世渡り上手な人の6つの特徴とは?

世渡り上手とは、他人とのコミュニケーションで争い事や摩擦を起こさずに、むしろ相手から好かれるような人間関係を気づくことです。

もっと簡単に言ってしまえば、少しお調子者だけれども、それが魅力で多くの人が受け入れてしまうことですね。

そんな世渡り上手な人は、どういった部分が起因となってそうなるのでしょうか。

あなたが世渡り上手な人でなければ、とても気になることでしょう。

そこで今回は世渡り上手な人の特徴についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

スポンサーリンク


世渡り上手な人の特徴

 

気づくと笑顔で交わしている

 

世渡り上手な人は、笑顔でいることが多いです。

にこにことして話す様子が特徴的で、笑顔が、関わる人の印象に残ります。

そういうタイプの世渡り上手は、どちらかと言うと、イケメンとかきれいとかいうのではなく、薄めのパーツの顔の作りと言うことが多いです。

女性で言うと、福を感じるような、おかめ顔で、色白で、笑うと消える細い目と言うのが特徴です。

男性でも、一重なのは一緒で、やはり、笑うと目が消えるタイプです。

草食的な印象があり、穏やかな人柄を感じさせるタイプが多いです。

男性の場合、乱暴な要素が感じにくいということも言えます。

女性の場合は、見た目が草食的なタイプでも、意外にも肉食派で、人を攻撃する雰囲気を感じさせることは少ないのに、自分の欲求をしっかり満たしているタイプが多いです。

女性でも男性でも、笑顔を武器にしている世渡り上手は多いです。

【関連記事】

スポンサーリンク


「適当」と言いながら適当じゃない

 

世渡り上手な人は、自分で自分のことを「適当だから」と言うことが多いです。

しかし、はたから見たら、けして適当とは思えないような生活をしっかりと営んでいます。

本人は自分がズボラであり、それを自分で認めた自虐ネタを取り混ぜながら話すことが多いわりに、トータル的には、しっかりとした生活を送っていることが多いのです。

つまり、要らぬ部分では、過度な不安や心配事を減らし、知識等では細かいことも必要ないと判断すれば、省くという、見極めが出来るということなのです。

そういった「良い加減」を測れるという才能が有るので、謙遜して「適当」と言う言葉で自分を表現しているところがあるのです。

一般的な仕事も、いざ自分がやってみるとできないことが多いと感じる人にとっては、世渡り上手で、仕事もテキパキこなし、時には上手に手を抜くような、そんな人の「適当」さが、羨ましく思えるものです。

 

自分から媚を売らなくても好かれている

 

世渡り上手な人だからといって、けして、自分からすぐに媚を売るタイプというわけではありません。

それでも、ある程度の気を使わなければいけない立場の人には、それ相応に謙遜的に立ち振る舞いますが、日々の仕事等の中では、直々の上司など相手に、ある程度、自分の本音でも、ちょっと上から目線で、意見できるのです。

学生時代も、教師に媚を売ることが無くても、教師の方から好くようなことが多く、内申点等でも得した経験が多いでしょう。

地に足がついているようなしっかりした印象なので、教師からは好かれる要素があると言えます。

その人が、「常識の基準」のように見られることも多いです。

しかし、そういったことだけでなく、人との距離感も上手に取れるのも魅力のひとつなのか、人間関係での失敗やトラブルはめったに聞いたことが無いです。

そんな世渡り上手なタイプは、自分から媚を売らなくても、人間関係も上手にやっていることが多いです。

【関連記事】

スポンサーリンク


人前で争い事をしたことが無い

 

世渡り上手な人が、人前でもめているというような話を聞いたりすることは、ほとんどありません。

一方、世の中には、多才な人なのに、もめごとが多いと言うタイプもいて、そういった人のことを、世渡り上手人間は傍観者的に見ていることが多いです。

しかし、そんなトラブルメーカーと近しい仲であるうちは、世渡り上手な人がもめごとの仲裁を任されることも多く、そのときは、それなりに中に入りますが、基本的にはそういった役回りは苦手なタイプが多いです。

人間関係のトラブルは自分がむきにならなければいいだけと思っていて、自分の中では、とにかく、最も面倒なこととして考えているため、通常は避けて通るものとしています。

人前でもめるのは、人の目が気になるので嫌だということもありますが、ちょっとしたトラブルで言うと、陰では実はもめていたなんていうことが、たまにあります。

そこはやはり人間的なのです。

それでも、一般的な割合の中でも、人間関係のもめごとは少ないと言っていいでしょう。

基本は、そこそこ楽しく人生を送っていたいという願望が、根付いています。

 

相手を褒めることが上手い

 

世渡り上手な人はとにかく人を褒めるのが上手くて、相手の懐に飛び込むことが上手い特徴を持っています。

誰でも人から褒められると嬉しくなりますし、褒めてくれる人に対して好感を持ちやすくなります。

相手が褒められて嬉しいポイントも把握できる洞察力もあるので、相手の機嫌を良くすることは得意です。

世渡り上手な人の特徴は、人に好かれているというのは絶対条件ですが、誰に対しても好かれるのは難しいことです。

相手を褒めることによって機嫌を良くすることができ、相手に気に入ってもらえるようになります。

世渡り上手な人は相手の懐に飛び込むのが上手いので、相手を上手に褒めることで好感を持ってもらうことができます。

褒めるポイントは人によって違いますが、しっかりと判断して褒められるのも特徴のひとつです。

【関連記事】

スポンサーリンク


相手のことを親身になって考えることができる

 

世渡り上手な人の特徴としては、相手のことを親身になって考えることができる特徴を持っています。

自分のことを優先するような人は、周りからはあまり好かれないものです。

しかし相手の為に親身になってくれる人に対しては、好感を持ちやすくなるもの。

世渡り上手な人は自分のことよりも、相手のことを優先して考えられることができます。

相手は何を思っているのかを考えながら行動できるので、相手のことに対して親身に対応することができるのです。

自分のことよりも相手のことを優先すれば、相手も好感を持って接してくれます。

世渡り上手な人はこうやってすべての人に対して、親身になって相手のことを考えることができるのです。

世渡り上手な人は自分のことよりも相手が喜んでくれることが、自分の喜びでもあると考えることができるのです。

 

話題や知識が豊富なので話が尽きない

 

世渡り上手な人はいろいろな人と付き合っても、話しが尽きることのない話題や知識を持っている特徴があります。

人と会話をする時には、その人に合った話題を話すことが一般的。

世渡り上手な人は誰に対しても話題に困ることがないので、いつでも楽しく会話を楽しむことができます。

話題が豊富なのでどんな人にもすぐに対応できますし、会話の内容も深い話をすることもできます。

人と深い話をすることで打ち解けやすくなりますし、相手が自分に対して好印象を持ちやすくなります。

話題と知識が豊富なほど、多くの人との会話を楽しむことができます。

人と会話をして楽しいと思えれば、相手に好感を抱きやすくなるのでまた誘ってもらえます。

世渡り上手な人は人に対して紳士に向き合うことができるので、楽しい会話をして人から好かれやすくなります。

話題が豊富で話していて楽しい特徴を持っているので、相手との関係性も良好なものになりやすいです。

スポンサーリンク


信頼関係を大切にしようと努力してくれる

 

人から好かれるには、しっかりとマナーや約束を守ることが大切です。

世渡り上手な人は人との約束事に関しては、絶対に守るという特徴を持っています。

約束を破るということは、その人の信頼を裏切ることになります。

世渡り上手な人は好かれている人が多いですが、その理由はしっかりと約束を守ってくれるからです。

人との約束を守ることで信頼関係が生まれます。

この信頼関係の大切さを知っているからこそ、絶対に約束を守ってくれます。

相手も約束を守ってくれる信頼できる人だと分かれば、好意的に相手のことを見てくれるようになります。

一度信頼を失ってしまうと信頼を取り戻すのは非常に困難なことです。

相手との信頼関係を大切に思っているからこそ、お互いに信頼関係が生まれるのです。

世渡り上手な人は信頼関係を大切にする特徴を持っているので、相手も好感が持ちやすく信頼することができるのです。

【関連記事】

スポンサーリンク


世渡り上手になるには

 

自分の能力をあえて隠し下手に出る

 

世渡り上手な人という言葉を聞くと、能力はそれほどないけどたまたま上手くいっているというイメージを抱く人も多いのではないでしょうか。

しかしそれは、明らかに誤りです。

なぜなら世渡り上手な人というのは、「計算した上で自分の能力を低く見せているから」に他なりません。

つまり世渡り上手な人を目指すのであれば、「自分の能力をあえて隠し下手に出る」という方法がたいへん有効だといえるでしょう。

もちろん全ての場面においてそういった選択が最善だとはいえませんが、多くの場面では能力をあえて隠す方が賢いのです。

その理由は、人は能力が高い人に対して「嫉妬」する生き物だからだといえます。

「能ある鷹は爪を隠す」という言葉もあるように、他人からやっかみを受けずスムーズに人生を送っていくためには、あえて自分を無能に見せるという手段も取るべきでしょう。

 

目標を高く設定しすぎない

 

世渡り上手になるためには、「目標を高く設定しすぎない」ことがたいへん重要です。

「そんなことはない、やるからには完璧を目指すべきだ」と考える人も多いかもしれませんが、世渡り上手を目指すという意味では、むしろそういった考えはマイナスに働いてしまいます。

なぜなら、どれだけ完璧に近づけたとしても、他人の評価は一定以上は上がらないからです。

もっと簡単に言うと、「苦労した割には大して報われない」という事態に陥りやすくなってしまいます。

世渡り上手な人になりたいのであれば、最も気にするべきは他人からの評価でなければなりません。

ですから、完璧を目指してもそこまで評価が上がらないのであれば、多少は手を抜いた地点を目標として定めなくてはいけないのです。

このように、目標を高く設定しすぎずそこそこにがんばっていくという姿勢が、世渡り上手になるためには必要でしょう。

【関連記事】

スポンサーリンク


口先だけで乗り切ろうとしない

 

世渡り上手な人になるために大切なことは、とにかく「経験を積み重ねる」という姿勢です。

たとえどれだけ賢くて自分に自信があったとしても、それをただ言葉で表しているだけでは誰も認めてはくれません。

つまり世渡り上手な人になりたいのなら、「口先だけで乗り切ろうとしない」ことが最も重要だといえるでしょう。

人の信頼を勝ち得て自分を重宝してもらうためには、言葉ではなく行動で自身の意思を示していかなくてはなりません。

口先だけで信頼を得ようとすれば、「小賢しいやつだ」と、逆にひんしゅくを買ってしまう結果になるでしょう。

このように、世渡り上手な人になる道は長く険しいものです。

ですから、小手先だけで何とかしようと焦ったりはせず、あくまで一歩一歩着実に経験を積み重ねられるよう努めてください。

 

コミュニケーション能力を高める

 

世渡り上手な人はコミュニケーション能力が高い人が多いようです。

世の中は人と人との繋がりによるところが大きいものです。

そのため、世の中を上手く渡っていくためには、その能力は欠かせないものだと言えるでしょう。

どんなに仕事ができたとしても、世の中に認めてもらえなければ、収入にも出世にも繋げることができません。

無口な人はコミュニケーションを取るのが苦手な人も多いようです。

どちらか片方が一方的な状態では、良いコミュニケーションが取れているとは言えません。

コミュニケーション能力は訓練によって高めることができます。

コミュニケーション能力の高い人の言動を参考にしたり、専門家によるアドバイスをもらうなどの工夫をしてみると良いでしょう。

相手に不快感を与えずに、自分の意見もきちんと述べられることが必要です。

【関連記事】

 

世渡り上手はメリットばかり

 

いかがでしょうか。

世渡り上手になりたくない!なんて人はあまりいません。

いたとしたら、それはただの嫉妬でしょう。

それだけ世渡り上手にはメリットがあります。

人に好かれて、信頼もされ、仕事などでは出世につながりやすくなる。

そう考えれば、あなたもそのような人間を目指したほうが、生きやすくなるのは間違いありません。

しかし、「そこまでして自分を曲げたくない!」と思う人もいるでしょう。

もちろん、ただ生きやすくなるだけで、絶対にやらなければいけないわけではありません。

ゴーイングマイウェイの精神をもち自分の信念を貫くことで、最初は大変かもしれませんが、次第にみんながあなたを認めてくれる感覚は唯一のものです。

どちらがあなたに合っているかは、じっくり考えて結論を出すといいでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク