくない」といった保守的な理由で、思っていることを言えない人は少なくないでしょう。

しかし優しい人の場合はそうでなく、自分の気持ちを言うことで相手を不快にさせたり、傷つけるのが嫌なだけです。



優しい人が黙って去る前兆やサイン

優しい人が黙って去っていく時には、前兆として様々な行動の変化が見られるものです。

距離を置くようになったり、明らかに笑顔が少なくなった場合には、あなたを避けている可能性があります。

では、具体的な前兆・サインを3つ紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

少しずつ関わりが減る

優しい人が黙って去る前兆としてよくあるのは、少しずつ関わりが減っていくことです。

例えば、毎日のように連絡していたのにどんどん頻度が減ったり、何かと理由をつけて誘いを断り始める…といった風に、徐々に距離を置くようになるのが典型的なパターンでしょう。

ふとした時の表情が暗くなる

優しい人は基本的にポーカーフェイスで本音を隠すのが上手いですが、相手と距離を置きたいと思い始めた時にはその気持ちが表情に表れるようになります。

ふとした時の表情が暗くなったら、相手との関係を窮屈に感じ「離れよう」と考えているサインと言えるでしょう。

前兆が全くない場合も

柔和で優しいけど自分の気持ちをさらけ出さない人は、全く前兆を見せず突然相手の前から去ってしまうケースも少なくはありません。

「昨日まで悩みを聞いてくれてたのに、急に連絡がつかなくなった…」そんなことも起こりがちでしょう。

またそういった場合には、去られた側はかなり困惑してしまうものです。



黙って去るメリット・デメリット

「相手と距離を置きたい」と思った時に黙って去るのは、良い面・悪い面の両方があります。

ここでは、黙って去る“メリット”“デメリット”をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

あなたが友人・知人や恋愛関係にある相手から離れる方法に迷っているのであれば、判断基準の1つとして役立ててみてください。

メリット

揉めない

嫌気が指した相手から黙って去る最大のメリットは、揉める心配が少ないことです。

相手が何か意見をぶつけてきたり、話し合いに持ち込まれる余地を与えないため、ある意味ではお互いにスッキリと関係を終わらせることができます。

去られた方は多少モヤモヤしますが、その気持ちも時間と共に減少していくでしょう。

ストレスにならない

相手の嫌な部分や離れたい理由をわざわざ本人に伝えることに比べると、黙って去っていくのはストレスになりにくいです。

相手は原因を追究したがる場合もありますが、去る側にとっては本音を伝えることが後味の悪い別れに繋がる可能性は高いでしょう。

「人に対して自分の意見を言うのが苦手」という人にとっては、黙ってフェードアウトするのは確実に負担を減らせます。

確実に関係を解消できる

黙って去るメリットとして、確実に関係を解消できることも挙げられます。

「一言でも何か伝えてからさよならしたい」と考えて実行した場合、引き止められてしまうことはよくあるでしょう。

そのままズルズル関係継続となることも大いにあるため、押しに弱い人は何も言わず離れた方が自分自身のためになると言えます。



デメリット

罪悪感が生まれる

黙って去ることによって、相手に対して罪悪感が生まれる人も中にはいるでしょう。

たとえ相手の言動が原因で離れることを決意したとしても、黙って去るという行動で相手を苦しめてるのではないか?と心配になってしまうのです。

思いやりがありすぎる人はそういった状態に陥りやすく、かえってストレスになる可能性が高いでしょう。

印象が悪くなる

黙って去ると、相手の中でかなり印象が悪くなってしまうこともあります。

物事を極端にしか解釈できない人の場合、「誠実な人だと思っていたのに幻滅した」「黙っていなくなるなんて最低」と、全て去っていった側の責任として受け止めるのです。

また、人によっては周りにそのことを言い触らす場合もあるでしょう。

追われる可能性もあり

人との関係を何も言わずフェードアウトして終わらせると、相手が追ってくる可能性もあります。

特に執着心が強い人は、突然いなくなられたことに強いショックと寂しさを感じ、何としてでも関係を維持しようとすることもあるでしょう。

そのため、相手の性格を考慮した上で黙って去るかどうかを決断するのも重要です。



優しい人に黙って去られた時の対処法

友達や好きな人が黙って去っていった時、「どうすれば元の関係に戻れる?」と悩むでしょう。

そこで、ここでは具体的な対処法について紹介していきます。

ガツガツせずにまずは自分と向き合う時間を作り、反省した上で自分から距離を縮めていきましょう。

とりあえずは距離を置く

優しい友人・好きな人に黙って去られたら、とりあえずは距離を置くのが重要なポイントです。

慌てて何度も連絡したり、突然相手の職場や自宅に会いに行く…こういった行動は絶対に控えるようにしましょう。

関係修復したいのであれば、積極的になるより慎重になることを心掛けなくてはいけません。

原因をしっかり考える

相手と距離を置いている間に、「なぜ去ってしまったのか?」その原因をしっかりと考えることも必要不可欠です。

何も言わず離れていったということは、あなた自身の相手に対する言動に何か問題があった可能性もあります。

「自分は何もしてない」と決めつけずに、反省すべき点を洗い出してみましょう。

誠心誠意謝る

黙って去っていった原因が見つかった場合には、相手にしっかり謝ることを忘れてはいけません。

また、謝る際には絶対にふざけたりせず、誠心誠意反省の気持ちを伝えるようにしましょう。

「自分の〇〇なところが良くなかった」「傷つけてごめんなさい」といった風にしっかり思いを伝えれば、優しい人ならその気持ちを分かってくれます。



優しい人が黙って去らないための予防策

優しい人を傷つけたり不快な気持ちにさせると、黙って去っていってしまう場合があります。

そうなってしまわないためには、優しくされることを「当たり前」と考えず、あなたからも相手への思いやりを見せることが重要です。

では、優しい人が黙って去らないための予防策を紹介していきます。

甘えすぎないよう心掛ける

どれだけ相手が優しいとしても、甘えすぎないよう心掛けなくてはいけません。

人間関係はギブアンドテイクを意識することが大事で、それは友情・恋愛・仕事仲間などどんな場合でも当てはまります。

あなたが一方的に甘えすぎると、いくら相手が優しくても「一緒に居て疲れる」と思い去っていく可能性があるので、注意が必要です。

時には聞き役に回る

優しい人が黙って去っていくのを予防するには、時にはあなたが聞き役に回るのも効果的でしょう。

いつも話を聞いてくれるからといって、それで本当に関係が成り立っているとは限りません。

相手も実は悩みを抱えている可能性があると考えて、「最近どう?」などと軽い感じにでも聞いてあげると良いでしょう。

そうすると2人の関係は深まり、相手が突然去っていく確率もグッと減少します。

気遣いのある言葉をかける

優しい人は往々にしてストレスを抱えがちで、突然「誰とも関わりたくない」と思い、人と距離を置き始めることもあります。

そういった状況を防ぐためにも、日頃から気遣いのある言葉をかけてあげましょう。

「頑張りすぎないでね」「もっとわがままでいいんじゃない?」などと、相手が素の自分をさらけ出せるきっかけを作ってあげると良いでしょう。



優しい人が黙って去ること自体も、優しさの1つ

優しい人が黙って去っていくのは、わざわざ離れる理由を伝えて傷つけたり・不快にさせたくない気持ちが強いからでしょう。

要するに、黙って去ること自体も優しさの1つであると言えます。

去られた側ができることは、離れていった原因をしっかりと考えて、その上で自分に原因があると気づいたらちゃんと反省して謝ることです。

もし関係が修復しても、同じことの繰り返しを避けるために甘えすぎないよう注意しましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。



▼おすすめ記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ