本当に怖い人は優しい人!その理由を徹底解説!

あなたは、本当に怖い人はどんな人だと思いますか?

見た目も言動も何もかもが怖い人はしょせんそれまでですが、本当に怖いのは実は優しい人。

普段優しい人の方が、怒らせると怖いイメージがありますよね。

ここでは、本当に怖い人は優しい人である理由について見ていきたいと思います。

また、そういう人の特徴や怒らせない方法などについても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

関連記事はこちら▽

優しい人が縁を切る理由やきっかけは?優しい人の縁の切り方も徹底解説!

本当に怖い人の目つきとは?本当に怖い人だと感じた時の対処法も徹底解説!



本当に怖い人は普段は優しい理由

パッと見が怖い人というわけではなく、内面的な怖さを持っている本当に怖い人は、実は優しい人であることが多いです。

しかしなぜ、本当に怖いのは優しい人だと言われるのでしょうか。

その理由は、こちらです。

関連記事はこちら▽
本当に怖い人が持つ特徴と上手な付き合い方を徹底解説!

人の傷つけ方を知っている

優しい人はなぜ他人に優しくできるのか、その理由を考えたことはありますか?

一説によると、優しい人は「人の傷つけ方」を知っているからこそ、あえてそれをしないことで優しく振る舞うことができているのだそう。

「これは言ってはいけない」というポイントを知っているからこそ、トラブルなく過ごせるというわけです。

優先順位をつけている

実は優しい人は、自分の中で優先すべきものがはっきりと決まっていると言われています。

何となく、優しい人=他人を優先する、というイメージがありますが、決してそんなことはありません。

優しい人は何だかんだで自分のことが最優先であり、自分がトラブルに巻き込まれないために人に優しくしているに過ぎないのです。

相手に合わせているだけ

優しい人というのは、大抵が聞き役であり、相手の話を「うんうん」と聞いてくれる人でもあります。

こういう人は否定せず、相手の話に共感できるため「優しくていい人」だと思われるのですが、決して自分の意見を言うことはありません。

相手に合わせているだけで、本当はどうでもいいと思っているのです。

ギャップがあるから

見た目も普段の言動も怖い系の人が怒っても、怖さは感じてもある意味予想通りであり、そこまで驚くことはありません。

しかし温厚で優しい人が怒ると、普段とのギャップもあって余計に怖さが増すと思いませんか?

優しい人が本当は怖いと言われるのは、ギャップによって恐ろしさが増しているからだと言えるでしょう。

怒ると止められないから

そして優しい人ほど、怒ると誰も手が付けられないと言われています。

普段のイメージから怒ることが想像できないというのもありますが、普段怒らない分一気に爆発するので、周りも本人もその勢いを止めることができません。

手が付けられないほどの勢いで怒るからこそ、怖い人なのでしょうね。

関連記事はこちら▽

怒らない人は優しい人ではない!怒らない人の心理を徹底解説!

怒らない人の育ちは?怒らない人の特徴も徹底解説!



普段は優しいけど本当に怖い人の特徴

いつもは優しくしてくれるのに、本当は怖い人というのはどんな人なのでしょうか。

優しいのに怖い人というのは、普段は怖さを微塵も感じさせません。

そのため意外だなと感じることも多いのですが、優しいのに怖い人は以下のような特徴を持っています。

いつもニコニコしている

優しいのに怖い人は、パッと見の印象からは怖さは全く感じることができません。

どちらかというといつもニコニコしていて、話しかけやすい人といった感じでしょうか。

ただし、ニコニコしているのに目は笑っていなかったり、時折冷酷なほどの目つきをすることがあるなど、怖い人の要素も合わせ持っているのです。

関連記事はこちら▽
優しい人ほど冷酷と言われる理由を徹底解説!

優先順位がはっきりしている

優しい人は、先程も触れたように物事に関する優先順位がはっきりとしています。

その中でも最優先すべきは自分であり、自分の目的を達成するためなら手段を選びません。

優しくしているのはあくまでも上辺だけであり、自分のためにも「相手に優しくしておく方が都合がいい」と判断しただけのことでしょう。

いざとなったら切り捨てる

優しい人は相談にもよく乗ってくれますし、自分の話を否定せずに聞いてくれることも多いです。

しかし、実際には相手のことを助けようという気持ちはなく、自分に火の粉が降り注ぐかもと感じたらすぐに切り捨てることができるでしょう。

自分優先であり、なおかつ優しいのに怖い人は、誰のことも本心では信用していないのです。

誰の味方にもつかない

何となく、自分の話を親身になって否定せずに聞いてくれる人がいると、「この人は自分の味方なんだろうな」と感じますよね。

しかし優しいのに怖い人は、誰の敵でもなければ誰の味方でもありません。

本気で信じているのは自分だけですし、いざとなれば簡単に切り捨てられる程度の関係なので、誰の味方にもならないというのも特徴の一つと言えるでしょう。

感情を表に出さない

そして優しいのに怖い人は、自分の本心を相手に悟られないようにしています。

感情を表に出さず、本心を隠して生活している、というとイメージしやすいでしょうか。

一見優しい人だなと思うものの、自分の意見などは言わないため何を考えているのか分からず、付き合いが長くなればなるほど不気味な印象を感じるようになるかもしれません。



優しい人が本当に怖くなるのはどんな時?

優しい人は、小さなことで怒ったり喚いたりすることはありません。

普段は怒らず温厚だからこそ、いざというときの怖さが増すのだと言えるでしょう。

では、優しい人が怖くなるのはどんなときなのでしょうか。

人それぞれではあるものの、以下のようなときに優しい人を怖いと感じることが多いです。

ルール違反やマナー違反

優しいのに怖い人は、「守るべきもの」に忠実なところがあります。

たとえば世の中には、多くの人が過ごしやすくするためのルールやマナーがたくさんありますよね。

時間を守る、約束を守るという当たり前のことすらできない人がいると、いくら普段は優しい人でも堪忍袋の緒が切れてしまい、恐ろしい一面を見ることになるでしょう。

大切な人を傷つけられたとき

優しいのに怖い人は、自分のことをどれだけ悪く言われても聞き流すことができます。

しかし、自分の大切な人を傷つけられたときは話は別。

家族や恋人などを傷つけられたと感じたら、優しい人は一気に怖い人に豹変し、普段の装いからは想像もできないような怖さを発揮することでしょう。

我慢の限界に達したとき

そして優しい人が怖くなるのは、本人にとって「これ以上は無理」と感じたときです。

元々優しい人というのは怒りの沸点が高く、器も広いためちょっとやそっとのことで怒ったりしません。

だからこそ、優しい人が怒る、怖い印象を与えるときというのは、すでに我慢の限界に達している証拠だと言えるでしょう。



優しいけど本当に怖い人を怒らせないためには?

優しいけど怖い人は、怒らせると手がつけられません。

普段の様子とはうってかわって冷徹な人になるイメージです。

そんな優しいけど怖い人を怒らせないようにするためには、以下のことに気をつけていきましょう。

深い付き合いを避ける

人には誰にでも、他人に触れられたくないこと、入られたくない領域などがあります。

優しいのに怖い人にももちろんありますから、怒らせないようにするためにはなるべく深い付き合いをすることは避けましょう。

上辺だけの付き合いに留めておくようにすれば、地雷を踏んで怒らせるリスクも減りますからね。

ルールやマナーは守る

優しいのに怖い人は、ルールやマナーといった「守るべきもの」については非常に厳しいといえます。

特に約束の時間を守らない、などは言語道断。

性格的なものもあるとは思いますが、相手が優しいのに怖い人であるのなら尚更、ルーズな生活を改め、しっかりとルールやマナーは守ることが大切です。

感情の変化に敏感になる

そして、優しいのに怖い人も人間なので、自分の感情や本心を完全に隠すことはできません。

ふとした拍子に、感情に変化が出ることもあるでしょう。

優しいのに怖い人を怒らせたくないのなら、ぜひ相手のことをよく観察し、相手の感情の変化に敏感になれるようにすることをおすすめします。



まとめ:優しい人は怒らせると怖い!怒らせないように注意

本当に怖い人は、普段から怖いわけではありません。

普段は温厚で優しい人だからこそ、いざというときの怖さが増すのです。

そういう人には、怖さを引き出すスイッチというのが必ずあるので、優しいのに怖い人と付き合うためには「怖い人になるスイッチ」を知っておく必要があるでしょう。

その上で適切な距離感を保ちながら付き合っていけば、優しい人ともいい関係を築いていけるのではないでしょうか。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。



▼おすすめ記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ